重量挙げ女子・八木かなえの記録や筋肉&彼氏は?東京五輪に期待!

読了までの目安時間:約 6分

 

女子重量挙げ・八木かなえの筋肉に見とれちゃう?リオ五輪で奮闘!

 

八木かなえ 筋肉

 

 

開幕したリオオリンピックの重量挙げ女子48kg級で、三宅宏実選手(30)が銅メダを獲得しましたね~。

 

腰痛と闘いながらの競技で色々と苦労が多かったようですが、ひとまず、おめでとうございます!

 

あらためて、重量挙げ(ウエイトリフティング)って凄い競技だと感心しますよね。

 

自分の体重よりも重い“カタマリ”を、自分の頭上に持ち上げるんですから……。

 

このウエイトリフティングこそ、全身の上から下までの筋力をまんべんなく鍛えないとできませんよ…。

 

腕の力だけで持ちあげても、支える下半身が弱ければ耐えられませんし、その逆もしかりです。

 

気合と勢いと精神力が求められます( ゚Д゚)

 

 

前置きが長くなりましたが……

 

その三宅選手に憧れてリオに挑み、これから将来も有望な八木かなえ選手(24)=アルソック所属=が注目されてますね!

 

上の八木選手の画像を見てください。

 

やっぱり腕が太いですよね!

 

これが競技中となると、体の“興奮状態”をつくり出しますから、さらに筋肉が際立つんじゃないでしょうか。

 

 

土性沙羅が壮行会で金を宣言!成績やランキングや筋肉画像を検証!

 

 

…それにしても、八木選手はルックスも、とてもかわいいアスリートですね(*^^)

 

人気が出ないはずがないですよ。

 

 

八木かなえ(53㎏級)の自己ベスト記録は?今後の記録更新も楽しみ!

 

八木かなえ 重量挙げ

 

 

八木かなえ選手は兵庫県神戸市出身で、1992年7月16日 生まれの24歳ですか。

 

リオ五輪では53kg級の代表でして、競技に登場するのは8月8日(月)深夜みたいですね。

 

(結果は6位入賞でした!おめでとうございます!)

 

 

あなたは重量挙げのルールってご存知ですか?

 

 

ただ「えいやッ!」と持ち上げるだけじゃなく、もちろんルールというか、必須の動作がありまして…。

 

バーベルを肩まで上げた状態で立ち上がり、それから頭上に上げる動作「クリーン&ジャーク」。

 

もう一つ、手幅を広げた姿勢で床のバーベルを頭上に上げ、しゃがんだ状態から立ち上がる「スナッチ」。

 

この2つのリフティング記録の合計を競うんですよね。

 

 

で、八木選手の自己ベスト記録は「クリーン&ジャーク」が112kg、「スナッチ」が87kgの、トータル199kgです!

 

 

…というか、いきなり頭上にバーベルを持ち上げること自体が凄いんですけどね。。。

 

ひ弱な私なんて、すぐひょいっと持ちあげられて、ポイっと投げられちゃうわけです(笑)

 

合計199kgの記録を出すということはですよ、普段の練習では、これ以上の重量を上げる練習をしているということですよね、たぶん。

 

 

実現すれば3度目の五輪となる東京オリンピックでの活躍も期待!(個人的に…笑)

 

Sponsored Link
 

 

2012年のロンドンオリンピックの女子53㎏級の金メダリストはカザフスタンの選手だったんですが、記録はトータルで226kgでしたね~!

 

とんでもない記録です(笑)

 

八木選手のベストが199kgですから、やっぱりメダルを獲得するには200㎏超えのレベルは求められるということでしょうか?

 

とはいえ、八木選手には“若さ”がありますから、将来の成長がとても楽しみな選手でもあります。

 

12位に終わったロンドンオリンピック、そして6位入賞の今回のリオオリンピック、さらに4年後の東京オリンピック……と3回目の出場では“頂点”に手が届きますかね??

 

東京オリンピックは2020年ですから、そのころは八木選手も28歳になってますか。

 

それまでウエイトリフティングの世界で練習を重ねていれば、”爆発”するにはちょうどいい年齢じゃないですか~。

 

 

そういえば、ロンドンオリンピックの前には「彼氏と五輪のどっちを優先?」という“悩ましい”選択がありましたが、迷わず「五輪」を選んだというエピソードもあるとか(笑)

 

重量挙げという競技の性質上、八木さんもストイックな性格なのかもしれません…。

 

…ということは、現在は、彼氏がいないか、逢うことをセーブしてるのかしら??

 

八木さんとお付き合いする(している)彼氏は、絶対、ガッシリした大柄な体格の男性だと思いますね。

 

ガリガリの男性と一緒に歩いている姿を想像できないですから…。

 

あなたも、そんなイメージを持ってらっしゃるはず(笑)

 

 

いずれにしましても、これからも”公私ともに”目が離せない、かわいいアスリートの八木さんに注目です!

 

 

 

タグ : 

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧