箱根駅伝2018神奈川大学のメンバー・記録・特徴をまとめました!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

2018年1月2日・3日に開催される第94回箱根駅伝。

 

関連記事:箱根駅伝2018日程,コース通過時間は?予想通り青学と東海大が優勝争い?!

 

 

その前哨戦の全日本大学駅伝2017では、最終8区で首位・東海大学を追い抜き、逆転優勝を果たした神奈川大学。

 

「青学・東海の2強」という前評判をひっくり返し、「3強」の勢力図であることを印象づけました。

 

やはり、何が起こるかわからないのが大学駅伝ですね。

 

 

20年ぶりとなる箱根制覇を目指している、神奈川大学のメンバー・記録・特徴についてまとめます。

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2018神奈川大学の特徴

 

全日本大学駅伝では1区~7区を安定した走りでつなぎ、ラストで逆転劇を見せた神奈川大学。

 

東海大学と青山学院の2強に幾つかミスがあった―とみられていますが、そのスキを逃さずに勝利を呼び込んだ神奈川大学の実力は高いということでしょう。

 

まさに駅伝に欠かすことのできない「チームの総合力」が持ち味です。

 

 

エースの鈴木健吾選手(4年)は、前回の箱根駅伝2017“花の2区”で区間賞を獲得。

 

その際にマークした1時間7分17秒は、日本人歴代5位の記録。

 

また、箱根コースの特徴である山のアップダウン(5区・6区)の経験者、大野日暉選手(4年)&鈴木祐希選手(4年)が残っているのも頼もしいです。

 

しかし今回は、3000m障害が得意で山の上りにも自信がある荻野太成選手(2年)が“秘密兵器”として5区に登場する模様です。

 

 

総合力が底上げされている印象ですが、それでも大後栄治監督は「(全日本では)全員が計算通りの走りをしてくれたものの、レースの主導権を握っていたわけではない」と冷静に分析。

 

あくまで他のチームがもたついている間に勝利しただけ―との立場でいます。

 

チャンスを物にできたわけですからそれも実力だと思いますが、ここで気を緩めない姿勢も神奈川大学の特徴といえそうです。

 

 

箱根駅伝2018では神奈川大学がレースを支配することになるのか、とても楽しみですね。

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2017の神奈川大学の記録振り返り

 

神奈川大学の箱根駅伝2017の成績は5位(11:14:59)でした。

 

出場選手と記録を振り返ってみます。

 

 

1区:山藤篤司(2年)

1:04:01=区間5位

 

2区:鈴木健吾(3年)

1:07:17=区間1位

 

3区:越川堅太(1年)

1:05:11=区間15位

 

4区:東瑞基(4年)

1:05:37=区間8位

 

5区:大野日暉(3年)

1:16:05=区間14位

 

6区:鈴木祐希(3年)

59:46=区間4位

 

7区:中平英志(4年)

1:04:56=区間4位

 

8区:大塚倭(3年)

1:06:25=区間2位

 

9区:大川一成(3年)

1:12:05=区間9位

 

10区:中神恒也(4年)

1:13:36=区間15位

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2018神奈川大学メンバー

 

箱根駅伝には8年連続49回目の出場となる神奈川大学。

 

タスキの色はプラウドブルーです。

 

 

大後栄治監督が率いる神奈川大学のメンバーを、出身・高校名も合わせてご紹介します。

 

 

大塚倭(4年)

京都・洛南

 

枝村高輔(4年)

静岡・藤枝明誠

 

秋沢啓尚(4年)

神奈川・藤沢翔陵

 

鈴木健吾(4年)主将

愛媛・宇和島東

 

鈴木祐希(4年)

愛知・愛知

 

西田秀人(4年)

三重・伊賀白鳳

 

大川一成(4年)

神奈川・藤沢翔陵

 

大野日暉(4年)

愛知・豊川工

 

杉優一郎(3年)

福岡・柳川

 

田中翔太(3年)

山口・西京

 

多和田涼介(3年)

愛知・愛知

 

山藤篤司(3年)

愛知・愛知

 

安藤駿(2年)

秋田・秋田工

 

荻野太成(2年)

静岡・加藤学園

 

越川堅太(2年)

神奈川・東京実

 

宗直輝(2年)

福岡・鳥栖工

 

安田共貴(2年)

福岡・大牟田

 

井手孝一(1年)

佐賀・鳥栖工

 

北崎拓矢(1年)

大阪・関大北陽

 

杉本康平(1年)

愛媛・宇和島東

 

 

 

タグ :

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧