人殺しウナギ,イラコアナゴとは?蒲焼で食す…回転寿司でも提供?!【鉄腕ダッシュ】

読了までの目安時間:約 9分

 

 

6月10日の【ザ!鉄腕!DASH!!】では、城島茂さん&桝太一アナが“人殺しウナギ”の捕獲にトライするとか。

 

前回の放送では死のカタツムリ・アフリカマイマイが登場しましたが、“人殺しウナギ”の方が、更に恐怖心を煽りますね。。。

 

関連記事:死のカタツムリ,アフリカマイマイ危険な理由は?サイゼリヤで食べれるって本当?!

 

 

ちなみに私は、うなぎの蒲焼が大好きです。

 

つい先日、取引先の社長さんに5,000円の特上うな重(ご飯大盛り)をご馳走になりまして、まさに“ほっぺが落ちる”ような体験をしました(笑)

 

 

そんなわけで“人殺しウナギ”とは何?と非常に気になったので調べてみると、スーパーにも並ぶことがある「イラコアナゴ」らしい…。

 

イラコアナゴがなぜ“人殺しウナギ”と呼ばれるのか、また特徴や調理法はどうなのか…などについて勉強してみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

人殺しウナギ・イラコアナゴとはどんなヤツ?

 

スーパーに陳列されるといいながらも、私は名前を聞く機会がなかったイラコアナゴ。

 

職場の女性パートさん(主婦)にも尋ねてみたところ「初めて聞きました」。

 

イラコアナゴとは、ウナギ目ホラアナゴ科ホラアナゴ属の生き物だそうです。

 

●体長70センチ~80センチ、体重300グラムくらい

 

●北海道~高知県に分布し、水深236メートル~3,200メートルに生息する深海生物

 

●凶暴な性格で、自分よりも体が大きな深海魚にも食らいつく

 

●死んだ魚などを食べるスキャベンジャー(掃除屋)とも呼ばれる

 

 

こんな特徴のヤツです。

 

 

 

思ったより太めの体…というか、鱧(ハモ)に近い体型ですね。

 

目がちょっと怖いですけど…。

 

 

イラコアナゴが“人殺しウナギ”と呼ばれる理由は、ホラアナゴ科の英訳「Cutthroat Eel(カットスロートイール)」から来ているようです。

 

Cutthroat=人殺し

 

eek=ウナギ、ということで。

 

 

性格も荒っぽいヤツみたいですし…。

 

ただ、実際に人間を食べたり襲ったりはしていないみたいですので、ひとまず安心ですね。

 

 

Sponsored Link
 

 

人殺しウナギ・イラコアナゴの料理や味について

 

“人殺しウナギ”というニックネーム(?)があるイラコアナゴ。

 

スーパーでは「品名:あなご蒲焼、原材料名:イラコアナゴ」として売られてるんですね~。

 

今後、商品表示をしっかり読むことにします。

 

 

イラコアナゴは、美味しいと評判の「マアナゴ」の代用品として使われる“黒子的な存在”なんだとか。

 

これは、死のカタツムリ・アフリカマイマイが「リンゴマイマイ」の代用品としてエスカルゴ料理で使われるのと同じですね。

 

 

関連記事:死のカタツムリ,アフリカマイマイ危険な理由は?サイゼリヤで食べれるって本当?!

 

 

イラコアナゴは、回転寿司でも「あなご」として提供されているそう。

 

ウナギやマアナゴよりも断然安い価格で入手できるので、回転寿司で提供されるのも納得できますね。

 

私もよく家族で回転寿司に行きますが、毎回、あなごの皿を取ります…。

 

とうことは…名前を知らなかっただけで、実は“人殺しウナギ”をたくさん食べてたかもしれません(笑)

 

 

イラコアナゴの料理方法は、蒲焼だけでなく、スープ・天ぷら・煮物でもOK。

 

ネット上では、こんな調理方法の情報がありました。

 

ヌメリを取りハモのように骨切りすれば、かなり美味しく頂けます。

面倒な方はブツ切りにしてスープ用に出汁取りに♪

油の風味が非常に良く塩を少し足すだけで上品なスープが作れます。

ただヌメリ取りで、めげないで下さい!

 

 

ツイッターでも…

 

 

 

コスパ抜群で、味もそれなりの高級感が楽しめるところがイイですね~。

 

無性に蒲焼が食べたくなってきませんか?

 

 

私は“人殺しウナギ”ことイラコアナゴの印象・見方も、すっかり変わりましたね。

 

もちろん、良い意味で。

 

 

Sponsored Link
 

 

鉄腕ダッシュ・人殺しウナギの捕獲方法&結果は?

 

【ザ!鉄腕!DASH!!】では、城島茂さん&桝太一アナが“人殺しウナギ”を探して東京湾へ。

 

どのように捕獲するのか?

 

捕獲することができたのか?

 

結果については、放送後に折を見て追記したいと思います。

 

 

※追記です※

 

【ザ!鉄腕!DASH!!】で紹介された人殺しウナギは、予想通り、イラコアナゴのことでした。

 

城島茂さん&桝太一アナは、水深400メートルの東京海底谷のポイントへ。

 

桝太一アナは、東大大学院のレポートでアナゴの生態について書いたことがあるほど、そのジャンルの“専門家”だそう。

 

イカ・サバ・マグロの胃袋を釣りエサに、船の上から針を垂らします。

 

 

城島茂さんの釣り竿に早速ヒットが……ところが、掛かったのはドンコ(チゴダラ)。

 

桝太一アナも、毒針があるという全長13メートルのフトツノザメを釣り上げました。

 

なかなか、ターゲットのイラコアナゴは釣れません。

 

 

関連記事:ウシガエルに毒はある?おたまじゃくしのサイズに驚き!【グリル厄介】

 

 

結局…

 

クロシビカマスばかりがヒットするため、これを料理して食べることに。

 

日本料理「蔵」の料理長さんが海岸で手際よく三枚おろしに。

 

白身は鯛っぽいですね。

 

無数の骨があるので、刺し身にするには手間がかかるとか。

 

でも、脂が多いから美味しそう…。

 

 

・クロシビカマスの炙り刺し

 

・クロシビカマスの梅干・紫蘇天ぷら

 

・クロシビカマスの白焼き

 

…の3品が仕上がりました。

 

実食した城島茂さんは「贅沢だ~。コクのある、旨味のある脂。親に食べさせたい」と感激。

 

桝太一アナも「香ばしさとミルキーなコクのアンサンブルです。圧倒的にうまい!」と興奮ぎみ。

 

料理を堪能した2人は、無言で東京湾に向かって、感謝の一礼を深々としたのでした…。

 

 

関連記事:タクシー怪談 深泥池(京都)の場所はどこ?お泊りで心霊と遭遇?!【何だコレミステリー】

 

 

残念ながら、人殺しウナギ=イラコアナゴは捕獲できませんでした。

 

が、とても勉強になりました。

 

スーパーにイラコアナゴを探しに行こうかな(笑)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

タグ : 

バラエティ・アニメ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧