アクセルローズの激太り画像とは?痩せた現在や骨折、性格が丸い件

読了までの目安時間:約 5分

 

アクセルローズが北米ツアーへ。過去の激太り画像については削除要請へ!

 

アメリカの伝説のロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」が、6月23日から北米ツアーをスタートさせましたね!

 

私、約20年前の最盛期のころ、ガンズが大好きでしてね~。

 

友達とコピーバンドを組んで、週1回はスタジオを借りて曲を練習してましたよ。

 

 

当時の私の担当はボーカル。

 

そうです、あの“キンキン声”を響かせるボーカリストのアクセル・ローズ(54)を真似してたんですよ!

 

ビデオ観ながらパフォーマンスを研究したり、アクセルみたいな高い声出すために自宅でトレーニングしてました(今思えば、100%自己流ですけど…)。

 

 

で、たまたま自宅に来た親戚のおじさんがガンズのライブ映像を目にして「…こんな音楽を聴いてるのかい…?大丈夫…?」と、なぜか心配されたのが懐かしい思い出です!笑

 

 

そのアクセルですが、数年前には「激太り」画像が出回り、われわれファンにとってはショッキングなニュースでしたね~ww。

 

最近では、アクセルがGoogleに対し、過去の激太り画像の削除を要請したらしいです!

 

Googleはこれに応じないようですが、現在のアクセルってどうなんでしょうか?

 

 

激太り画像はまるで別人?痩せた現在の画像と比較してみた!

 

アクセルローズ

 

 

はい、上がその激太り画像ですね。2013年ですか。

 

確かに…往年のアクセルとは別人、かなりお顔が肥大化しております…。

 

 

でも、50を超えて歳も歳ですから、色々ストレスとか事情があったんですよ、おそらく。

 

体型のコントロールが難しい中でも、ステージに立ってパフォーマンスをしたこと自体が凄いと思いますよ。

 

 

画像はショックではありますが、ガンズは私にとっての青春ですから、トレードマークの赤いバンダナ姿を見るだけで、感慨深いものがありますよ、ホント(笑)

 

コピーバンドやっていた当時なんて、私の周囲にも何組も“ガンズバンド”がいましてね、同じく頭にバンダナ巻いたり、裸でギター弾いたり、鼻にピアスしたり…している輩ばかりでした(爆笑)

 

 

話を戻しますと、その後のアクセルは上の画像よりはスリムになりました。

 

 

アクセルローズ

 

 

これ2016年ですね。

 

いいですね~カッコいい!

 

そうです、昔からマイクにも赤いカバーが付いてました!

 

 

骨折してもギプスでライブ決行!昔よりも性格が丸くなった?

 

Sponsored Link
  

 

アクセルは2016年4月には、スラッシュ、ダフ・マッケイガンという“クラシックメンバー”を含めた再編成ガンズで公演してました。

 

5月にはAC/DCのフロントマンも務めてますし、ますます精力的に活動しているようですね~!

 

 

ただ、ちょっと勢いが良すぎてしまったのか、ライブで足を骨折…!!

 

このような、ギプスをしたままの痛々しい姿で公演されたのも最近なんです…。

 

 

アクセルローズ

 

 

 

それでも、ライブをしてくれたのが嬉しいじゃないですか。

 

かつてのアクセルでしたら、観客の態度が悪かったらマイクを叩きつけてステージを降りるとか、注意しても聞かない観客に向かってダイブするとか、もしくはライブやらない!とか、そういう感じの人だったですから…ww

 

 

昔よりは性格も丸くなったということでしょうか??

 

ガンズとして新曲の構想も温められているようですし、久しぶりに日本に来ないかな~。

 

 

 

タグ :  

芸能

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧