菅野美穂「黙れ、小童!」のセンスある返し。芸能人の神対応を学ぶ

読了までの目安時間:約 7分

 

 

10月スタートのNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演する菅野美穂さんが、ドラマ発表会見で機転を利かせた“神対応”を見せてニュースになりましたね!  

 

どんな神対応かといいますと―。  

記者から、大河ドラマ「真田丸」に出演中の夫・堺雅人さんとのダブルNHK出演について質問が出たんですね。

 

つまり、新スタートのドラマとは関係ない“NG質問”。  

 

しかし菅野美穂さんは、あえて真田丸に登場する決め台詞『黙れ、小童(こわっぱ)!』と答えてサラリとかわし、そのウィットに富んだ対応が笑いを誘ったというもの。  

 

 

アドリブでこの柔軟な対応ができてしまうのも、菅野美穂さんの魅力なんでしょう。

 

真田丸での『黙れ、小童!』は、西村雅彦さん演じる武将・室賀正武が、大泉洋さん演じる真田信之を“罵倒する”シーンで登場しますが、菅野美穂さんが発音すると、なんとなくかわいらしく聞こえて全く嫌味はないですね。  

 

 

私も神対応を見習いたい!  

 

仕事にプライベートに、機転の利いた対応やコメントができたらイイな~。  

 

 

そんなわけで、今回は、芸能人・有名人の“神対応いろいろ”を集めて勉強してみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

菅野美穂のセンスある返しから、芸能人の神対応を学ぶ① 

 

まずは、大好きな野球観戦する姿の写真を知らぬ間にTwitterに投稿されていたタレント・ダレノガレ明美さんの対応。  

 

 

これを翌日に発見したダレノガレさんは「昨日盗撮されてた…笑 負けちゃうかな?って泣きそうになってる1枚と祈ってる1枚。撮ってくれた人誰かわからないけどありがとう」とツイート。  

 

すると、撮影者が「すいません!撮ったの僕です…もし迷惑であればすぐ消します!!」と、素直に削除を申し出。  

 

しかし、ダレノガレは「ナイスカメラマン!可愛く撮ってくれたから許す ありがとう」と返答しました。  

 

 

『ありがとう』とすぐ言える人に、悪い人はいません(私の持論!笑)  

 

もしこの場面で『勝手に盗撮された!モラル無いわけ?すぐ削除してよ!プンプン!怒』と対応したとしたら…

 

結果は変わっていたかもしれませんね。  

 

まずは相手に感謝する、これ、心掛けたいと思います!    

 

 

菅野美穂のセンスある返しから、芸能人の神対応を学ぶ②

 

元メジャーリーガーで、ヤンキースGM特別アドバイザーの松井秀喜さんは、マスコミの取材対応や人柄の良さが、ホントに素晴らしいと聞きますよね。  

 

現役の野球選手のころから、取材には丁寧に対応し、ファン以外からも愛されていたとか。  

 

高年俸を手にしても傲慢な態度を取ることなく、成績が振るわず調子が悪くても態度を変えることなく、親切・丁寧にきちんと受け答えする。  

 

これが自然体というから驚きですね。  

 

 

私だったら(ってプロ野球選手になれる素質ゼロですが…)、打てない試合の日はめっちゃ冷たい態度をマスコミに取ると思いますね(苦笑)  

 

でも、一人の大人として、この“松井秀喜対応”を憧れます。これができたら、本当の神ですね…。

 

 

Sponsored Link
   

 

菅野美穂のセンスある返しから、芸能人の神対応を学ぶ③ 

 

ネット上で『私服がダサい女優』という声が多い、演技派女優の満島ひかりさん

 

俳優の永山絢斗さんと交際中であることが報じられたばかりですね。  

 

 

そんな彼女は地味なファッションがお好みのようで、プライベートでは、ユニクロショッピングを目撃されることもしばしば。  

 

ユニクロでファンから声を掛けられると笑顔で応え、サインも求められたらレシートの裏に『〇〇さんへ ユニクロにて よろしくお願します 満島ひかり』と書く神対応ぶり。  

 

 

満島ひかりさんと遭遇したいがために、ユニクロに通うファンもいるそうですね。

 

 芸能人であってもユニクロで買い物をするという庶民派感覚、そして親近感が、とても好印象。  

 

 

ダサいというイメージがあったとしても、もし遭遇したらみんなサイン欲しくなりますよね~(私もそう)。

 

芸能人と、おそろいの服を着ることができますね(笑)    

 

 

菅野美穂のセンスある返しから、芸能人の神対応を学ぶ④ 

 

お笑い芸人・井上裕介さん(ノンスタイル)のTwitterでの神対応も、以前にニュースになりましたね。  

 

井上祐介さんのTwitterには日々、「キモイ」とか「消えろ」といった批判的なコメントが入るわけですが、これに一つずつ答えるという強い心臓の持ち主です(笑)  

 

しかもポジティブ返答!

 

 

(例)

 

「井上おもんないから出るの止めとけ一生引き立て役やってろ!」

↓↓

誰かの引き立て役になれるなら、やっぱり出ないとね!!    

 

 

「井上さん!ナルシストは病気になりやすいんですって!やめた方がいいですよ!」

↓↓

まじで??病気も、おれの魅力に寄ってきちゃうのかぁ    

 

 

「中国の動画サイトで不細工って題名で井上さんの動画がありましたよ(笑)」

↓↓

世界を股にかける男だな!!  

 

……などなど。    

 

 

ビビりの私だったら、上のようなコメントがもしSNSで入ったら1日凹んでしまうでしょう。

 

「キモイ」「消えろ」なんて言葉を浴びせられたら、立ち直れないかも……。  

 

だから、井上祐介の一つずつに答えるこの姿勢は、見習うべき大人の行動だと思うわけです。    

 

 

 

以上、今回は芸能人・有名人の神対応について考えてみました。  

 

 

まとめますと、その場の雰囲気や状況を瞬時に読み取り、相手の意向を受け入れたうえで対応し、ユーモアやウィットに変えられる大人になれたら最高だな!ということですね!

 

 

 

タグ : 

芸能

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧