箱根駅伝2018青山学院大学のメンバー・記録・特徴をまとめました!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

2018年1月2日・3日に開催される第94回箱根駅伝。

 

関連記事:箱根駅伝2018日程,コース通過時間は?予想通り青学と東海大が優勝争い?!

 

前回大会で優勝し3連覇を達成した青山学院大学ですが、2017年は無冠と苦戦気味…。

 

“絶対王者”への返り咲きを狙う、青山学院大学のメンバー・記録・特徴についてまとめます。

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2018青山学院大学の特徴

 

2016年度の3大駅伝をすべて勝ち、箱根駅伝は3連覇だった青山学院大学。

 

しかし、大エースの卒業によって2017年の戦力ダウンは否めません。

 

シーズン最初の出雲駅伝では、“黄金世代”といわれる東海大学の前に屈して2位。

 

その次戦の全日本大学駅伝では、神奈川大学と東海大学に敗れて3位に沈みました。

 

 

「デコボコ駅伝だった」と原晋監督が振り返るように、区間によって=選手の調子によってムラが出てしまうようです。

 

絶対的なエースが不在の中、チームの総合力で平均値を上げていくしかありません…。

 

しかしながら、そこは“日本陸上界の異端児”と呼ばれた原晋監督です。

 

きっと、距離が長くなる箱根駅伝を制するための奇襲を、今から練っているのでは?と思います。

 

 

マラソンの10代日本記録(2時間11分34秒)を持っている下田裕太選手(4年)、そして区間賞率75%の“駅伝男”田村和希選手(4年)のダブルエースに注目。

 

負けを知ったことで火が付いた、本気の青山学院大学のレースが見られそうです。

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2017の青山学院大学の記録振り返り

 

箱根駅伝2017では青山学院大学は1位(11:04:10)でした。

 

出場選手と記録を振り返ってみます。

 

 

1区:梶谷瑠哉(2年)

1:04:00=区間4位

 

2区:一色恭志(4年)

1:07:56=区間3位

 

3区:秋山雄飛(4年)

1:03:03=区間1位

 

4区:森田歩希(2年)

1:03:43=区間2位

 

5区:貞永隆佑(3年)

1:15:03=区間8位

 

6区:小野田勇次(2年)

58:48=区間2位

 

7区:田村和希(3年)

1:05:40=区間11位

 

8区:下田裕太(3年)

1:04:21=区間1位

 

9区:池田生成(4年)

1:09:55=区間2位

 

10区:安藤悠哉(4年)

1:11:41=区間4位

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2018青山学院大学メンバー

 

箱根駅伝には10年連続23回目の出場となる青山学院大学。

 

タスキの色はフレッシュグリーンです。

 

 

原晋監督が率いる青山学院大学のメンバーを、出身高校名も合わせてご紹介します。

 

関連記事:原晋 嫌い!の声もあるが講演依頼も多い理由は?嫁・美穂は青学の寮母!

 

 

石川優作(4年)

茨城・豊川

 

大越望(4年)

奈良・智弁学園

 

小田俊平(4年)

茨城・土浦日大

 

近藤修一郎(4年)

福岡・九州学院

 

貞永隆佑(4年)

広島・世羅

 

下田裕太(4年)

静岡・加藤学園

 

田村和希(4年)

山口・西京

 

中村祐紀(4年)

大阪・大阪桐蔭

 

吉永竜聖(4年)主将

鹿児島・鹿児島城西

 

小野田勇次(3年)

愛知・豊川

 

梶谷瑠哉(3年)

栃木・白鴎大足利

 

橋詰大慧(3年)

和歌山・和歌山北

 

橋間貴弥(3年)

山形・山形南

 

林奎介(3年)

千葉・柏日体

 

森田歩希(3年)

茨城・竜ヶ崎一

 

山田滉介(3年)

愛知・日体荏原

 

鈴木塁人(2年)

千葉・流経大柏

 

竹石尚人(2年)

大分・鶴崎工

 

中根滉稀(2年)

千葉・流経大柏

 

花田凌一(2年)

山口・西京

 

吉田祐也(2年)

埼玉・東農大三

 

岩美秀哉(1年)

兵庫・須磨学園

 

神林勇太(1年)

神奈川・九州学院

 

吉田圭太(1年)

広島・世羅

 

 

 

タグ :

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧