清原和博の今の状態は鬱病!告白本の最新画像…目は死んでいない?!

読了までの目安時間:約 7分

 

 

8月2日の【ノンストップ】を観ましたら、清原和博さん(50)が告白本を出したという話題が放送されてました。

 

久しぶりに映された今現在の清原和博さんは、2017年12月にテレビ出演したときよりも少しふっくらしたような。

 

前よりは健康的になった様子で、個人的にはちょっと安心しました。

 

2017年12月のテレビ出演時の清原和博さんは生気も感じられない別人で、見てられなかったですからね。。。

 

 

しかしながら、現在は鬱病も患っており、相変わらず厳しい日常と戦っているようでした。

 

 

Sponsored Link
 

 

清原和博の今の状態は鬱病!

 

2016年2月、覚◯剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月・執行猶予4年を言い渡された清原和博さん。

 

今は2週間に1回の検査を受けながら、薬物依存の治療に専念しています。

 

そして現在は鬱病も患っており、感情の起伏が少なくて言葉が続かないこともあるとか…。

 

選手時代やタレント活動していた頃のような饒舌さは、もう一切ありません。

 

ホント…薬物の恐ろしさを物語っていますね。

 

 

逮捕後、今のところ薬物から離れることができているそうですが、今でも“欲求”が湧いてくる―と正直に語っている清原和博さん。

 

この悪魔の欲求と向き合わなければいけない状況って、かなりツラそうです…。

 

自業自得とはいえ、清原和博さんは妻・子供とも離れ離れですから、支えてくれる家族もいません。

 

それだけでも苦しい毎日と思いますが、時々襲ってくる薬物の欲求とも戦っていることを想像すると、とても胸が苦しくなってきますね。

 

 

Sponsored Link
 

 

清原和博 告白本の最新画像…目は死んでいない!

 

2018年5月、甲子園で本塁打を放った金属バットを32年ぶりに手に取る清原和博さんを、スポーツライターの鈴木忠平さん(Number編集部)がインタビューしました。

 

鈴木忠平さんいわく「バットを持った瞬間、表情に生気が戻るのが見えた」。

 

 

 

薬物依存に加えて鬱病も患い、これからの人生に希望を持てずにいる清原和博さんですが、金属バットとの“再会”が良い刺激になったようです。

 

2017年の表情よりは、かつての清原和博さんに戻ってきていると思いました。

 

1年前の顔画像はこちらです。

 

 

 

金属バットを手にした画像は、告白本用に撮影したとはいえ、まだまだ「目は死んでいない!」と私的には感じましたね。

 

 

Sponsored Link
 

 

清原和博今の状態は鬱病!…まとめ

 

法務省のデータによると、覚◯剤で捕まった人の再犯者率は65.8%と高いそうです。

 

しかも1年以内に再犯することが多く、年齢が上がるほど社会復帰が難しいといいます。

 

そんな中、今のところは薬物と距離を置いて、苦しいながらも病気と戦っている清原和博さんは強いですね。

 

まだまだ乗り越えるハードルは高そうですが、頑張ってほしいと切に願います。

 

 

ネット上のご意見も拾ってみました。

 

 

 

 

 

 

そうなんですよね。

 

清原和博さんは悪いことをして多くの人の期待を裏切りました。

 

…でも、なぜか見捨てられないというか、再起してほしい!と思わせる存在です。

 

まさしく、プロ野球のスーパースターであった証ということですね。

 

今後の清原和博さんの動向にも注目しましょう。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

タグ :

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧