やけに弁の立つ ロケ地はどこ?第1話~あらすじ&キャストまとめ!

読了までの目安時間:約 11分

 

 

弁は立つが法廷に立ったことがない新米弁護士の成長を描く『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』が、4月21日に始まりますね。

 

略して“やけ弁”!

 

神木隆之介さんがスクールロイヤーを演じ、いじめ・体罰・モンスターペアレントといった諸問題を解決していくストーリー。

 

 

神木隆之介さんといえば、個人的にはauのCM「意識高すぎ 高杉くん」がハマっていて、どうも弁護士のイメージが沸かないのですが(笑)

 

いや、高杉くんの「その後」という見方もできそう…?

 

 

「やけ弁」のキャスト・ロケ地・あらすじをまとめてみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる キャスト

 

『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』の主なキャストは以下の通りです。

 

 

田口章太郎神木隆之介

…スクールロイヤーとして青葉第一中学に派遣された弁護士。筋金入りの“学校嫌い”だが、真っ直ぐな性格

 

三浦雄二田辺誠一

…職歴25年のベテラン教師。青葉第一中学の教務主任。「学校には学校のルールがある」と主張して田口章太郎と対立する

 

望月詩織岸井ゆきの

…3年目の若手教師。昔から教師に憧れてきたが、現場の理想と現実のギャップに苦悩する

 

宇野浩平佐藤隆太

…3年3組担任、吹奏楽部の副顧問。脱サラで教師になったが、生徒・保護者に言えない秘密がある

 

駒井朋子濱田マリ

…ベテラン英語教師

 

曽根崎啓介菅原大吉

…部活などの面倒な仕事を避けたがるベテラン教師

 

倉守賢三小堺一機

…青葉第一中学の校長。事なかれ主義の典型であり、スクールロイヤー導入を推進

 

高城英子南果歩

…高城法律事務所の所長で、田口章太郎の上司。“学校嫌い”の田口をあえて派遣する

 

 

水島真紀子堀内敬子):1話ゲスト

…モンスターペアレント。娘の真帆が担任教師の望月詩織から体罰を受けた!と学校に乗り込んで来る

 

長沼正夫渡辺哲):2話ゲスト

…青葉第一中学の近隣住人。吹奏楽部の音がうるさいとクレームをつけてくる

 

山下久恵須藤理彩):5話ゲスト

…娘の未希がクラス内でいじめのターゲットになっていると訴える

 

小柴三郎井上順):3話から登場

…謎の老弁護士

 

 

Sponsored Link
 

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる ロケ地はどこ?

 

『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』のロケ地については、埼玉県狭山市の旧入間中学校で行われたことがネット上から拾えました。

 

旧入間中学校といえば、数々のドラマやCMなどの撮影場所に選ばれてますね。

 

 

 

【旧入間中学校】

 

住所:狭山市南入曽433

 

アクセス:西武新宿線・入曽駅東口から徒歩8分

 

 

 

概要:1947年4月に開校したが、統廃合により3月に閉校。校舎、体育館、グラウンドあり

 

撮影履歴:「暗殺教室~卒業編~」「相棒season15」「豆腐プロレス」「視覚探偵 日暮旅人」「大貧乏」「この世にたやすい仕事はない」「あなたのことはそれほど」など

 

 

 

【入曽駅】

 

住所:埼玉県狭山市南入曽

 

 

 

 

 

【小鹿野町立三田川中学校】

 

住所:埼玉県秩父郡小鹿野町飯田323

 

 

 

 

この他にも『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』のロケ地情報をキャッチしましたら追記します。

 

 

Sponsored Link
 

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第1話あらすじ

 

『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』に原作は無く、浜田秀哉さんによるオリジナル脚本。

 

ドラマ内の音楽は、川村竜さんが担当してます。

 

 

第1話のあらすじを要約しますと…

 

~~~

田口章太郎(神木隆之介)は、今春導入の「スクールロイヤー制度」により、青葉第一中学に派遣された新米弁護士。

ある日、保護者の水島(堀内敬子)が学校に乗り込んで来て、娘が担任の望月(岸井ゆきの)から体罰を受けたと抗議します。

いわゆる水島はモンスターペアレントで「訴えますよ!」などと長時間まくし立てます。

田口は、抗議が3時間にも及ぶことから、教師の職務妨害&生徒の学習権の妨害になると主張。

「威力業務妨害」を理由に、水島を見事に追い返します。

事なかれ主義の校長・倉守(小堺一機)は上機嫌でしたが、教務主任の三浦(田辺誠一)は、田口のやり方に反発します。

それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へ…。

望月は水島の勢いに負け、体罰を認める書面にサインしてしまいます。

すると、水島の娘は、望月にいたずらを仕掛けて「手を出すと体罰ですよ」と挑発。

「謝りなさい!」と生徒の体を押さえつけて指導したところ…今度は水島が暴行罪で訴えると言い出して―。

~~~

 

 

2話以降も、近隣住民からのクレームがテーマになったり、教師の長時間勤務を原因とする事故発生がテーマになったり、いじめ問題がテーマになったりするようです。

 

 

Sponsored Link
 

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第2話あらすじ

 

~~~

青葉第一中学の近所に住んでいる長沼(渡辺哲)が「吹奏楽部の練習音がうるさいせいで体調を崩した」とクレームの電話をかけてきた。

騒音被害で訴える―と言い張る長沼。

倉守校長(小堺一機)の依頼により、田口(神木隆之介)はスクールロイヤーとして、このクレームに対処する。

しかし、その過程で教師たちの“ブラック労働”の現場を目の当たりにする田口。

当たり前のように深夜まで残業する教師たち。

その中には、バドミントン部顧問を任されることになった理科教師・宇野(佐藤隆太)の姿もあった。

田口は、教師たちの長時間勤務の問題にも立ち向かう。

~~~

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第3話あらすじ

 

~~~

バドミントン部の練習中に生徒の事故が発生。

顧問は、理科教師の宇野(佐藤隆太)。

被害生徒の保護者は弁護士を雇い、学校サイドの過失を問いただす。

スクールロイヤーの田口(神木隆之介)は対応に当たるが、過去の判例を調べると学校サイドに不利となる判決が多いことを知った。

教務主任の三浦(田辺誠一)は事故発生時の新たな事実を知り、校長の倉守(小堺一機)に報告。

事態を収束させたい倉守は、事故の責任を宇野だけに押し付けようとする。

事故の裏にある意外な真相とは―?

「学校ってところは、ホント、面白すぎです」

田口が意外な行動に出る。

~~~

 

 

Sponsored Link
 

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第4話あらすじ

 

~~~

三浦(田辺誠一)は不登校生徒の対応に当たっていた。

それを聞いた田口(神木隆之介)は、スクールロイヤーとして法的対処が必要になると考え、突然この生徒の家庭を訪問する。

不登校の原因は、理不尽な校則にあった。

田口は職員会議で“ブラック”な校則の見直しを提案する。

全校生徒を巻き込み、新しい校則づくりを進めていく田口と三浦。

しかし、その裏では新たな問題が芽生えていた…。

~~~

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第5話あらすじ

 

~~~

青葉第一中の生徒・山下未希(森七菜)が、教室から自ら飛び降りるという事件が起こる。

一命を取り留めたものの、未希はその口を固く閉ざしてしまう。

三浦(田辺誠一)は、未希が必死に伝えようとしていた“サイン”を見逃していたのではないか―と自分を責める。

三浦はスクールロイヤーの田口(神木隆之介)と共に、いじめの調査に乗り出す。

2人は行方不明になっていたスマホを発見したが、そこには衝撃的な動画が残されていた…。

~~~

 

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第6話(最終回)あらすじ

 

~~~

いじめを苦に教室から飛び降りた未希(森七菜)。

田口(神木隆之介)は、一命を取り留めた未希と話し合い、加害生徒4人と学校を訴える決意を固めた。

これに対して校長の倉守(小堺一機)は、田口の上司である高城(南果歩)に学校側の代理人になることを要請。

田口は未希の代理人を弁護士仲間の小柴(井上順)に頼み、自身はスクールロイヤーの立場として訴訟に立ち会うことを決める。

学校を相手取り交渉が始まるが、いじめの新たな事実が判明し…。

~~~

 

 

まさに、現代の学校の諸問題をクローズアップしたドラマになっていますね。

 

神木隆之介さん演じるスクールロイヤーが、どう解決していくか楽しみです。

 

 

関連記事:北風と太陽の法廷 相関図,あらすじ,ネタバレ,ロケ地などまとめ!

 

 

 

タグ :

ドラマ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧