紀平梨花の歯と3a(トリプルアクセル)の関係は?誕生日やコーチの件も

読了までの目安時間:約 6分

 

期待の天才スケーター・紀平梨花が合宿で3a(トリプルアクセル)を連発!

 

紀平梨花

 

 

フィギュアスケートで「トリプルアクセル(3A)」という言葉をよく耳にしますけど、冷静に考えてみると空中で回転するわけですから、かなり難易度が高い技ですよね。

 

しかも「トリプル」と言っても正確には、前向きで踏み切ってクルクルして後ろ向きで着氷するので、3回転半ということなんですよね。

 

で、単発じゃなくて、この技を演技中に挟み込んでいくわけですから、フィギュアスケート選手の並々ならぬ努力に感激してしまうほどです…。

 

 

前置きが長くなりましが…

 

目下、女子フィギュア界で天才と称されている紀平梨花(きひらりか)選手(14)が、7月29日の全日本ジュニア強化合宿でトリプルアクセルを5度も決めて関係者を驚かせたって話です。

 

体も細いうえに、運動能力も高いんでしょうか、現在60%の確率でトリプルアクセルを跳べちゃうようです。

 

そして、さらに圧巻なのは、そのトリプルアクセルを跳んだ後に「3回転トーループ」をプラスで付ける連続技も4度成功させたらしいですね~!

 

 

それでも、紀平選手ご本人から言わせると「調子はあまり良くなかった」と余裕の笑顔。

 

最近では、同じ14歳の本田真凜選手が「かわいすぎる!」とニュースになってましたが、紀平選手も負けてませんね!

 

こちらも、恐るべし!の14歳スケーターの誕生です( ゚Д゚)

 

 

紀平梨花のトリプルアクセル成功の秘訣は歯の矯正?

 

紀平梨花

 

 

トリプルアクセルといえば、以前は浅田真央選手の代名詞。

 

これまでも成功させた女子スケーターは、世界スケート連盟公認大会では6人しか前例がないそうですよね。

 

紀平選手はまだ公式戦で跳んだことはないそうですけど、いずれ大会でバンバンとトリプルアクセルを決める姿が観られるんじゃないでしょうか~。

 

 

そういえば、上の画像なんですが、紀平選手の「歯」に視線が行きます。

 

ははぁ~これから大会で注目されるから歯の矯正をしてるのかな?と素人考えで安易に判断したんですが、理由は他にもあるみたいですね。

 

フィギュアスケートで安定したジャンプをするためには、歯の噛み合わせもしっかりしていることが必要だとか。

 

つまり、ジャンプする際には歯をグッ!と食いしばって飛ぶため、噛み合わせが悪いと力が加わらないというか、力が逃げちゃうわけです。

 

ですので、100%の力が出せるように、デンタルクリニックにも通う選手も多いんです。

 

もしかしたら紀平選手の大技連発も、歯の矯正による成果なのかも…。

 

 

紅林大空は彼と同棲?本名や事務所&歯列矯正や髪色がカラフルな件…

 

 

男子の羽生結弦選手だって歯を矯正されてますし、そこから印象が変わりましたよね~。

 

芸能人だけじゃななく、スケート選手も大技を決める裏側では歯をお手入れされてるということ。

 

いや~勉強になりました!

 

もちろんテレビ映りにも影響しますもんね(笑)

 

 

誕生日や身長などプロフィールは?ベテランコーチ・濱田美栄が指導!

 

Sponsored Link
  

 

今回の「トリプルアクセル5度成功」を受けての巷の反応を拾ってみました~。

 

3A-3Tは男子でも難しいのに…………すごい。ぜひ世界で7人目の成功者になるといいね。

 

 

紀平梨花選手には頑張って貰い3Aの後継者になって欲しいですよ。

まずはJrで世界チャンピオンになるなり、世界の大舞台で3Aをきめ最高の演技を見せてから、天才や武器の称号を自ら手に入れた方が良いと思う次第です。

 

 

紀平さん、3A+3Tとか男子かよwww 近いうちにプログラムに入れられるようになると良いね

 

 

紀平さん凄いな。セカンド3T得意なのかな?コンボにできるということは、それだけ安定して3Aが跳べているのだろうな。

 

 

やはり、公式戦での成功を早く観たいですね!

 

……と、あまりプレッシャーをかけるのも良くないですかね…(^^;

 

 

さて、紀平選手のプロフィールにも少し触れますね。

 

生年月日は2002年07月21日(誕生日を迎えたばかり!)、 兵庫県西宮市出身、身長149㎝、血液型O型……とのこと。

 

中学校は、西宮市立上ヶ原中学校に通われてるようですね。

 

現在は「関西大学カイザーズフィギュアスケートクラブ」に所属して練習を積んでいます。

 

 

コーチは、2015年世界選手権・銀メダリストの宮原知子選手らを育てた濱田美栄さん(56)。

 

数々の国内選手の指導を手掛けられてますから、きっと紀平選手の実力を引き出すアドバイスをされてるんでしょうね。

 

フィギュアスケートは、もちろんトリプルアクセルのような大技も大切ですが、「表現力」も重要ですよね。

 

 

これから紀平選手の演技力が高まったとしたら、どんでもないスター選手になりそう…。

 

 

 

タグ :  

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧