三億円事件の犯人は少年Sと兄貴分Fか?!現在価値は約10億円!

読了までの目安時間:約 10分

 

 

日本の犯罪史上、最大のミステリーとも言われている未解決事件が【三億円事件】(1968年12月10日)ですね。

 

昔、あの有名な“白バイ男”のモンタージュ写真をネタにして「お前の父ちゃん、犯人に似てるよな~?」と言う冗談が流行りませんでしたか?私の学校では流行りました…。

 

それはさておき、今回の記事では、三億円事件の経過や犯人像をテーマにしたいと思います。

 

ちなみに事件当時の「三億円」は、現在価値でいうと約3.5倍の10億円くらいだとか。すごい額ですねぇ…。

 

 

Sponsored Link
 

 

三億円事件のあらまし

 

延べ16万人の捜査員&10億円の捜査費用が投じられたものの犯人特定に至らず、時効が成立した三億円事件。簡単に経過を整理します。

 

●1968年12月10日AM9:30頃、東京都府中市栄町にある学園通りにて、東芝府中工場の従業員のボーナス(2億9,430万7,500円)を乗せた現金輸送車(黒色のセドリック)が、1台の白バイ男に止められた

 

●白バイ男は「巣鴨の支店長宅が爆破された。この車にも爆弾が仕掛けてあるかもしれない」と言い、車内の銀行員4人に降りるよう指示。発炎筒をたいてダイナマイトに見せかけ、4人が避難した隙にセドリックを運転して逃げ去った

 

●この事件の4日前、日本信託銀行・国分寺支店長宛に「現金300万円を指定場所に持って来ないと、店長宅を爆発する」という脅迫状が届いていた。犯人は姿を現さず未遂に終わったが、この脅迫騒動を銀行員たちが知っていたため、何の疑いも持たず白バイ男の指示に従ってしまった

 

●現場に残されたバイクは、白バイっぽく見えるように細工された“偽装マシン”だった

 

●通報を受けた警察は、東京都全域に緊急配備を敷いたが、白バイ男を捕まえられず。その後、乗り捨てられたセドリックや、逃走用に使われたカローラを発見した

 

●白バイ男は120点余りの遺留品を残していたことから「事件解決は早い」と楽観視されていたが、有力な手がかりは得られず。大量の捜査員による人海戦術もむなしく、1975年に公訴時効が成立し、1988年に民事事件としても時効を迎えた

 

 

三億円を積んだセドリックが強奪された現場は、↓この学園通り辺りです。

 

 

 

府中刑務所の北側、付近には小学校・高校があります。

 

1968年12月10日は火曜日の平日でした。

 

犯行時刻は児童・生徒の通学時間から外れていますし、この日はまばらな雨が降っていましたから、人通りが少なく静かだったかもしれません。

 

 

Sponsored Link
 

 

三億円事件の犯人と言われた少年Sとは?

 

白バイ男のモンタージュ写真は、30代以上の方なら誰しも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

ところが、このモンタージュ写真は別人の偽物の合成写真だと報じられてびっくりしましたよね。じゃあ、写真の男はどこの誰なの…?と。

 

 

警察の捜査の中で、さまざまな犯人像が浮かび上がりました。

 

その中でも代表的な犯人像が、立川市で車両窃盗などを行っていた非行グループ「立川グループ」のリーダー格だった少年S(当時19歳)でした。

 

なぜ、少年Sが怪しかったのかと言いますと…

 

・父親が白バイ隊員だったから

 

・事件前に、東芝や日立の現金輸送車を襲う話を周囲にしていたから

 

・銀行員4人も「当日見た犯人に似ている」と供述したから

 

・事件の5日後に(少年Sが)青酸カリを使って自死したから

 

 

こうした情報が揃っていれば、確かに少年Sは犯人に間違いないと思ってしまいますが…

 

脅迫状の筆跡や切手に付着していた唾液を分析した結果、少年Sのものとは一致せず、警察は「シロ」と判断したのです。亡くなった後に部屋も調べたそうですが、現金は見つからなかったそうです。

 

 

Sponsored Link
 

 

三億円事件の犯人像…複数犯説が有力⁈兄貴分のFとは?

 

とはいえ、少年Sを取り巻く状況や自死したタイミングを見ると、事件に何かしら関与していそうだと感じるのは私だけではないはず。

 

私的には、少年Sの単独犯ではなく、立川グループの他メンバーも協力した事件なのでは?と想像します。

 

さすがに、たった1人で逃走車手配や現金強奪を行い、捜査網をくぐり抜けながら三億円を隠す…という作業はかなり難しいと思うからです。

 

かと言って、大人数の組織で動くような緻密な手口は感じられません。犯人は2人か、いても3人くらいか…。

 

 

巷では「単独犯説」「複数犯説」とに意見が分かれてますが、私は複数犯説を推します。あなたはどちら派でしょうか?

 

現にもう1人、警察にマークされた人物がいました。立川グループの兄貴分のFという人物です。

 

Fは福生市でバーのマスターをしていたそうですが、三億円事件後に急に金持ちになり、フィリピン・マニラに移住したという話ですよね。怪しすぎます…。

 

それでもFが逮捕されなかったということは、少年S同様、犯人だと断定する証拠はなかったということですね。

 

 

Sponsored Link
 

 

三億円の行方は?従業員のボーナスは保険で補償された模様…

 

当時の三億円(現在価値10億円)といえば相当な額ですから、隠すのも大変なら、使う場合も注意しないといけません。あまり派手に使い込むとバレますからね。

 

そういう意味では、海外に逃亡するのが時代的には“良い選択”だと思います。

 

犯人は三億円をどうしたんでしょうかね?

 

“タンス貯金”で目立たず質素な暮らしをしているのか、投資にうまく運用して金額を増やしたのか、それともギャンブル・カジノで溶かしてしまったか…。

 

まぁ強盗犯ですから「貯金して質素に」は可能性ゼロだと推測します。ギャンブルか投資で、ほとんど使ってしまったような気がしますね。

 

 

ギャンブルや宝くじで一生使い切れないほどの大金を獲得した人は、その後の人生を狂わせているケースが多いと聞きます。

 

あくまで参考ですが、宝くじ高額当選者のお金の使い道ランキングを見てみると…

 

1位 貯蓄

 

2位 マイホーム購入・リフォーム

 

3位 借金返済

 

4位 車の購入

 

5位 旅行

 

…という結果だそうです。日本人らしいですね。

 

一方、数十億円が当選する海外の例ですと、当選後に行方不明になったり、ギャンブルで散財したり、薬漬けになったりと悲しい末路が多いですね。

 

 

話が脱線してしまいました…。

 

三億円事件では、東芝府中工場の従業員のボーナスが奪われましたが、日本信託銀行・国分寺支店は、事件前に損害保険をかけていました。

 

さらにその損保会社も海外の損保会社と保険契約を交わしていたため、結局、三億円は海外の損保が負担しました。つまり、国内の銀行・企業は(三億円については)損失なしだったようです。

 

従業員のボーナスは何とか支払われたのだと思われます…。

 

関連記事:グリコ森永事件の犯人像&真相とは?産廃業者説やロッテ説ほか

 

まとめ

 

三億円事件が起きて以来、大金をいとも簡単に奪い去った犯人をリスペクトするような意見も一部にありました。

 

しかし、この事件には「偶然」と「犯人の悪運」が作用したことは間違いないですね。

 

白バイ男が残した120点余りの遺留品を前に「この事件は即・解決できる」と踏んだ捜査員に過信・怠慢もあったという分析も…。

 

確かに、初動捜査で後手に回っている様子から、犯人を甘く見ていた雰囲気はありますよね。

 

今さら何を言っても変わりませんが、三億円事件は今後も折に触れて話題になりそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧