ゾディアック事件 ヴァンが犯人?アイスクリームロマンスが犯行の引き金に?!

読了までの目安時間:約 7分

 

 

ゾディアック事件の真犯人はヴァンで間違いない?

アイスクリームロマンスが凶悪事件の引き金に?

…といったテーマでお届けしたいと思います。

 

 

10月19日の『奇跡体験!アンビリバボー』で放送された「自分を捨てた両親の真実!隠された出生の秘密」…実に面白かったですね。

 

27歳のヴァン(男)と14歳のジュディス(女)の駆け落ち物語・アイスクリームロマンスが悲しすぎる!と思いながら観ていたら…

 

そこから一転、今度はヴァンが、あの「ゾディアック事件」の真犯人の可能性がある―という意外な展開に…。

 

しかも、ヴァンは日本に住んでいたことがあると知って驚きました!

 

 

ヴァンは本当に真犯人なんでしょうか?

 

ではなぜ、現在もゾディアック事件は未解決の扱いなんでしょうか…?

 

 

Sponsored Link
 

 

ゾディアック事件・犯人説があるヴァンのアイスクリームロマンスとは?

 

まず、事の経過を簡単に振り返ります。

 

 

生後3カ月で養子に出され、養父母に育てられたゲーリー・スチュワート。

 

結婚して子供もいる立派な大人になりましたが、ある日、自分を捨てた実母・ジュディスから突然電話があり対面することに。

 

ジュディスは過去の過ちを謝り、ゲーリーは母の愛を感じて何度も会うようになります。

 

実父・ヴァンとはすでに離婚したと聞きますが、それにしても、ジュディスはヴァンの話題をとにかく避けようとします。

 

 

ゲーリーは父親のことを知りたくて、警察に捜査を依頼したり、養子縁組センターから過去の資料をもらったりと、色々と情報収集を始めました。

 

すると、次々に驚くべき自らの出生の秘密がわかってきたのです。

 

 

 

昔、古本の輸入売買をしていたヴァンはジュディスに一目惚れ…(ジュディス14歳です!)。

 

アイスクリームショップの前で待ち合わせてデートする関係になり、これが“アイスクリームロマンス”と呼ばれました。

 

親の反対を押し切って駆け落ちし、ジュディスはゲーリーを身ごもります。

 

未成年者を連れだしたヴァンは逮捕、ジュディスも更生施設や病院へ転々…。

 

2人はヒッチハイクで逃亡劇を繰り広げますが、ゲーリーも生まれたために資金は底を突き…生後3カ月のゲーリーを捨てることになります。

 

 

これがきっかけで、ジュディスは青少年更生施設入りが決定、ヴァンは誘拐などの罪で懲役3年の刑に。

 

アイスクリームロマンスの終焉でした。

 

 

Sponsored Link
 

 

ヴァンのアイスクリームロマンスがゾディアック事件の話に発展!

 

これだけでも、自分の出生の秘密を知ったゲーリーは落ち込んだでしょうが、話にはまだ続きがありました。

 

それこそが、ゲーリーが偶然テレビのドキュメンタリー番組で観た「ゾディアック事件」だったのです。

 

なんと、テレビに映った犯人の似顔絵がヴァンにそっくりだったのです…!

 

 

(ヴァンと、ゾディアック事件の犯人の似顔絵)

 

 

ゾディアック事件とは、1960~1970年代に少なくとも5人が無惨に命を奪われた凶悪事件。

 

関連記事:ゾディアック事件 真相,暗号内容は?犯人候補が複数?!特定できない理由がヤバイ!

 

 

父親が真犯人ではないか?と、ゲーリーが疑いを持ったのには他にも理由がありました。

 

●ゾディアック事件の犯人が新聞社や警察に送り付けていた手紙の筆跡と、ヴァンの筆跡が酷似していた

 

●昔、ヴァンの父親はキリスト教の布教活動をしている関係で東京・渋谷に滞在していたことがあり、ヴァンはその頃に観たオペラの『ミカド』の大ファンだった。その『ミカド』がゾディアックの手紙にも引用として登場している

 

 

 

実はアメリカでは、現在でも「私はゾディアック事件の犯人の関係者だ」「ゾディアック事件の真犯人を私は知っている」…といった"狂言"が多いのも事実。

 

しかしながら、ゲーリーが主張する上の情報を見る限り、ヴァンが非常に怪しく思えてきましたね。

 

 

Sponsored Link
 

 

ゾディアック事件はヴァンが犯人!…と断定できない理由は?

 

ヴァンの息子である自分のDNAと、ゾディアックのDNAを鑑定してほしいと警察に申し出たゲーリー。

 

しかし、13年が経った現在でも警察からの返答はないとのこと。

 

どうやら、ゾディアック事件の証拠品から採取したDNAがすでに汚染されていて、鑑定に使えないという噂があるようです…。

 

もはや真犯人の特定は不可能な感じですね。

 

 

決定的な証拠は無いにせよ、私的に、一番犯人に近いと感じるのはやはりヴァンですね。

 

ゾディアック事件では、仲睦まじいカップル(しかも10代~20代)が犠牲になっているからです。

 

つまり、ヴァンは愛するジュディスと幸せになることはできず、関係が引き裂かれた!…と怨念みたいな感情を抱いていたとしても不思議ではないでしょう。

 

アイスクリームロマンスの悲劇が、犯行に駆り立てたという見方もできませんかね?

 

 

その行き場のない恨みが、何の罪もないカップルに向けられたとしたら…

 

「幸せそうなカップルは、片っ端から〇してしまえ…!」と。

 

 

 

ゾディアック事件は未解決のままですが、自分の出生の秘密、そして実父・ヴァンの過去を調べ尽くしたゲーリーの行動力に感服しますよ。

 

もし、自分が同じ状況だったとしたら、知らなくてもいいことまで知ろうとするだろうか…

 

私なら怖いから途中で引き返すと思います(^^;

 

 

いや、そもそも自分を捨てた母親の電話に出ないでしょうね。

 

「何をいまさら!」と激怒しながら。

 

 

あなたは、どうでしょうか?

 

 

 

タグ : 

バラエティ・アニメ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧