高橋昂也の変化球や球速は?久喜シニア出身で2016ドラフト候補!

読了までの目安時間:約 5分

 

最高球速152キロの左腕・高橋昴也(花咲徳栄)が甲子園へ!

 

甲子園出場を決めた埼玉県代表「花咲徳栄」のエース・高橋昴也選手(3年生)が、2016年のドラフト候補としても注目を集めてますね!

 

恵まれた体格から最速152キロの速球を投げる左腕で、埼玉大会では奪三振ショーを見せてましたよね。

 

高校生で150キロ超え、しかもサウスポーというのは珍しいのでは?

 

 

たまに、私はバッティングセンターに行って日ごろのストレスを振り払って来ます(笑)が、120キロでも当てるのが精いっぱい…。

 

「バットを構える姿はAロッドに似てる」と友人に言われますが、ブンブンと空を切るスイングで手首を痛めたくらいですww

 

 

先日、日ハムの大谷翔平投手が日本最速の163キロを連発してましたが、最近ではプロだけに限らず、投手の球速レベルが全体的にアップしてる気がするのは私だけでしょうか?

 

それは、日本の投球メソッドの進化なんでしょうか、はたまた、高いポテンシャルを秘めた選手が増えたということなんでしょうか…。

 

 

とにかく、高橋選手が甲子園でどのような活躍を見せるのか、そして更なる球速アップが見られるのか、すごい楽しみですね~!

 

 

高橋昴也のプロフィールや変化球について。プロでも通用する?

 

高橋昂也

 

 

あ、名前ですが、高橋昴也(たかはし こうや)とお読みします。

 

埼玉県久喜市出身、1998年 9月27日生まれの17歳、身長181cm、体重81kg、左投げ左打ち。

 

150キロ超えの球をポンポンと投げられるわけですから、しなるような柔軟な体の持ち主なんだと思いますね。

 

体幹トレーニングとかもやられてるのかな?

 

 

経歴としましては、栗橋東小3年生のときに軟式野球を始め、栗橋東中時代は久喜リトルシニアに所属し、中3の春に関東大会出場を果たしました。

 

 

とはいえ、速球は抜群でも変化球はどうなの?というのは気になります。

 

投球は「緩急がカギ」と言いますからね、いくら速い球を投げられても、それだけでは戦えませんもんね。

 

で、高橋選手の変化球について色々調べてみますと…

 

スライダー、フォーク、カーブ、スクリュー、ツーシームを使い分けるらしいですね!

 

 

うん、それぞれの変化球のレベルはわかりませんが、攻め方のバリエーションはありそうです。

 

 

プロを目指すとしたら「いかにバッターを惑わすか」のスキルも必要になってくるでしょう。

 

豪速球でねじ伏せる投球もカッコいいですが、バッターのポイントをずらして「打たせて取る」という技術もシブいですからね~。

 

 

NMB48山本彩のファンで応援歌は『ナギイチ』!Twitter上で嬉しい出来事も…

 

Sponsored Link
 

 

そんな高橋選手ですが、17歳の高校生らしい一面も見せてますよ~。

 

アイドルのNMB48・山本彩さん(23)大ファンなんですってね~(^^♪

 

山本さんがセンターを務めた曲『ナギイチ』を応援歌にしてるほど!

 

 

で、そのことを別のファンから知らされた山本さんは、ご自身のTwitterでこんな風にツイート。

 

 

うわ~~嬉しい

ナギイチを使って下さっているという事にも感動です

 

有難い。。

 

そして、成績も凄い!

注目ですね~!!!!

 

 

……高橋選手、これを見て、めちゃくちゃ喜んでるんじゃないでしょうか?!

 

 

なんか、羨ましい…。

 

憧れのアイドルからこんなコメントをもらったら、私だったら有頂天になっちゃいます(笑)

 

こうなったらもう、甲子園では155キロ、いやそれ以上の球速を出して山本さんに猛アピールするしかないですね…ww

 

 

なんて冗談を言ってますが、今は甲子園に向けて浮かれてる場合じゃないですもんね。

 

ドラフト候補だし、プロの世界を目指すエースですから。

 

 

甲子園での奪三振ショーを期待してますよ!

 

 

 

タグ :   

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧