日大アメフトコーチは誰か名前を調査!森琢ヘッドコーチが指示?!【画像】

読了までの目安時間:約 9分

 

 

日大アメフトの宮川泰介選手が関学の奥野耕世選手に悪質タックルをした件…大変な話題になってますね。

 

日大の内田正人監督が会見しましたが、終始“ムニャムニャ回答”で、実際に悪質タックルを宮川泰介選手に指示したのか真相はハッキリせず…。

 

しびれを切らした奥野耕世選手のお父さんもテレビに登場し、時折、涙を浮かべながら日大&内田正人監督の対応への怒りをあらわにしました。

 

そしてついに、5月22日14:45~東京千代田区にて、加害者である宮川泰介選手が会見し、タックルの経過について語るということになりました。

 

 

事前の報道によれば、宮川泰介選手は「内田監督やコーチに指示されたと説明する意向」だとか。

 

そういえば、内田正人監督は名前が出てますが、宮川泰介選手が指示を受けたという「コーチ」とは一体誰なんでしょうか?

 

日大アメフト部のコーチ陣の名前を調べてみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

日大アメフト宮川泰介選手に指示したコーチは誰?名前を調査!

 

まずは日大アメフト部・フェニックスの公式サイトを見てみました。

 

「選手・スタッフ紹介」→「コーチ・スタッフ」と入っていきますと、コーチだけで13人います。

 

さすが、大所帯のチームです。

 

ポジションや選手ごとにコーチが付いてるんでしょうね。

 

 

日大アメフト部コーチの名前を拾ってみますと…

 

コーチ:森琢

 

コーチ:佐藤知浩

 

コーチ:箭筈雅利

 

コーチ:小山朋行

 

コーチ:武田真一

 

コーチ:秋山徹也

 

コーチ:鈴木孝昌

 

コーチ:白坂剛

 

コーチ:長谷川昌泳

 

コーチ:田中芳行

 

コーチ:五十嵐亮

 

コーチ:井上奨(追記:記者会見ではこちらのコーチの名前が出ました。後述します)

 

コーチ:井ノ口悠剛

 

…となっております。

 

 

この中の誰かが、宮川泰介選手に悪質タックルを指示したことになりますか。

 

またはコーチ1人だけではなく、内田正人監督の意向を汲んだ複数のコーチが、繰り返し宮川泰介選手に言った可能性はありますよね。

 

宮川泰介選手は会見でタックルに至った経過を説明するそうですが、具体的なコーチの名前は語るのでしょうか?

 

会見に注目ですね。

 

 

Sponsored Link
 

 

日大アメフト部ヘッドコーチは森琢氏…指示した可能性は?

 

とはいえ、コーチ陣を束ねる責任者は存在するはずです。

 

さらに調べてみますと、上記コーチ陣の一番上に名前がある森琢さんという方がヘッドコーチ(HC)をされてるんですね。

 

だから最初に名前が出てるということですか。

 

こちらの記事からも、騒動が発覚した当初、森琢ヘッドコーチが色々と対応していたことがわかります。

 

 

 

森琢ヘッドコーチのプロフィールはこちらです。

 

【森琢(もり たく)】

 

 

 

 

生年:1974年

 

所属部署:日大スポーツ科学部競技スポーツ学科(専任講師)

 

学位:修士(スポーツ科学)(日本女子体育大学)

 

出身校:桐蔭学園高校~青山学院大学・国際政治経済学部

 

資格:鍼灸師、アメフト指導員

 

…といった情報が拾えました。

 

 

森琢ヘッドコーチも宮川泰介選手に悪質タックルを指示したのかは、現段階ではハッキリしません。

 

ただ、内田正人監督が指示したことが事実であれば、ヘッドコーチという立場でありながら「知らなかった」ということは無いと思われます。

 

特にチームプレーが不可欠な競技ですから、把握していた可能性は高いでしょう。

 

この辺りも、宮川泰介選手が会見で語るのか注目したいと思います。

 

 

※追記です※

 

会見では、悪質タックルの責任を取って辞めることを決意した宮川泰介選手に対し、森琢ヘッドコーチが言ったコメントも明らかになりました。

 

「辞めるべきじゃない。アメフトで返していくしかない。監督が厳しく言ったことをそのままお前に伝えたコーチに責任がある

 

森琢ヘッドコーチは、悪質タックルを指示していないようです。

 

事前に森琢ヘッドコーチも知らされてなかったということでしょうか?

 

指示系統がよくわかりませんね。。。

 

~~~

 

 

内田正人監督が、試合の前日と開始前に宮川泰介選手に言い放った言葉をあらためて。

 

「1プレー目で相手クオーターバックを壊せ。何か言われたら、俺の指示と言え」

 

 

Sponsored Link
 

 

宮川泰介選手 記者会見で語ったコーチの名前は?

 

宮川泰介選手の記者会見では、相手選手を潰すよう指示を出していたのは、内田正人監督と「井上コーチ」という名前が出ました。

 

ということは、上記の名前リストにある「井上奨」コーチということですね。

 

 

早速、顔画像などがツイッター上で出回っています。

 

 

 

 

 

 

井上奨コーチが宮川泰介選手に言った言葉は…

 

・(内田監督からの潰せの指示を)「できませんでした」じゃ済まされないからな

 

・関西学院大学との定期戦が無くなってもかまわないよ

 

・お前は闘志が足りないから日本代表には行くな

 

・自分から監督に相手のQB(クオーターバック)を潰しに行くと言え

 

…非常に問題のあるパワハラですね。

 

この発言も大きな問題となりそうです。

 

 

井上奨コーチは、宮川泰介選手を高校時代から指導。

 

日大豊山高校の出身で、内田正人監督の後輩に当たります。

 

内田正人監督の言うことは絶対で、必ずやりとげるほど忠誠心を誓っていたそうです。

 

日大アメフト部OBの証言によると、井上奨コーチ「選手思いで優しい性格。アメフト以外のことも相談できる存在だった」。

 

それでも、選手たちを守ることよりも、内田正人監督からの指示に従うことを優先してしまうんですね。

 

 

 

宮川泰介選手の会見からは、ケガをさせてしまった奥野耕世選手や関係者への謝罪の念と、できるだけ真相を明らかにしたいという決意が受け取れました。

 

大学3年生・20歳とはいえ、とても堂々と誠意の感じられる会見でした。

 

それに引き換え、指導する側の大人たちの卑怯な態度と言ったらどうでしょうか。

 

内田正人監督は保身に走った結果、世間からの一層の反感を招きました。

 

井上奨コーチにも、ぜひコメントをいただこうじゃありませんか。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

タグ : 

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧