西鉄バスジャック犯人 谷口誠一の動機&生い立ちは?ネオむぎ茶とは何?

読了までの目安時間:約 9分

 

 

西鉄バスジャック事件の犯人・谷口誠一の動機や生い立ちなどについてスポットを当ててみました。

 

5月3日放送の【直撃!シンソウ坂上】では、2000年に発生した西鉄バスジャック事件(別名:ネオむぎ茶事件)が取り上げられます。

 

当時17歳だった谷口誠一という少年がバスを乗っ取った驚愕の事件…。

 

この事件は私も記憶に残ってますが、当時は別の殺人事件の犯人も17歳だったことから、“キレる17歳”というキーワードが巷で使われる現象が起きましたよね。

 

とにかく、17歳は気をつけろ、と。

 

 

西鉄バスジャック事件から、ちょうど18年の5月3日に放送されるということで…

 

あらためて、事件の経過や犯人・谷口誠一のことを勉強してみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

西鉄バスジャック事件のあらましを整理!ネオむぎ茶とは何?

 

2000年5月3日から4日にかけ、佐賀県~広島県で起きた西鉄バスジャック事件。

 

事件のあらましを簡単にまとめます。

 

 

●3日PM0:56、佐賀第二合同庁舎~西鉄天神バスセンターの西鉄高速バス「わかくす号」が出発

 

●PM1:35、九州自動車道・太宰府インターチェンジ付近を通りかかったところで、犯人・谷口誠一が刃渡り約40cmの包丁を運転手に突きつけてバスジャック。指示通りに走るよう脅す

 

●山陽自動車道に達するまでに乗客3人を襲い、うち女性1人が後に亡くなった

 

関連記事:西鉄バスジャック 山口由美子(被害者)の現在は?犯人に抱く感情が予想外!

 

●運転手はハザードランプやパッシングをして緊急事態を周囲に知らせる

 

●西鉄佐賀営業所は、バスが目的地に到着しないことから無線連絡を試みる。しかし、応答が無いため異常が発覚

 

●PM3:30、西鉄本社内に対策本部が設置される。高速道路交通警察隊はバスを追尾

 

●走行中のバスから飛び降りた乗客を警察が救出。バス内で負傷者が出ている証言を得る

 

●東広島市の奥屋パーキングエリアでバスが数時間停車。負傷した人質のみ解放される

 

●機動隊員・機動捜査隊員らが突入の準備

 

●4日AM5・00すぎ、小谷サービスエリアにて隊員15人が突入。谷口誠一は逮捕された

 

 

実に15時間半に及ぶ、凶悪バスジャック事件でした。

 

上述の通り、西鉄バスジャック事件は、別名「ネオむぎ茶事件」とも呼ばれてます。

 

この理由は、犯人・谷口誠一がインターネット掲示板に犯行予告を書き込んだ当時のハンドルネームが「ネオむぎ茶」だったからです。

 

 

そんな谷口誠一とは、一体どんな人物なのでしょう?

 

 

Sponsored Link
 

 

西鉄バスジャック事件 犯人・谷口誠一の生い立ち&動機について

 

17歳の少年がその若さゆえに他人を傷つけてしまう事件は多々ありますが…

 

高速バスを乗っ取って乗客を人質にする―という行動に出たことは本当に驚きです。

 

特に谷口誠一の生い立ちや、事件を起こした動機などを知ると、意外すぎて仕方ありません…。

 

 

谷口誠一は佐賀県出身、サラリーマンの父親と保健師の母親の間に生まれました。

 

中学時代にいじめに遭い、それが原因で家の中で暴力を振るようになります。

 

受験して県立高校に入学するものの…「校風が合わない」と1カ月ほどで中退。

 

大検を目指す一方で、親に「PCを買ってほしい」とねだり、ネット掲示板に熱中…暴力もエスカレートさせました。

 

 

両親が精神科に相談したことで、谷口誠一は医療保護入院することに。

 

谷口誠一は、施設スタッフや入院患者にも礼儀正しく接し、家庭内暴力をする少年には見えませんでした。

 

しかし…

 

外出許可が出た谷口誠一は、以前いじめに遭った母校で無差別殺人を行うことを企てます。

 

ところが、中学校はGWで休校……そこで急遽、バスジャックする予定に変更したのです。

 

 

関連記事:三菱銀行人質事件の場所は?犯人,梅川昭美の生い立ち&映画作品ほか

 

 

谷口誠一の動機は「いじめへの復讐心」とでも言いましょうか。

 

ほかにも、谷口誠一はアスペルガー症候群(場の空気が読めない・コミュニケーションが取れないなど)だったから西鉄バスジャック事件を起こした―という情報もありました。

 

 

…とはいえ、いじめられたから他人の命を奪う、アスペルガーだからバスジャックする…といった発想は、私は全く理解できません。

 

上述した谷口誠一の生い立ちや性格を見ても、凶悪事件を起こすような人物とは思えませんし…。

 

谷口誠一の心の闇は、私たちには絶対にわからない…言葉に置き換えることは不可能なのかもしれません。

 

 

ちなみに【直撃!シンソウ坂上】では、この事件の再現ドラマが放送され、犯人役を俳優・今井悠貴さんが演じました。

 

関連記事:今井悠貴 現在は犯人役も?!子役時代作品から成長した演技がスゴい!

 

 

Sponsored Link
 

 

西鉄バスジャック事件の犯人・谷口誠一のその後は?

 

西鉄バスジャック事件を起こした谷口誠一は、強盗殺人容疑などで逮捕。

 

当時17歳でしたしたが、事件後はどうなったのでしょうか?

 

 

佐賀家庭裁判所の決定により、谷口誠一は京都医療少年院に送られ、2006年1月に仮退院。

 

事件で亡くなった女性の遺族や、傷を負わせた被害者と会って謝罪したそうです。

 

頭を床につけるようにして謝罪の言葉を繰り返して…。

 

 

遺族の一人は、谷口誠一に対して以下のようにコメントを残してます。

 

極悪人をイメージしていたが、そんな生気はなかった。

 

彼は『ごめんなさい』と言うだけだった。

 

でも、死んだ人間は生き返らない。

 

どうにもならないと痛感した。

 

怒りや憎しみは消えない。

 

気持ちの 整理などつかないが、一生をかけて罪を償ってほしいという気持ちも増した。

 

 

遺族の心の傷が消えることは一生ありませんね…。

 

退院した谷口誠一は、保護司の支援を受けながら社会復帰の訓練している―というところで情報は途絶えています。

 

 

現在、日本のどこかで、私たちと変わらず日常生活を送っていると思われます。

 

 

Sponsored Link
 

 

西鉄バスジャック事件のネット上のご意見…まとめに代えて

 

西鉄バスジャック事件事件に関するネット上のご意見をいくつかピックアップしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事:ホテルニュージャパン イギリス人の寝タバコが火災原因!心霊現象の噂って本当?!

 

 

 

タグ :

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧