ろくもん電車(しなの鉄道)の口コミは?座席の料金や予約&運行日も

読了までの目安時間:約 6分

 

今夏は観光列車「ろくもん」で旅行するプランはいかが?

 

ろくもん 観光列車

 

 

夏休みが間近ですね!

 

今年は最高に暑くなるそうですから、避暑地にでも逃げ込みたい~なんて考えてる方も多いはず。

 

昨年に比べればレギュラーガソリンがリッター当たり10円以上安くなってますから、逆に車の移動は混雑しそうかな?

 

…と予想しますと、今年の夏旅行は電車でGO!というプランはいかがでしょうか~(^^)

 

 

「避暑地」「電車」のキーワードでいろいろ調べたところ、しなの鉄道(長野県)の軽井沢駅~JR長野駅を走る観光列車『ろくもん』なんてイイんじゃないかな~と思いました。

 

車窓を流れる山の景色を楽しみながら食事ができる座席になってますし、趣向を凝らした“演出”がいくつもあるそうですからね!

 

途中の観光地に降り立って、観光スポット巡りするのも一興でしょう~。

 

 

まだ、夏の旅行プランを決められてない方は、選択肢の一つに加えてみては―。

 

 

ろくもんとはどんな観光列車?車内の雰囲気がわかる動画はこちら!

 

ろくもん 観光列車

 

 

『ろくもん』とは、長野駅~軽井沢駅を1時間30分~2時間20分ほどで運行する観光列車のこと。

 

この名前は、上田市を故郷にする戦国武将・真田幸村の家紋「六文銭(ろくもんせん)」から付けられたんですよね。

 

列車の色は、真田氏の武具に合わせたというレッド!

 

私は鉄道マニアではありませんが、確かに鎧っぽいイメージのデザインで渋いですね~(^^♪

 

ちょうどNHK大河ドラマ『真田丸』も放送中ですし、途中下車して上田城に寄るというもアリでしょう!

 

 

ろくもんは3両編成で、車内は地元産の木材を使ったラウンジ風。

 

ふすまで仕切られた和風個室があったり、子供が遊べる「木のボールプール」が設けられてたりするんですって~。

 

ファミリーでも寛げるように配慮されてるのも素晴らしいですね!

 

 

 

こちらの動画で車内の様子がわかると思います。

 

 

 

料理も長野県産の食材をふんだんに使った懐石料理と洋食コースが選べるとか。

 

懐石といえば、修行中のお坊さんが食べるやつですよね?

 

確か、一時的に空腹を満たす食事…じゃなかったでしたっけ?

 

あ、なるほど、他のメニューやお土産も買ってください!ということ?笑

 

いや~それにしても、オシャレで豪華な観光列車ですね~(^^)

 

 

ろくもんの料金や運行日、実際に乗った人の感想は?

 

Sponsored Link
 

 

気になる料金は、食事付きプランが1人12,800円

 

希望の区間を乗るだけなら、乗車券のみでOKです。

 

(指定席券は別途、大人1,000円・子供500円がプラス)

 

 

原則として金・土・日・祝日に運行しているようですが、食事付きは人気らしいので早めの予約が必要みたいですよ~。

 

ちなみに、旅行する予定日の2カ月前から予約ができるようです。

 

 

実際に、ろくもん列車の旅をした人の感想をネットから拾ってみました。

 

 

おいしい料理と飲み物を堪能しただけでなく、沿線のみなさんや、しなの鉄道のみなさんのホスピタリティー溢れるおもてなしに触れた楽しい電車の旅でした。

 

 

賛否両論、いろいろな意見があるようですが、わたしは、このリノベーション、ラブです

(中略)

りんごジュースを買ってみた。

お値段はリンゴの種類で200円と250円。コーヒーは、200円でしたよ。

紅茶もおけばいい。。。注文すると席まで運んできてくれます。

でもさあ、これは良心的な値段だよね~。 

他の席はワインやチーズが人気でした。

ちなみに、写真ののりんごジュースは、ろくもんオリジナルラベル。愛を感じますね。

 

 

秋晴れの中、ノンビリ走る電車の中で、まったり。

時々通過する駅で、地元の人達が手を振ってくれたり。

(中略)

もう一度、来年にでも「ろくもん」に、今度は夕暮れから乗ってみたいです!

 

 

…といった声がありました。

 

 

ろくもん 懐石料理

 

 

さらに…

 

私は先日、職場の同僚に「ろくもんって知ってる?」と尋ねてみたところ、「知り合いの鉄道ファンが乗ったことあるって言ってました」とのこと…。

 

 

 

その同僚伝いで感想を聞いてみました。

 

●合皮の席と布地の席があり、食べこぼしても掃除が楽

 

●4人席にはテーブルが折りたたみ式になっていて、広げてゆったり使える

 

●窓が大きいので、始発駅では車外からの視線を集めて“動物園状態”になる

 

●普通列車用115系を改造した割には良い車両で、足回りには手を加えてないので、走行音は普通列車そのもの

 

 

…とのこと。

 

これはまた、別の視点からの細かいご意見がゲットできました~。

 

やはり鉄道ファンは「走行音」まで気にするんですねww

 

さすがです!

 

 

 

タグ :   

イベント・企画

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧