石川祐希の妹が裾花中から下北沢成徳高へ進学。身長やTwitterを調査!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

5月28日に開幕するバレーボール男子のリオ最終予選まで、あと少しですね!  

 

女子に続いて五輪行きのチケットを手に入れてくれることを期待しています。  

 

注目はやはりエースの石川祐希選手の活躍ですが、石川選手には同じくバレーボールで活躍する妹さんがいることは有名な話です。  

 

お名前は、石川真佑さん(16)。  

 

お兄さんは「祐」の字を使い、妹さんは「佑」の字になっているのが、若干トリッキー(笑)  

 

間違えないようにします…。    

 

 

真佑さんは全国中学校体育大会で2度の優勝を経験し、4月に下北沢成徳高校へ進学されたとのことで、これからメキメキと力をつけていくことでしょうね。  

 

真佑さんのあれこれを、調べてみました!    

 

 

石川真佑選手のポジションや身長や裾花中時代の実績は?

 

石川真佑  

 

石川真佑さんは2000年5月14日生まれ。   血液型はAB型だそうですので、気になる方は血液型占いで相性をチェックしてみましょう(笑)  

 

身長 172cmという中学3年時のデータを拾いましたが、育ち盛りでこれより縮むことはありえないでしょうから、現在は「172cm以上」とさせていただきます。  

 

ウィングスパイカーのポジションは、お兄さんの祐希選手と同じ。  

 

かつては"中学ナンバーワンスパイカー"と呼ばれた実力の持ち主です。  

 

 

兄妹そろってバレー選手という環境も、成長を早める一つのポイントだと思いますね。    

 

 

3月まで通学していた裾花中学校は、バレー強豪校として有名で、長野県長野市にある学校。  

 

真佑さんは愛知県出身ですから、親元を離れた生活を3年間過ごしながら、見事な成績を残したわけです。  

 

すごい情熱です!  

 

 

裾花中バレー部の今井一仁監督に私はお会いしたことがあるんですが、選手の能力を引き出すのがとてもうまい、素晴らしい指導者でしたよ。  

 

そのチームの中でメンタル面もフィジカル面も鍛えられた真佑さんですから、高校バレーでも旋風を巻き起こすでしょう!  

 

 

Sponsored Link
 

 

五輪選手を輩出している名門高校へ進学!Twitterでは応援メッセージも

 

真佑さんが4月から通っている下北沢成徳高校は、ご存じ、春高バレーの常連校。  

 

大山加奈選手、荒木絵里香選手、木村沙織選手などのオリンピック選手を輩出してますよね。  

 

ここで更に技術を高めていけば、真佑さんのオリンピックロードも間違いなし?!    

 

 

Twitter上では、高校進学後のプレーを観戦したファンのつぶやきも。  

 

 

「来年はぜひ真佑ちゃんも全日本へ!!! 」  

 

 

「まゆさんやっぱりお兄さんに似てる」  

 

 

「ホントに真佑ちゃん凄いな。石川兄妹恐るべし… 」  

 

 

といった声が流れております。    

 

 

お兄さんの祐希選手の最終予選も大注目ですが、真佑さんの今後の動向も、要チェックですよ!  

 

 

 

 

201717日、追記です※

 

ついに春高バレー2017で石川真佑さん(下北沢成徳高1年)が堂々デビューし、いい動きを見せているようです!

 

 

春高バレーあついな。

石川の妹可愛いしうまいわ高1とか伸びしろありやんな。

 

 

やっぱり下北沢成徳強い

すごい迫力ある

石川祐希クンの妹石川真佑チャンでとる

なんか、祐希クンに似とる

 

 

石川妹選手も良いスパイク。

こちらも期待。

 

 

18日に行われる「下北沢成徳VS就実(岡山県)」の決勝が楽しみですね!

 

↓↓↓

 

決勝では、下北沢成徳が3-0のストレート勝ちを収めて優勝しました!

 

おめでとうございます!

 

石川真佑選手の今後にも更に期待ですね!

 

 

 

タグ : 

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧