福田和子の動機は何?長男の現在&想いとは…【松山ホステス殺害事件】

読了までの目安時間:約 7分

 

 

松山ホステス殺害事件を起こした福田和子・元受刑者の動機や、長男の現在などについてスポットを当てます。

 

8月2日の【直撃!シンソウ坂上】では、1982年に強盗殺人を犯した福田和子・元受刑者を扱ったドキュメンタリードラマが放送されます。

 

これまでも数々の再現ドラマが放送されてきましたが、今回は福田和子・元受刑者の“長男視点”でドラマが展開していくようです。

 

 

福田和子・元受刑者といえば、20種類の偽名を使って整形しながら15年間逃亡した魔性の女として知られています。

 

個人的には、当時のテレビで流れた電話音声「逆探知されると困る。あぶない、あぶない」という福田和子・元受刑者の声を、今でも鮮明に覚えていますね。

 

今回のドラマでは、佐藤仁美さんが福田和子・元受刑者を演じるそうなので、とても楽しみです…。

 

 

…と同時に、福田和子・元受刑者のそもそもの動機や、長男の現在について気になったので調べてみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

福田和子 松山ホステス殺害事件の動機は?

 

15年間に及ぶ逃走劇…時効直前の逮捕…偽名と整形…といった面がクローズアップされますが、そもそもは同僚だったホステスを殺めてしまったんですよね。

 

その同僚ホステスは、お店の人気ナンバーワンだったとか…。

 

事件を起こした動機については、実は明確な公表・発表はありません。

 

ですので推測になるわけですが、下記のような動機(説)が挙げられています。

 

●借金を抱えていた福田和子・元受刑者が、被害者に金を無心…しかし断られてしまい、勢いで命を奪ってしまった

 

●ナンバーワンの座にいた被害者に対する嫉妬心や見栄

 

●羽振りのよかった被害者の金品・家財が欲しかった

 

●被害者との◯ズ関係が壊れてしまった

 

 

個人的な考えですが、もともと2番目にあるような嫉妬心があり、そのうえで1番目のようなトラブルがあって同僚に手をかけたと思っています。

 

福田和子・元受刑者は18歳のころにも、当時同棲していた男と強盗をはたらいて逮捕されています。

 

こうした犯罪は再犯率が高いですから、可能性は十分あると考えます。

 

 

Sponsored Link
 

 

福田和子の死因とは?

 

事件のことを調べていて、あらためて気づいたのですが、福田和子・元受刑者はすでに亡くなっているんですよね(享年57)。

 

逮捕された1997年から8年後、刑務所内の工場の作業中、くも膜下出血のため緊急入院…。

 

意識が回復しないまま、和歌山市内の病院で息を引き取りました。

 

 

当時、一部で「本当の死因は刑務所内での暴行か?」みたいな噂がありましたが、これはデマ。

 

死因は上記の通り、くも膜下出血だったそうです。

 

15年間の逃亡劇で神経をすり減らし、重いストレスを抱え続けた影響なのでしょうか?

 

整形と偽名を繰り返して各地を転々するのは、精神的にも相当追い込まれるでしょうからね。

 

 

ちなみに福田和子・元受刑者が当時使っていた偽名は20ありました。

 

ここで挙げてみますと―

 

髙橋和子、鈴木千香、大平和子、中田初美、上田忍、今井和子、髙橋初美、目土和子、藤原千里、小野寺忍、中野初美、今井初美、髙井はつ美、長井夏美、松村華世、松未篤美、中田和子、小野寺華世、倉本かおる

 

 

Sponsored Link
 

 

福田和子の長男の現在は?「いい母親だった」と回想

 

事件発生当時、福田和子・元受刑者には夫と4人の子供がいました。

 

その中でも、福田和子・元受刑者は長男をとても可愛がったそうですね。

 

逃亡中も長男に連絡を取り、石川県で偽名を使って働いていた職場にも「親戚」と紹介して長男を呼び寄せたほど。

 

そんな長男は、今回の【直撃!シンソウ坂上】の取材を受けているわけですが、現在はどうしているのでしょうか?

 

 

さすがに本名や職場までは公表されていないものの、下記のような情報が出ております。

 

●福田和子・元受刑者の遺骨は長男が引き取った

 

●長男は愛媛県で父親が経営していた鉄工所を継ぎ、社長として働いている

 

●すでに家庭を持っている

 

●福田和子・元受刑者の息子であることは隠さず、「自分にとっては日本一の母親だった」と語っている

 

 

犯罪者の子供というのは非常に厳しい立場であり、ほとんどの人は、その事実を隠すことを選ぶと思います。

 

ですが、福田和子・元受刑者の長男は事実を隠さず、今なお取材に応じています。

 

これって、凄い覚悟ですよね。

 

かつて福田和子・元受刑者から愛情を注がれた分、それを返そうとしているような印象を受けました。

 

極悪非道な人間ではなく、母親としての顔はとても優しく温かかった―ということを訴えた続けたいのではないでしょうか?

 

 

関連記事:脇坂英理子の元夫はどんな人?両親の職業&毒親のウワサは本当?!

 

関連記事:山辺節子 幼少期の心の闇が深い?!熊本県益城町の自宅豪邸の場所ほか【画像】

 

 

福田和子の動機は何?…まとめ

 

…とはいえ、私的には、親子愛ばかりが美化・誇張されるのはどうかと思う一人です。

 

あくまで福田和子・元受刑者は、人を殺めているわけですから。

 

本当に子供のことを考えていたのなら、なぜ15年間も顔・名前を変えて逃亡したのでしょう?

 

罪を犯しながらも長男と隠れて会ったり、近くに呼び寄せるという神経が、私には理解できなかったです。

 

1日も早く自首して刑期を終えるべきだったと思いますね。

 

 

【直撃!シンソウ坂上】では“長男視点”の母親・福田和子が描かれたわけですが…

 

逆に被害者遺族の視点を想像すると、こうした再現ドラマが繰り返し作られて放送されることって…とても残酷なことですよね…。

 

複雑な思いがします。

 

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧