ワールドカップ2018優勝予想はフランス!出場国,組み合わせ,得点王候補まとめ!

読了までの目安時間:約 21分

 

 

2018ロシアワールドカップ(W杯)の優勝予想をしてみました!

 

4年に1度のワールドカップ…日本代表が初めて出場をしたのは1998年フランスW杯ですが、深夜に試合が放送されることが多かったため、試合の日は仕事を休暇にしてTV観戦した記憶があります。

 

真夜中にペットボトルでバンバン叩いて大歓声を送っていたあの頃が懐かしい…。

 

今回のワールドカップ2018では、日本代表は直前の監督交代など批判されました。

 

個人的にはドタバタ劇の日本代表が奇跡を起こし、グループリーグを突破してくれることを願いつつ…

 

ワールドカップ2018のグループリーグから決勝までの予想や、得点王候補などもまとめてみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

2018ロシアワールドカップ(W杯)全般について

 

世界各地域の予選を勝ち抜いた32の国々が「世界一」の称号をかけて争う、オリンピックにも勝るとも劣らない世界最大のスポーツイベント。

 

4年に1度開催され、今回で21回目の開催となります。

 

開催地はロシアとなりますが、今回は移動距離を考慮して西側(ヨーロッパ側)に会場を絞ってコンパクトに開催されるようです。

 

開催期間は2018年6月14日(木)~7月15日(日)の計32日間。

 

 

関連記事:ワールドカップ放送日程一覧(日本時間)!TV局のメインキャスター&テーマ曲は?

 

 

ワールドカップでの戦い方は、32カ国が4カ国づつ1グループに分かれ、総当たり戦を行います。

 

1グループで全6試合を行い、成績の良かった上位2チーム(16カ国)がトーナメントに進みます。

 

予選から決勝までの試合数は全部で64試合となります。

 

 

特に6月14日の開幕から6月28日の予選終了までは毎日試合がありますので、サッカー好きには堪らない2週間になりますね。

 

日本との時差は(会場にもよりますが)4時間~7時間くらいとのこと。

 

開催される会場と試合時間によっては日本時間で深夜になる試合があるため、寝不足になる心配も…。

 

 

2018ロシアワールドカップ(W杯)の経済効果や分配金について

 

ロシアワールドカップの組織委員会が算出した2013年~2023年の経済効果は、ロシア国内だけで最大308億ドル(日本円で約3兆4000億円超)になるとの発表です。

 

ロシアワールドカップの大会経費は110億ドル(日本円で約1兆2100億円超)だそうですから、単純計算でも赤字にはなりません。

 

ちなみに前回のワールドカップ2014(ブラジル)での経済効果は104億ドル(日本円で約1兆1500億円超)でした。

 

 

分配金についてですが、ロシアワールドカップは過去最高となる総額7億9100万ドル(日本円で約875億円)となります。

 

3億9100万ドルは大会準備金・各国のサッカー協会・各選手の所属クラブ・選手がケガした際の補填費として分配され、残りの4億ドルは大会成績に応じて賞金として分配されます。

 

 

優勝国は3800万ドル(日本円で約42億円)、準優勝国は2800万ドル(日本円で約31億円)、3位が2400万ドル(日本円で約27億円)と、かなりの高額な賞金が用意されてるんですね。

 

しかも、グループリーグ敗退でも800万ドル(日本円で約9億円)…さらに全出場国に準備金として150万ドル(日本円で約2億円)が支払われます。

 

ですから、ワールドカップに出場するだけで、最低でも950万ドル(日本円で約11億円)が支払われることになります。

 

 

Sponsored Link
 

 

2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグ予想

 

ロシアワールドカップのグループリーグから決勝まで、結果を“大胆”予想してみました。

 

A組の展望と予想

 

A組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・ロシア(2大会連続11回目/4位(1966年)/66位→70位)

 

・ウルグアイ(3大会連続13回目/優勝(1930年、1950年)/17位→14位)

 

・エジプト(7大会ぶり3回目/1回戦、1次リーグ敗退(1934年、1990年)/46位→45位)▲

 

・サウジアラビア(3大会ぶり5回目/ベスト16(1994年)/67位→67位)

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

開催国ロシアが当然ながら地の利を生かしてグループリーグを2位で通過すと予想します。

1位はカバーニ&スアレスという強力2トップ擁するウルグアイが順当に勝ち進むと予想。

ほか注目はエジプトのサラーは得点王候補ではありますが、チーム力で考えるとグループリーグを勝ち進むのは難しいと予想します。

サウジアラビアにはアジアの代表として意地をみせてほしいところ…開幕戦(VSロシア)で波乱を起こせるかに注目ですね。

 

B組の展望と予想

 

B組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・スペイン(11大会連続15回目/優勝(2010年)/8位→10位)

 

・ポルトガル(5大会連続7回目/3位(1966年)/4位→4位)

 

・モロッコ(5大会ぶり5回目/ベスト16(1986年)/42位→41位)▲

 

・イラン(2大会連続5回目/1次リーグ敗退(1978年、1998年、2006年、2014年)/36位→37位)

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

このグループは無敵艦隊と呼ばれる強豪スペインと現欧州チャンピオン(2016年EURO優勝)のポルトガルが順当に勝ち進むと予想します。

モロッコはアフリカ最終予選を6試合無失点で鉄壁の守備で辛勝する可能性もあります。

イランはアジア予選で無敗の成績を残しています。

アジアのFIFAランキングでは最上位なので意地を見せてほしいところです。

 

C組の展望と予想

 

C組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・フランス(6大会連続15回目/優勝(1998年)/7位→7位)

 

・デンマーク(2大会ぶり5回目/ベスト8(1998年)/12位→12位)

 

・ペルー(9大会ぶり5回目/ベスト8(1970年、1978年)/11位→11位)▲

 

・オーストラリア(4大会連続5回目/ベスト16(2006年)/40位→36位)

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

優勝候補のフランスはガッチリ守って高速カウンターで得点するスタイルで順当に勝ち進むと予想。

ここのグループは2位争いが面白いと思います。

地力で勝るデンマークが1歩リードしている気がしますが、36年ぶりに出場したペルーが怖い存在ですね。

オーストラリアも38歳ベテランのケーヒルがサプライズを起こしてくれるかもしれません。

 

D組の展望と予想

 

D組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・アルゼンチン(12大会連続17回目/優勝(1978年、1986年)/5位→5位)

 

・クロアチア(2大会連続5回目/3位(1998年)/18位→20位)

 

・ナイジェリア(3大会連続6回目/ベスト16(1994年、1998年、2014年)/47位→48位)

 

・アイスランド(初出場/なし/22位→22位)▲

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

ダントツでアルゼンチンが1位でグループリーグを勝ち進むと予想します。

2位争いは予想が難しいですが、モドリッチのいるクロアチアが若干リードしているので2位で進むと予想。

ナイジェリアや初出場のアイスランドにもチャンスは十分にあると思います。

 

E組の展望と予想

 

E組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・ブラジル(21大会連続21回目/優勝(1958年、1962年、1970年、1994年、2002年)/2位→2位)

 

・スイス(4大会連続11回目/ベスト8(1934年、1938年、1954年)/6位→6位)

 

・コスタリカ(2大会連続5回目/ベスト8(2014年)/25位→23位)▲

 

・セルビア(2大会ぶり12回目(旧ユーゴスラビア時代等を含め)/4位(1930年、1962年)/35位→34位)

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

圧倒的にブラジルが有利となり順当に1位で通過と予想します。

2位は守備が強いスイスが手堅く2位で進むと予想。

前回大会ベスト8のコスタリカにはナバスというスーパーGKがいますのでチャンスはあります。

いかに守って・耐えて・チャンスを活かすか…それによって2位は変動する可能性があります。

 

F組の展望と予想

 

F組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・ドイツ(17大会連続19回目(旧西ドイツ時代を含め)/優勝(1954年、1974年、1990年、2014年)/1位→1位)

 

・スウェーデン(3大会ぶり12回目/準優勝(1958年)/23位→24位)

 

・メキシコ(7大会連続16回目/ベスト8(1970年、1986年)/15位→15位)▲

 

・韓国(9大会連続10回目/4位(2002年)/61位→57位)

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

前回大会チャンピオンのドイツが順当に勝ち進むと予想します。

2位はメキシコかスウェーデンですが、今回出場しないイブラヒモビッチがいなくても予選を勝ち進んだ実績を重視してスウェーデンが進むと予想します。

メキシコもロサーノに注目していたいですね。

韓国はソンフンミンがどのくらい活躍できるかにかかっていると思います。

 

G組の展望と予想

 

G組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・イングランド(6大会連続15回目/優勝(1966年)/13位→12位)

 

・ベルギー(2大会連続13回目/4位(1986年)/3位→3位)

 

・チュニジア(3大会ぶり5回目/1次リーグ敗退(1978年、1998年、2002年、2006年)/14位→21位)▲

 

・パナマ(初出場/なし/55位→55位)

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

ここは優勝候補のベルギーが順当に勝ち進むと予想しています。

2位はサッカーの母国イングランドが有利かと思います。

得点王候補のケインにも注目したいですね。

チュニジアや初出場のパナマも侮れません。

 

H組の展望と予想

 

H組出場国(W杯出場回数・過去最高成績・FIFAランキング5月→6月)

 

・コロンビア(2大会連続6回目/ベスト8(2014年)/16位→16位)

 

・ポーランド(3大会ぶり8回目/3位(1974年、1982年)/10位→8位)

 

・セネガル(4大会ぶり2回目/ベスト8(2002年)/28位→27位)

 

・日本(6大会連続6回目/ベスト16(2002年、2010年)/60位→61位)▲

 

※予想:◎=1位通過(本命) ○=2位通過(対抗) ▲=2~3位通過(大穴)

 

我が日本がいるグループですが、順当に進むならコロンビアが1位と予想します。

2位争いでポーランドやセネガル、また日本がいかに食い込むかですね。

関連記事:日本代表は全敗で絶望的?!日程や対戦国の分析ほか【サッカーW杯2018】

ここのグループには得点王候補がコロンビアのハメス・ロドリゲス、ポーランドのレバンドフスキ、セネガルのサディオ・マネなどたくさんいます…。

日本は団結力と結束力でがんばってほしいと思います。

 

 

Sponsored Link
 

 

2018ロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント予想

 

ラウンド16(勝てばベスト8進出)決勝トーナメントは、以下の展開になると予想します。

 

◎=勝ち予想

 

 

ウルグアイ(A組1位) VS ポルトガル(B組2位)◎

 

過去の対戦成績はポルトガルが1勝1分とリードしています。

ウルグアイのカバーニ&スアレスの強力な2トップの猛攻に合いそうですが。

ポルトガルはEURO2016優勝の勢いに乗りウルグアイを撃破と予想

 

 

フランス(C組1位)◎ VS クロアチア(D組2位)

 

過去の対戦成績はフランスが3勝2分と負けなしの成績です。

クロアチアのモドリッチの活躍も、フランスの高速カウンターが炸裂しフランスが勝つと予想。

 

 

スペイン(B組1位)◎ VS ロシア(A組2位)

 

過去の対戦成績はスペインが4勝2分と負け無しの成績です。

開催国ロシアの勢いもここまで、無敵艦隊スペインの前に撃沈となると予想。

 

 

アルゼンチン(D組1位)◎ VS デンマーク(C組2位)

 

過去の対戦はお互いに1勝1敗と互角の成績です。

アルゼンチンのメッシの活躍で、デンマークの躍進もここまでと予想。

 

 

ブラジル(E組1位)◎ VS スウェーデン(F組2位)

 

過去の対戦成績ではブラジルが10勝3分2敗の成績です。

イブラヒモビッチがいないスウェーデンではサッカー王国ブラジルは破れないと予想。

 

 

ベルギー(G組1位)◎ VS ポーランド(H組2位)

 

過去の対戦成績はポーランドが7勝6分6敗とほぼ互角の成績です。

レバンドフスキ擁するポーランドも史上最強のベルギーの前に敗れると予想。

 

 

ドイツ(F組1位)◎ VS スイス(E組2位)

 

過去の対戦成績はドイツが21勝5分8敗の成績です。

スイスの躍進もここまで、前回大会の優勝国ドイツの前に敗退と予想。

 

 

コロンビア(H組1位)VS イングランド(G組2位)◎

 

過去の対戦成績はイングランドが3勝2分と負け無しの成績です。

ハメス&ファルカオの攻撃陣もサッカーの母国イングランドに敗れると予想。

 

準々決勝(勝てばベスト4)の予想

 

ポルトガル VS フランス◎

 

過去の対戦成績はフランスが18勝1分6敗となります。

ポルトガルのC.ロナウドの活躍もここまで、フランスの勝ちと予想。

 

 

ブラジル◎ VS ベルギー

 

過去の対戦成績はブラジルが3勝1敗となります。

優勝候補同士の激突ですが、わずかにブラジルに軍配と予想。

 

 

ドイツ◎ VS イングランド

 

過去の対戦成績はドイツが7勝3分6敗と互角の成績です。

W杯優勝国同士の対戦、FIFAランキング1位のドイツが地力で勝つと予想。

 

 

スペイン VS アルゼンチン◎

 

過去の対戦成績はお互いに6勝2分6敗と互角の成績です。

無敵艦隊スペインもメッシ擁するアルゼンチンの前に撃沈すると予想。

 

準決勝(勝てば決勝進出)の予想

 

フランス◎ VS ブラジル

 

過去の対戦成績はブラジルが7勝3分5敗の成績です。

ネイマール擁するサッカー王国ブラジル、1998年フランスW杯の決勝カード(0-3でフランス優勝)と同じになる。

リベンジに燃えるブラジルですが、W杯でフランス相手だと苦戦するジンクスでフランスが勝つと予想。

 

 

アルゼンチン◎ VS ドイツ

 

過去の対戦成績はアルゼンチンが5勝2分3敗の成績です。

前回2014年ブラジルW杯の決勝カード(0-1でドイツ優勝)と同じですね。

W杯の対戦成績で見るとドイツが3勝0敗と圧勝ですが、メッシ擁するアルゼンチンがリベンジ達成で勝つと予想。

 

3位決定戦(勝てば3位)の予想

 

ブラジル◎ VS ドイツ

 

過去の対戦成績はブラジルが6勝2分3敗の成績です。

決勝を逃したチーム同士の激しい戦いが繰り広げられそうです。

2014年ブラジルW杯準決勝でドイツが7-1とブラジルをボコボコにしましたが。

ここでブラジルがリベンジを達成し勝利すると予想。

 

決勝(勝てば優勝)の予想

 

フランス◎ VS アルゼンチン

 

過去の対戦成績はアルゼンチンが6勝3分2敗の成績です。

W杯の過去対戦成績もアルゼンチンが2勝0敗とリードしています。

メッシはこの大会を最後に引退すると言われており、チーム一丸でここまで進んできたアルゼンチン。

対するフランスは得点王候補グリーズマンや若干19歳のムバッペが躍動し、決勝まで進んできました。

かなり拮抗した戦いが予想されますが、最後はフランスに軍配と予想。

 

 

Sponsored Link
 

 

2018ロシアワールドカップ(W杯)得点王候補について

 

もうひとつの楽しみとして、得点王争いが注目されています。

 

前回大会のハメス・ロドリゲスが得点王になり、一躍スターとなったのは記憶に新しいところ。

 

大会得点王は決勝まで行ったとして最大で7試合のうち、おおよそ6点~8点くらいが目安となります。

 

これはチームが勝ち進むにつれて有利になりますが、注目選手としてざっとあげると、以下の17名が有力候補になります。

 

・カバーニ(ウルグアイ)

・スアレス(ウルグアイ)

・サラー(エジプト)

・C.ロナウド(ポルトガル)

・グリーズマン(フランス)

・ムバッペ(フランス)

・メッシ(アルゼンチン)

・ネイマール(ブラジル)

・ジェズス(ブラジル)

・ミュラー(ドイツ)

・ヴェルナー(ドイツ)

・ベリ(スウェーデン)

・ルカク(ベルギー)

・ケイン(イングランド)

・ハメス・ロドリゲス(コロンビア)

・レバンドフスキ(ポーランド)

・サディオ・マネ(セネガル)

 

上記以外の選手が得点王になる場合はニュースターの可能性がありますので、非常に楽しみになりますね。

 

優勝国以外からも出ることが多いのでこちらも注目して見てみるのも面白いと思います。

 

 

関連記事:ワールドカップ放送日程一覧(日本時間)!TV局のメインキャスター&テーマ曲は?

 

 

以上、ワールドカップ2018の展開や優勝国を予想してみました。

 

あとで答え合わせするのが楽しみです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

タグ : 

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧