嶋村かおり 乳がん&不妊治療の壮絶人生!闘病支えた旦那との馴れ初め,年齢は?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

元グラビアイドルの嶋村かおりさん(47)さんが【爆報!THEフライデー】に出演。

 

不妊治療中というタイミングに乳がんが発覚した苦悩を、涙ながらに語りました。

 

乳房を全摘出するのか、それとも残すのか…

 

究極の決断を迫られました嶋村かおりさん。

 

その経過や、嶋村かおりさんを支えた旦那さんについて触れたいと思います。

 

 

Sponsored Link
 

 

嶋村かおりの不妊治療とは?旦那の年齢・馴れ初めも

 

1990年代に“完全無欠のボディ”と称賛され、1年間で58誌の表紙を飾った嶋村かおりさん。

 

レースクイーン時代には、スタイルの良い嶋村かおりさんと一緒に並ぶことを嫌がった他のレースクイーンたちが、仕事をボイコットしたことも…。

 

 

2004年、体力的にも厳しくなり、33歳でグラビアの仕事をやめ…

 

友人の紹介で知り合った5歳上の旦那さんと結婚しました。

 

39歳と44歳と晩婚ということもあり、なかなか子宝に恵まれず。

 

 

婦人科に通って不妊治療に取り組むことを決めました。

 

不妊治療の第一段階「タイミング療法」に半年チャレンジするものの、もともと卵子が育ちにくかったことから、子供は授かれず。

 

排卵誘発剤の副作用やプレッシャーによって体調が思わしくない中…

 

今度は大きな病院を移り「人工授精」を試みることに決め、旦那さんも協力するようになります。

 

 

ところが…1年以上にわたって5回の人工授精を行っても着床しません…。

 

年齢的に早く子供を産みたいという気持ちが焦りにつながり、次第に追い詰められていく嶋村かおりさん。

 

今度は不妊治療の専門クリニックに転院して「顕微授精」(=卵子と精子を夫婦から採取し、受精させてから移植する)にチャレンジします。

 

 

不妊治療を初めて3年以上、かかった費用は総額400万円ほど。

 

2015年、5回目の顕微授精でようやく受精卵をつくることに成功。

 

しかし…そんなタイミングに、嶋村かおりさんの体に異変が…。

 

 

Sponsored Link
 

 

嶋村かおりに乳がん発覚!全摘出か温存かの選択は…?

 

顕微授精でつくることができた受精卵を体に戻そうとした、まさにそのタイミングに、嶋村かおりさんの上半身を激痛が襲います。

 

受精卵の移植を中止して精密検査を行うと…なんと「非浸潤性乳管がん」が発覚します。

 

「信じられない。よりによってなぜ今なの…!?」

 

 

がん細胞を乗り除くために乳房を全摘出するのか、それとも温存して毎日の生活に注意していくのか…?

 

不妊治療をクリアし子供が産まれたら、授乳することを夢見ていた嶋村かおりさん。

 

また、グラビア女王のシンボルだった自分の体の大切な部分を失ってもいいのか?という葛藤もありました。

 

 

 

 

しかし、摘出しなければ、乳がんの再発リスクは10~20%上がってしまいます。

 

そんなとき旦那さんは「胸って、そんなの脂肪じゃないか。摘出を悩むことはないよ」と、あえてサラッと言い放ち、背中を押してくれました。

 

 

2015年11月、嶋村かおりさんは摘出・再建手術を受けて成功。

 

術後の激しい痛みや喪失感もありましたが、父親がお守りを持って来て励ましてくれました。

 

父親と夫に支えられていることを実感…。

 

 

…ところが、2017年11月、そんな最愛の父親が、脳梗塞に倒れて他界してしまいます。

 

悲しみにくれる嶋村かおりさんでしたが、父親がくれたお守りが勇気をくれました。

 

不妊治療と乳がん手術といった試練を乗り越え、嶋村かおりさんは少し強くなったのでした。

 

 

今は一つの「希望」があります。

 

それは、凍結させている受精卵がまだ残っていること。

 

もう一度だけ不妊治療にチャレンジしようか、旦那さんと相談中だそうです。

 

 

「もしそれでダメでも、別の人生を夫婦で歩めばいいと思っています」

 

そう嶋村かおりさんは笑顔で語りました。

 

 

Sponsored Link
 

 

嶋村かおり 乳がん&不妊治療の壮絶人生!…まとめ

 

かつてグラビアイドルだった嶋村かおりさんが、引退後に大変な人生を歩んでいるとは想像もしませんでした。

 

神様はどうしてここまで嶋村かおりさんに試練を与えるんだろう?と、第三者の私も思ってしまいました。

 

赤ちゃんが欲しい一心で、心身をすり減らし、時間も費用も削った3年半…。

 

私がもし同じ立場だったなら自暴自棄になってるだろうなと想像します。

 

 

それでも嶋村かおりさんが強く前を向いて行けたのは、旦那さんとお父さんの支えがあったからでしょう。

 

やはり家族の支えは大切ですね。

 

これからは夫婦笑顔で過ごしてほしいと思います。

 

 

 

タグ : 

バラエティ・アニメ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧