サボさんの声&中の人・佐藤貴史って誰?たんぽぽ川村からの告白も!

読了までの目安時間:約 4分

 

佐藤貴史はサボさんの着ぐるみの中の人でもあり、声優でもある

 
サボさん 佐藤貴史
 
 
NHKの子供向け番組『みいつけた!』に登場する「サボさん」って面白いキャラですよね~。

 
 
歌手だったりバイオリンが弾けたりする“大人のサボテン”という設定ながら、時にはオカマキャラに変身して「トゲトゲ(サボサボ)しちゃうわよ~♡」「知らないんだから~♡」と言って、コッシーやスイちゃんに襲いかかります…(笑)
 
声優さんの声もシブいですし、わが子と一緒にテレビを観ながら「一体誰が演じてるんだろう?」と疑問を持ちました。
 
 
で、調べてみますと…
 
サボさんの中の人は、声優の佐藤貴史さん(41)という方でした!
 
声の方も、佐藤さんご本人です。
 
 
俳優もやられていて、みいつけた!以外にも舞台などで活躍されているんですよ。
 
今回は、そんな佐藤さんの横顔に迫ってみたいと思います!
 
 

佐藤貴史のプロフィールは?お笑い、声優、俳優など幅広い活動を展開!

 
佐藤貴史
 
 
上の画像が佐藤さんです。愛称は「さと兄(にい)」だそうです。
 
声から想像して、ごつい男性をイメージしていましたが…。
 
メガネをかけてますので、インテリのような雰囲気がありますね~。
 
 
プロフィールはこちらです。
 
 
【佐藤 貴史(さとう たかし)】
 
 
出身       栃木県大田原市
 
生年月日     1974年12月17日
 
身長       168cm
 
血液型      A型
 
所属       セントラルプロダクション
 
特技       バイオリン
 
 
駿河台大学卒業後、一時はホリプロ所属のお笑いタレントだったと知って、意外だな~と思いました。
 
…いや、サボさんのセリフとか動きとかネタとかを見ると、お笑いのセンスが高そうですから納得できますかね~。
 
(演出の全てを佐藤さんが担当されてるかはわかりませんが…)
 
 
2000年から劇団「サモ・アリナンズ」に入って俳優活動をスタートし、2009年からサボさんを担当されてます。
 
そういえば、サボさんの中に入って演じるような仕事を「スーツアクター」というらしいですね。
 
和製英語なんですが、なんか音の響きがカッコいい~!
 
 
それにしても、みいつけた!に出演している方って芸達者が多いですよね~。
 
オフロスキーこと小林顕作さん(45)も、劇団「コンドルズ」のメンバーとしてコント脚本を書いたり、作詞作曲もこなしたり、大河ドラマ「真田丸」にも出演されているじゃないですか~。
 
 
小林顕作の真田丸出演でオフロスキー以外の才能をみいつけた!
 
 

たんぽぽ・川村から告白された結果は…?7月には東京・大阪で舞台公演も

 
Sponsored Link
 
 
そんな佐藤さんですが、以前に「さんまのスーパーからくりTV」で、お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコさん(36)から“間接的”な告白を受けたらしいですね!
 
これに対して佐藤さんは「スタイル抜群だと思うけど、顔がタイプじゃない」と丁重にお断りしたとか…。
 
 
とはいえ、佐藤さんと川村さんは2人でユニット舞台を上演するなど、お仕事では仲が良いようです。
 
お互いにお笑いをやっていた(やっている)わけですから、ぜったい面白い舞台だったに違いないですよ(笑)
 
 
ちなみに…
 
川村さんといえば、2016年3月にTENGAの松本光一社長との交際が報じられましたから、佐藤さんとのことは過去の事ということで…ww
 
 
さて、現在の佐藤さんは、7月8日~24日に東京と大阪で行う舞台『ママと僕たち』に向けて稽古に打ち込んでいらっしゃるようです。
 
舞台のフライヤーはこちら!
 
 
ママと僕たち
 
 
赤ちゃんたちが大人になってママのピンチを救うファンタジックストーリーとのことですが、画像に写っているデーモン閣下の役どころが非常に気になります(笑)
 
 
興味のある方は、ぜひチケットをゲットしましょうね!
 
 

 

タグ : 

芸能

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧