北口和皇 母親の会社所有マンションの場所はどこ?熊本市一括借上げの裏にもパワハラか?!

読了までの目安時間:約 6分

 

 

北口和皇議員の母親の会社が所有するマンションを熊本市が一括借上げ…その裏にもパワハラや不当要求があった?…をテーマにしたいと思います。

 

 

たび重なる暴言&パワハラによって3度も議員辞職を勧告されながら、今だ辞職の意向を示していない北口和皇(かずこ)議員…。

 

勧告に対し、しおらしい態度で「重く受け止めています。支持者の皆さんと相談します…」と語り、往生際の悪さを露呈してます。

 

 

そんな中、北口和皇議員に新たな疑惑が浮上しました。

 

北口和皇議員の母親の会社が所有する“身内マンション”を、熊本市が20年の一括借上げをしていて、その背後に北口和皇議員の働きかけがあったのではないか?ということなんです。

 

詳しい内容について勉強してみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

北口和皇 母親の会社所有マンションの場所はどこ?

 

「あたが言うと、こがんこつにはならなんかったたい!!」

 

熊本弁で机を叩きながら熊本市職員に罵声を浴びせる音声が、テレビで放送されてしまった北口和皇議員。

 

7期連続当選の重鎮という存在ですが、これまで繰り返し、市職員に暴言や圧力をかけていたことが明らかになりました。

 

不当な要求行為は、なんと27件に及ぶとか…。

 

 

そして今回、新たな疑惑として浮上したのが、北口和皇議員の「身内マンション借り上げ“忖度(そんたく)”疑惑」であります。

 

↑これは勝手に私が命名しました…。

 

 

簡単に説明しますと…

 

北口和皇議員の親族会社が建てた賃貸マンション(全57戸)を熊本市が20年間の契約で借り上げ、全戸分の家賃を支払いながら、それを一般の人に賃貸する仕組みなわけです。

 

つまり、空き部屋があったとしても、その分も含めた全戸の家賃(=税金)が熊本市から流れる仕組みになります。

 

 

その噂のマンションの情報はこちら。

 

【ベルス出水】

 

住所:熊本市中央区出水6丁目28−70

 

 

 

  • 1999年11月築

 

  • 鉄筋コンクリート造・8階建て

 

  • 各部屋3LDK(70.85㎡)×57戸

 

 

どっしりした立派なマンションですよ。

 

 

 

 

北口和皇の母親の会社所有マンションには家賃=税金がいくら使われてる?

 

この「ベルス出水」のある土地は、もともと北口和皇議員の母親が所有。

 

その土地の上に、熊本市の「特定優良賃貸住宅制度」を利用するため、応募して「ベルス出水」を建設したらしい。

 

報道された情報によると、建設費は8~9億円。

 

20年間の一括借上げした熊本市は、1部屋につき毎月78,000円の家賃を北口和皇議員の母親の会社に支払っています。

 

 

つまり…

 

(毎月)78,000×57=444万6,000円

 

(年間)444万6,000円×12=5,335万2,000円

 

…の家賃が、北口和皇議員の母親の会社に入ることになります。

 

表面利回りでいうと、6%ちょっとくらいですかね?

 

 

空き部屋があっても熊本市から家賃が入るわけですから、最近は賃貸物件の空き部屋増加が課題になっている中…ベルス出水は、ローリスクな投資になっていることがわかります。

 

“おいしい話”に見えるこのマンション借り上げにも、北口和皇議員から市職員への圧力・パワハラはあったんでしょうか…?

 

 

Sponsored Link
 

 

北口和皇 身内マンションを熊本市が一括借上げ…これにも不当要求があった?

 

実際に北口和皇議員から、「ベルス出水」について直接的な働きかけが熊本市にあったかは確証はありません。

 

しかし、これまで色々な政策要求をパワハラ&暴言行為で通してきた経過を見ると、非常に怪しい限りですね。

 

 

別の案件では、気に入らない市職員を自宅に呼びつけ、土下座までさせていたという北口和皇議員。

 

不当な要求であっても「通さないと厄介なことになる」ということで、市職員の間では“北口対策経費”という言葉も飛び交っていたとか…。

 

「ベルス出水」のマンション借り上げにも、忖度があったと見ていいのではないでしょうか?

 

 

断ろうものなら…「そがんこつしたら、私の逆鱗に触れうと思わんと?!」と言って迫ったとか…?

 

 

今回の騒動で音声が報道されたことに対しは、「議員との会話を(市職員が)事前の断りもなく無断で録音した」と不満を訴えた北口和皇議員。

 

その前に…まずは自分の行動を振り返り、然るべき責任を取ることを優先して考えるべきではないでしょうか?

 

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧