赤かぶ検事奮戦記7あらすじキャスト,ロケ地まとめ!中村梅雀が3億円宝くじ事件を紐解く…

読了までの目安時間:約 7分

 

 

赤かぶ検事奮戦記7のあらすじやキャストなどをまとめます!

 

 

11月13日の月曜名作劇場は、中村梅雀さんが京都の検事を演じる『赤かぶ検事奮戦記7』です。

 

赤かぶの漬物が大好物だから、それがニックネームになっているという設定…。

 

片平なぎささん演じる「あんみつ検事」みたいな…(笑)

 

そういうキャラ設定の方が、覚えやすいし、親しみやすいですね。

 

関連記事:片平なぎさ 結婚,子供,年齢は?手袋脱ぎシーンを時代順にまとめてみました!

 

 

しかも、中村梅雀さんといえば、別シリーズで「毒ハブ」と呼ばれる監察官を演じてますよね?

 

ハブだったりカブだったり、監察官だったり検事だったり…色々と変身しながら熱演する中村梅雀さんに注目です。

 

 

では、赤かぶ検事奮戦記7のあらすじ、キャストなどをまとめたいと思います。

 

 

Sponsored Link
 

 

赤かぶ検事奮戦記7のキャスト、ロケ地情報について

 

2016年放送のパート6から、レギュラー陣の顔ぶれを一新した『赤かぶ検事奮戦記』。

 

今回のサブタイトルは…

 

3億宝くじ強盗殺人事件!

時速257キロ、乗車直前に消えた祇園ホステス!

観光タクシー運転手と半グレ集団が仕組んだ完全犯罪…前後賞2枚を持つ“殺人福男"を捜しだせ!

 

このサブタイトルを読めば、犯人がわかるような…。

 

 

さて、赤かぶ検事奮戦記7のキャストは以下の通りです。

 

 

柊茂(中村梅雀さん)

…京都地方検察庁に勤める検事。名古屋出身で名古屋弁を話しながら事件の真相を追う

 

 

柊葉子(武田梨奈さん)

…柊の娘で、洛東法律事務所の敏腕弁護士。事件の真相をめぐり、緊迫感のある攻防を見せる

 

 

行天燎子(高橋かおりさん)

…京都府警捜査一課の刑事(警部補)。茂の捜査のパートナー

 

 

白井健一(河相我聞さん)

…京都府警捜査一課の刑事(警部補)

 

 

桜田梅子(久保田磨希さん)

…柊検事付き検察事務官。検事を目指して勉強中

 

 

柊春子(宮崎美子さん)

…茂の妻。茂と仲が良く、葉子ともよく外食に出かける

 

 

田代好和(梶原善さん)

…一等の宝くじを拾ったタクシー運転手

 

 

田代満(森永悠希さん)

…田代好和の息子

 

 

柊安二郎(渋谷天外さん)

…柊茂の従兄弟

 

 

伊沢鉦一(山中聡さん)

…ホステスのスカウトマンで前科あり

 

 

今村咲恵(大路恵美さん)

 

 

秋葉祐太(坂上翔麻さん)

 

 

長谷部圭介(永沼伊久也さん)

 

 

佐藤真理(中島ひろ子さん)

…柊が飲みに行った店のホステス

 

 

 

ちなみにロケ地情報をネットからピックアップしますと…

 

○京都国立博物館

(京都府京都市東山区茶屋町527)

 

 

○寺町商店街のすき焼き屋「三嶋亭」

(京都府京都市中京区桜之町405)

 

…という情報がありました。

 

 

Sponsored Link
 

 

赤かぶ検事奮戦記7のあらすじについて

 

赤かぶ検事奮戦記7のあらすじを以下に要約します。

 

~~~

 

京都地検の柊茂検事(中村梅雀さん)は、司法試験を受験して合格したエリートではなく、検察事務官から検事に昇進した苦労人。

 

出身地の名古屋から遊びに来た従兄弟・柊安二郎(渋谷天外さん)と、夜の京都を飲み歩くことに。

 

熟女のホステスがいる店では、真理(中島ひろ子さん)たちと話が弾んで盛り上がりましたが…

 

…真理が後々、事件のカギとなる人物になろうとは―。

 

 

数日後、タクシー運転手の田代好和(梶原善さん)が「一等3億円の当たり宝くじを拾った」と言って、交番に届け出ました。

 

連絡を受けた京都府警の白井健一警部補(河相我聞さん)は田代から詳しい話を聞きますが、田代が宝くじを盗んだのではないか?と疑念を抱きます。

 

 

結局、田代は自供したという報告を受け、柊が田代を取り調べることに。

 

高校生の息子・(森永悠希さん)と2人暮らしをしている田代の状況などをヒアリング。

 

いざ事件の詳細を聞くと曖昧な供述が多いため、気になった柊は田代を在宅起訴としました。

 

 

一方、田代の弁護人は柊の娘・葉子(武田梨奈さん)が務めることに…。

 

1カ月後、田代の裁判が始まりました。

 

 

田代は裁判の冒頭で、今までの自供を覆して、警察の強引な取り調べで白状させられた―と盗みを否定。

 

葉子は、当選宝くじの本当の持ち主だという伊沢鉦一(山中聡さん)を法廷に呼び、宝くじは伊沢が自ら落としたものだと証言させます。

 

伊沢の証言によって田代の犯行は否定され、柊と警察は面目を失うことになりました。

 

 

柊、白井、行天燎子警部(高橋かおりさん)が再捜査をしてみると、伊沢はホステスのスカウトマンで、前科があることも判明。

 

しかし、伊沢は「福男」としても評判で、ホステスたちに頼まれて300枚もの宝くじを買っていた事実も…。

 

一等の当選宝くじはそのうちの1枚で、持ち主のホステスは当選後から行方不明になっているといいます。

 

そのホステスの名前は「真理」―。

 

従兄弟の安二郎と盛り上がったホステスだと気づいた柊は驚きます。

 

 

その数日後…

 

京都の山中で、真理が変わり果てた状態で発見されます。

 

1カ月経過していることから、やはり真理は当選宝くじを盗まれて命を奪われたのか…?

 

調べを進めると、真理の素性が判明し、意外な人物とつながっていたのです…!

 

~~~

 

 

 

タグ : 

ドラマ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧