黒田博樹 引退かコーチ兼任か?家族の現状&男気あふれる名言から推測!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を果たしましたね!

 

優勝を決めたゲームの先発は、大黒柱としてチームを支えてきた黒田博樹投手(41)。

 

胴上げされる黒田選手の姿に、ちょっぴりウルウル来たのは私だけではないはずです(笑)

 

私は社会人になってからプロ野球はあまり観なくなりましたけど、小学生のころ広島カープが好きでして、赤いキャップを持ってましたよ(笑)

 

“赤ヘル軍団”というフレーズの響きが気に入っていた記憶がありますね。

 

なんかこう、火の玉のようにチーム一丸となって燃えている!みたいイメージあるじゃないですか。

 

個人的には江藤智選手(当時)に憧れてまして、友達と野球やりながら打撃フォームを真似したりしてました~。

 

いや~懐かしい(笑)

 

 

Sponsored Link
 

 

黒田博樹の引退説は本当?嫁・子供を海外に残しての単身赴任が続けられるか…

 

黒田博樹投手は優勝を決めた試合で今季9勝目ですか。

 

41歳でもまだまだやれますね~すごい身体能力です。

 

いや、40超えたプロアスリートは、もはや「精神力」「モチベーション」のキープがカギなのかもしれませんね。

 

数年前から黒田投手の引退説が囁かれてますけど、今シーズンは日米通算200勝を達成し、そして25年ぶりリーグ優勝~ということで、今後はどうなるんでしょうかね?

 

もちろん、次なる目標は日本シリーズ制覇ということになりますから、進退を決めるタイミングではないんですけど、やっぱり気になりますよね~。

 

 

 

念願が叶って、一区切りといえば一区切りですからね。

 

41歳という年齢…

 

妻・雅代さんと、2人のお子さんはロサンゼルス在住で黒田投手は単身赴任…

 

という状況を考えますと、今シーズンで引退という選択肢もあり得そうです。

 

そろそろ、家族で一緒にゆっくり過ごしたいという気持ちもあるかも…。

 

ただ、このあたりの決断は、クライマックスシリーズや日本シリーズの結果次第ということになりますかね。

 

 

Sponsored Link
 

 

黒田博樹の名言から男気を学ぶ!名投手も恐怖心と闘っている件…

 

個人的には、来シーズンも現役続行で広島カープの勝利に貢献しつつ、若手への指導サポートなどにも関わっていただきたいな~と思ってます。

 

黒田投手は「監督業には興味がない」とおっしゃってますけど、例えばコーチを兼任されるとかはどうでしょうか?

 

黒田投手といえば「男気」という言葉がピッタリですから、そのスピリットを若手たちにも伝授してほしいですね。

 

 

 

私も黒田投手の男気あふれる名言が大好きです。

 

読んでいるだけでプロ野球の厳しさが伝わってきますし、その中で戦っている姿を想像するとシビれますよ、ホント。

 

 

 

幾つか拾ってみますと……

 

一試合一試合を全力で。これが最後の登板になるかもしれない

 

 

マウンドに上がるのは怖くて怖くて仕方ない

 

 

毎年、自分が変わっていかないことには本当に打たれます

 

 

試合を壊してしまえば、一切の信頼を失ってしまうという危機感は常に持っている

 

 

残りの野球人生、そんなに長くないと思ってますし、その中で、(広島カープに)帰ってきた以上は優勝するという目標を持ってますので、チームの力になってそこを目指したいなと思ってます

 

 

最後のフレーズは、まさに有言実行でしたね!

 

で、常に不安を抱きながらマウンドに立っているところが驚きです。

 

ヤンキースで投げた経験がある名投手であっても、胸のうちには恐怖心があるという…。

 

だから一試合ごと全力で投げ切って、シーズンごとに進化できるようベストを尽くしてるんですね。

 

億を超える年俸を稼ぐというのは、そういうことなんでしょう…。

 

私も黒田投手の男気、見習いたいと思います…(^^;

 

 

ちなみに、黒田投手の年俸についても触れておきます。

 

広島カープに戻ってきた2015年は4億円、今シーズンの2016年は6億円+出来高払いです。

 

…ということは、ヤンキース時代だった2014年の16億円って年俸は、とんでもない数字ですね!( ゚Д゚)

 

 

 

タグ : 

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧