紀州のドンファン自宅間取りは?38台防犯カメラはダミー?!【画像】

読了までの目安時間:約 4分

 

 

紀州のドンファンと呼ばれた野崎幸助さん=和歌山県田辺市=の不審死事件が、相変わらず話題になってますね。

 

野崎幸助さんの自宅には38台の防犯カメラが設置されてたそうですから、真相の解明は早いのかな?と個人的に思っていましたが…

 

まだ時間を要するようです。

 

なぜでしょうか?

 

関連記事:野崎幸助 家政婦は誰?警察発表と証言が食い違い?!【顔画像】

 

 

そんな中、TBS【ビビット】では、野崎幸助さんの自宅の間取りを公開。

 

防犯設備のプロが「38台のカメラ設置は嘘だと思います」と驚きのコメントをしてました。

 

 

Sponsored Link
 

 

紀州のドンファン(野崎幸助)自宅の間取りは?

 

紀州のドンファンこと野崎幸助さんの自宅の間取りは2LDK。

 

不動産業と金融業でかなり儲かっていたそうですが、自宅の部屋数は意外に少なくコンパクトな感想を持ちました。

 

それでも1階と2階の両方にバスルームがあったり、高級家具が配置されていたり、クローゼットの中に札束がたくさん置かれてたり…。

 

野崎幸助さんの和歌山県田辺市の自宅間取り画像はこちらです(ビビットより)。

 

 

 

 

 

2枚目の画像は、野崎幸助さんが息を引き取った場所である2階の間取り。

 

赤丸の印がある天井角に、防犯カメラが設置されてました。

 

しかし、この防犯カメラの映像が残っていないという情報が、、、

 

 

Sponsored Link
 

 

紀州のドンファン(野崎幸助)自宅の38台カメラはダミー?!

 

【ビビット】では、2年前に野崎幸助さん宅を取材した4時間の映像を分析。

 

株式会社・日本防犯設備の設備士さんも映像を見ながら、カメラの位置などをチェックしました。

 

すると、この設備士さんは「防犯カメラ38台というのは99%あり得ないと思います」とコメント。

 

確か38台という台数は、野崎幸助さん自身がテレビで語っていた数字でしたが。。。

 

これについても設備士さんは「嘘だと思います」。

 

 

あくまで【ビビット】が2年前に撮影した室内外の映像を基に、カメラ台数を判定したものですが…

 

●屋外には7台

 

●屋内には1台(2階)。赤外線がなく、日中のみ映せるもの。録画機能がない可能性がある

 

●合計でも38台は無かったと判断できる

 

 

野崎幸助さんといえば、過去に強盗に入られたことがあります。

 

そこで、マスコミの取材に対しては、防犯カメラの台数をあえて多めに申告した可能性もありますね。

 

または、この2年の間に、隠しカメラを増やした…?

 

 

仮に【ビビット】の設備士さんの分析が正しければ、2階の防犯カメラ映像は残っていないことなり、真相解明に時間がかかっていることも理解できるような…。

 

カメラが作動していない、または録画されていないことを熟知している人物が事件に関わっている―とも受け取れますからね。

 

警察の捜査の進捗が非常に気になります。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

タグ :

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧