相撲協会理事会メンバー一覧!貴乃花とのやり取りから“闇”が見えた?!

読了までの目安時間:約 6分

 

 

日本相撲協会が11月30日に理事会を開き、日馬富士による暴行事件の対応などについて協議しました。

 

…が、映像を見た人が100%感じたであろう、あのピリピリムードは何なんでしょうか(笑)

 

アウトレイジのワンシーンを思い出したのは私だけではないはず…。

 

 

あらためて、日本相撲協会理事会のメンバーや、当日の貴乃花親方とのやり取りをまとめてみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

相撲協会理事会メンバー(役員のみ)について

 

11月30日に開いた相撲協会の理事会に出席したのは、理事や監事ら計24人。

 

「理事会メンバー」というくくりで言うと大勢いますので、役員のみ以下にご紹介します。

 

カッコ内は、かつての四股名です。

 

 

●理事長

 

八角 信芳(北勝海)

 

 

●理事

 

尾車 浩一(琴風)

 

鏡山 昇司(多賀竜)

 

貴乃花 光司(貴乃花)

 

伊勢ケ濱 正也(旭富士)

 

二所ノ関 六男(若嶋津)

 

境川 豪章(両国)

 

春日野 清隆(栃乃和歌)

 

出羽海 昭和(小城乃花)

 

山響 謙司(巌雄)

 

 

●外部理事

 

高野 利雄 :元名古屋高検検事長

 

今井 環 :元NHK理事

 

山口 寿一 :読売新聞東京本社社長

 

 

●外部理事補佐

 

広瀬 勲:江戸川大学教授

 

 

●副理事

 

玉ノ井 太祐(栃東)

 

芝田山 康(大乃国)

 

藤島 武人(武双山)

 

 

●監事

 

岡部 観栄 :高野山高校校長

 

神山 敏夫 :公認会計士・税理士

 

梶木 壽 :弁護士

 

 

●役員待遇委員

 

高砂 浦五郎(朝潮)

 

陸奥 一博(霧島)

 

山科 盛夫(大錦)

 

 

Sponsored Link
 

 

相撲協会理事会メンバーと貴乃花のやり取りの内容は?

 

本来の定期理事会だとあっさり終わるそうですが、11月30日の理事会は3時間半にも及んだとか。

 

理事会メンバーと貴乃花親方のちょっとしたバトルがあったようです。

 

 

ネットニュースやテレビで放送された内容を抜粋して要約しますと…

 

 

(八角理事長)

貴ノ岩への聴取に協力してもらいたい

 

(貴乃花親方)

警察に任せているので断ります

 

 

このやり取りを繰り返している間に割って入るように…

 

 

(芝田山親方)

協会も大変な時なんだから、そう言わずに聴取に協力しようよ

 

(貴乃花親方)

警察に任せていることなので拒否します

 

(ある理事)

では、鳥取県警に電話して、この場で事件について話しても捜査に支障がないか聞いてみては

 

 

高野・外部理事が鳥取県警に確認の電話。県警は「捜査に支障はないので、あとの判断は協会サイドに任せる」と回答。

 

 

(貴乃花親方)

協会の判断に任せるということなので、私は協力しません

 

(伊勢ケ濱親方)

組織の一員なんだよ。理事として答えてくれ

 

 

また問答が続き、そして最終的に…

 

 

(貴乃花)

警察の捜査がすべて終わったら協力します

 

 

Sponsored Link
 

 

相撲協会理事会メンバーVS貴乃花のやり取りから“闇”が見える?!

 

上記のやり取りが、あの部屋で延々と繰り返されていたシーンを想像すると、息が詰まりそうですね…。

 

それにしても、なかなか貴乃花親方が譲りませんでした。

 

加害者サイドである伊勢ケ濱親方が苛立っているのも気になりましたが。。。

 

 

当初、私は貴乃花親方って頑固者だな~と思っていましたが、ここまで自分の意思を貫く背景には何があるのでしょうか?

 

相当な覚悟があるという印象です。

 

 

やっぱり相撲協会に対する不満・不信感があるからなんでしょうね。

 

協会に任せてしまっては、真実が隠されてしまうかもしれない…という危機感もあったかも。

 

 

確かに、最近の白鵬の問題行動に対して協会が下した処分もヌルいものでしたし、さらに理事会後の記者会見で協会サイドから加害者側の肩を持つような発言も飛び出ましたからね…。

 

この発言ですよ。

 

(モンゴル人の飲み会で)貴ノ岩がすぐ謝っていれば、暴行には発展しなかった…

 

まず被害者サイドに責任がある、と言わんばかりのコメントですね。

 

 

こうした経過を見ると、貴乃花親方が相撲協会への協力を拒み、すべて警察に委ねている姿勢も納得いく一面はありますね。

 

私たちが知らない“闇”が、まだありそうな予感がします。

 

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧