わくわくさんは現在YouTuber?相方はゴロリから水溜りボンドへ

読了までの目安時間:約 4分

 

YouTubeに久々登場のわくわくさん。逮捕のウワサはやっぱり嘘?

 

わくわくさん 久保田雅人

 
 
NHKの子供向け番組『つくってあそぼ』に出演していた“わくわくさん”こと久保田雅人さん(54)。
 
 

 
2013年に23年間にわたる放送が終了となりましたが、当時はその理由について「何かやらかして逮捕されたんじゃ…」「もしかして他界されたとか…」といった、根も葉もないウワサが飛び交いましたよね…(^^;
 
 
しかし現在、その“工作の伝道師”がYouTubeで再登場し、視聴者から「懐かしい~!」と注目を集めております。
 
 
ユーチューバー「水溜りボンド」さんの動画にゲストとして出演したんです。
 
もちろん、トレードマークのメガネ&帽子姿でした~(^^)
 
 
これからゲスト出演が増えるのか、いや、自分のYouTubeチャンネルを作って新しいパフォーマンスを繰り広げるのかな??
 
とても気になりますね!
 
 

わくわくさんと水溜りボンドのコラボ動画ってどんなの?つくってあそぼの裏話も…

 
わくわくさんの“復帰”となったゲスト出演動画の内容は……
 
コカ・コーラにメントスを入れたり、1回1,000円する自動販売機に挑戦したりと、ちょっとした実験ものでした(笑)
 
 
まぁ、ゲスト出演ですから、ここは水溜りボンドさんが用意した台本に沿ったということで。
 
でも、あのわくわくさんが、ペットボトルから溢れるメントスコーラに歓声を上げるシーンなんて、とても貴重すぎます。
 
 
当時の相方だったキャラクター「ゴロリ」が隣にいなくても、とっても楽しそうなわくわくさんなのでした…。
 
 
 
そういえば、動画の中で語る「つくってあそぼ」時代の裏話も面白かったです。
 
 
・ゴロリの設定は“5才の子熊”
 
・わくわくさんの設定は“世界をまたにかけて活躍するデザイナー”
 
・工作の映像撮影は3日かかっていた
 
・(久保田雅人として)わが子の夏休み工作を手伝ったら全国大会に出品された
 
…とか、興味深いエピソードが楽しめます。
 
 
NHKの番組ではないですからね、ついつい、わくわくさんの舌も滑らかになるでしょう(笑)
 
 
Sponsored Link
 
 

各地で工作を教え続けるわくわくさん。これからの活動の方向性は?

 
今回は有名なユーチューバ―との共演ということで話題になりましが、普段から、わくわくさんは工作イベントや講演などで各地を回っているそうですね。
 
1990年に『つくってあそぼ』が始まった当時も、ノーギャラで幼稚園を回って工作ショーしながら“見せ方”を学んだといいますから、さすが、中学・高校の教員免許を持っているだけありますね~。
 
 
やっぱり、子供に物づくりを教えて“ワクワクさせる”ことが好きなんですよ、きっと。
 
作品に対しての思い入れも相当だと聞きますし。
 
 
小林顕作の真田丸出演でオフロスキー以外の才能をみいつけた!
 
 
せっかくスタジオで作った作品を、清掃スタッフの人が誤って捨ててしまった際は「ゴミじゃねえんだ!ばかやろう…!」とブログで怒りをぶつけたことも…。
 
それだけ、工作と真剣に向き合っているということですよ。プロですよね。
 
 
『つくってあそぼ』が終了した本当の理由は「番組の趣旨に合う工作ネタが尽きた」ということでしたが、私としては、ぜひユーチューバ―として、新ネタでの復活に期待しますね~!
 
 
 
最後に、水溜りボンドさんとコラボした動画をどうぞ。
 
【メントスコーラをつくる】
 
 
 
【1,000円自販機であそぶ】
 
 
どうでしょう? 
 
わくわくさん、さすがの安定感、けっこう楽しんでます。
 
 
メントスコーラ動画の方は、本日現在で再生130万回を超えてますよ!
 
もし、わくわくさんがユーチューバ―になって工作動画シリーズをアップしたら、再生回数がガンガン上がりそうですね~。
 
ゴロリに変わる新しい相方として、今のうちに私が立候補しようかな~?笑 
 
 

 

タグ : 

芸能

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧