速見コーチの金銭トラブルとは?暴力,パワハラ内容の見解も食い違い?!

読了までの目安時間:約 9分

 

 

体操の宮川紗江選手をめぐるパワハラ問題が連日話題になってますね。

 

日本体操協会の塚原夫妻と宮川紗江選手の対立も幾分トーンダウンし、暴力をふるった速見佑斗(はやみ ゆうと)コーチも処分を受け入れたことで収束していくかと思いきや…

 

今度は速見佑斗コーチの金銭トラブルの話が出てきました。

 

さらには宮川紗江選手が会見で否定していた暴力行為の詳しい内容まで、周囲の証言により明らかになってきたのです。

 

 

この記事では、速見佑斗コーチの金銭トラブルや暴力の中身についてスポットを当てたいと思います。

 

 

Sponsored Link
 

 

速見佑斗コーチの金銭トラブルとは?

 

8年以上前から宮川紗江選手のコーチを務めてきた速見佑斗コーチ。

 

フェイスブックを拝見しますと、宮川紗江選手の成長の過程をつぶさに記録しており、本当に堅い師弟関係があったことが伺えます。

 

そんな中で浮上した速見佑斗コーチの金銭トラブルの話は、宮川紗江選手とスポンサー契約を結んでいた「A社」から提供されました。

 

ワイドショーで「A社」と紹介されたこの法人は、最近、宮川紗江選手が契約解除したという「レインボー体操クラブ」のようです。

 

 

速見佑斗コーチの金銭トラブルを告発したレインボー体操クラブの主張をまとめますと…

 

●速見佑斗コーチから宮川紗江選手のスポンサー契約の話を持ちかけられ、2018年5月~2020年8月の契約を締結。ところが、後から宮川紗江選手が「大阪体育大学」とも2017年から5年間のスポンサー契約を結んでいることが発覚。事前に知らされていなかったため、二重契約ではないのか?

 

●速見佑斗コーチに対しては、すでに指導料を含めた「年間通信費」を支払っており、これは契約違反では?

 

●さらに速見佑斗コーチは事前相談もなく、鍼灸資格を持たないフィジカルトレーナーを宮川紗江選手に付けており、このトレーナーにも年間通信費を払わされた。もはや詐欺ではないか?

 

 

A社ことレインボー体操クラブの主張が真実だとして…

 

速見佑斗コーチが宮川紗江選手を“私物化”し、彼女をダシに不当な交渉を仕掛けて金銭をポケットに入れていたとしたら…とんでもないことになりますね。。。

 

 

これに対する速見佑斗コーチの見解は発表されてませんが、代理人の山口政貴・弁護士は以下のように反論しています。

 

そもそも揉めていません。

 

単にスポンサーが2つあるだけの話。

 

契約にまったく違法性はありません。

 

問題は無いという立場のようです。

 

…でも、トラブルが無いなら、スポンサーからの告発なんて出てこないはずなんですが…。

 

 

Sponsored Link
 

 

速見佑斗コーチの二重契約は問題ないのか?

 

速見佑斗コーチの持ちかけにより、大阪体育大学とレインボー体操クラブの2社で宮川紗江選手のスポンサー契約を締結していたことがわかりました。

 

代理人弁護士は「問題ない」という見解ですが、どうなんでしょうか?

 

確かにスポーツ選手に複数のスポンサーが付くことはよくあり、ユニホームに幾つかの会社ロゴが入っているケースも見たことありますよね。

 

ただ…今回のように二重契約が明るみに出て問題になり、片方のスポンサーが怒るケースって、そんなに件数は多くないでしょう。

 

それはおそらく、選手サイドから前もって複数契約になる旨の説明が行われ、スポンサーの承諾を得ているからだと思うわけです。

 

 

速見佑斗コーチからすれば「どことも専属契約を結んでないんだから複数契約してもいい」という主張かもしれませんが…

 

でも、もし自分がレインボー体操クラブ側の立場だったらどう感じるだろう…?と考えてみれば、良い気分はしないはずです。

 

私がレインボー体操クラブの立場だったら…

 

既存のスポンサー契約が別に存在することを隠されたまま契約し、後々になってから自社の宣伝・活動が制限されるようなことがあったら、ぜったい不愉快に感じますね。

 

 

みなさんはどう感じましたか?

 

 

Sponsored Link
 

 

速見佑斗コーチの暴力行為の内容がヤバイ!?こちらも弁護士が反論!

 

宮川紗江選手をめぐる二重契約問題&金銭トラブルを指摘された速見佑斗コーチ。

 

合わせて、その暴力行為の内容も明らかになってきました。

 

日本体操協会に寄せられた証言によると…

 

●(あるコーチ)海外遠征で速見佑斗コーチが激怒してキレそうになり、宮川紗江選手のTシャツを掴んで床フロアーから引きずり下ろした

 

●(ある選手)遠征先ホテルで同じ部屋だった宮川紗江選手の顔が腫れていることに気づき「どうしたの?」と尋ねたら「速見コーチに殴られた」と答えた

 

●(リオ五輪のコーチ・スタッフ)合宿で跳馬のトレーニング中、速見佑斗コーチが宮川紗江選手を立たせたまま1時間以上の説教をしていた。他のコーチが指導法をあらためるよう速見佑斗コーチに伝えたものの、それ以降、速見佑斗コーチが周囲を無視してチームのムードが悪くなった

 

ほかにも、体罰を加えた後なのに抱擁していたという証言や、行き過ぎた指導を目にした他国のコーチ・スタッフ・通訳も“ドン引き”したという証言も…。

 

 

これに対しても、代理人の山口政貴・弁護士は反論。

 

怒ることはあっても上記のような暴力行為は無く、昔はあったかもしれないが、直近1年は暴力は無い―という回答でした。

 

このコメントは山口政貴・弁護士が独断で出すわけはなく、速見佑斗コーチにヒアリング・確認しているはずですので、本人の意見と捉えていいと思います。

 

 

※追記です※

 

暴力の瞬間を捉えた映像が拡散されました。

 

2015年の出来事のようですが、この勢い…以前から、そしてそれ以後も日常的に行われていたような気がします。

 

 

 

こうした複数の目撃証言が出ているとすると、速見佑斗コーチは立場的に厳しいですね。

 

そもそも速見佑斗コーチは過去の暴力行為について認めているわけですから、あまり「直近1年は暴力行為は無い」とか言い切ると、さらに心証が悪くなるような気がしますね。

 

 

Sponsored Link
 

 

速見佑斗コーチの経歴や家族は?

 

渦中の速見佑斗コーチの経歴や家族について、わかる範囲で紹介します。

 

1983年9月27日生まれの速見佑斗コーチは、現在34歳。

 

長崎県出身の元体操選手で、関西高校~日本体育大学~徳洲会体操クラブ~セインツ体操クラブという経歴です。

 

実績としましては、ユニバーシアード競技大会日本代表決定競技会・個人総合22位(2005年)、全日本学生体操競技選手権大会・個人総合7位(2005年)、全日本体操競技選手権大会・個人総合19位(2005年)など。

 

 

家族が何人いて、結婚はしてるのか?など気になったので調べましたが、詳細はわかりませんでした。

 

ただ、速見佑斗コーチのフェイスブック2013年元旦の投稿では、結婚した妹さんが福岡県宗像市にマイホームを新築したという内容が書かれてました。

 

姪っ子ちゃんの可愛いらしい画像もあり、嬉しい様子が伝わってきましたね。

 

というわけで、両親のほか、妹さんもいることがわかりました。

 

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧