家売るオンナ 最終回の感想!本当に「サンチー不動産」として独立…

読了までの目安時間:約 5分

 

 

先週の9話の平均視聴率が12.4%となり、5話を除いてずっと10%台をキープしたヒットドラマ『家売るオンナ』。

 

ついに最終回ですか~。

 

 

1話で完結するアッサリ感、ユニークなキャラたちによる掛け合い…などが面白かったですね!

 

個人的には、北川景子さんの美貌をあらためて思い知られた感じです(笑)

 

ホント、ずっと見入っちゃうほどキレイなお顔立ちですよね(DAIGOさん羨ましい…)。

 

 

家を売るためなら手段を選ばないクールな営業ウーマンながら、なぜか人情味あふれる三軒家チーフ……の活躍を観られなくなるのは、いささか淋しい気がしますねww

 

 

Sponsored Link
 

 

最終回の予告にあった工藤阿須加が北川景子をバックハグしたシーンは妄想かッ!

 

前回の予告で一番気になっていた、庭野(工藤阿須加さん)が三軒家チーフ(北川景子さん)を後ろから抱きしめるシーンは妄想だったことが序盤で発覚~!

 

いきなり肩透かしを食らいましたが、まぁよく考えれば、そもそもバックハグなんて庭野のキャラじゃないですもんねww

 

まんまと予告編を信じて、ドキドキしちゃった方、私のほかにもいらっしゃるんじゃないでしょうか(笑)

 

 

最終回ということで、三軒家チーフが社員たちに喝を入れまくってたのが面白かったですね~!

 

 

▼すぐ諦める白洲美加(イモトアヤコさん)に「学習能力ないから仕事を辞めなさい!」と、ついに言い切っちゃう

 

▼「三軒家チーフがいないとダメなんです~」と甘ったれる庭野に闘魂注入のビンタ!

 

▼テーコー不動産本社の意向に従順になる屋代課長(仲村トオルさん)に「会社の犬!」と怒る

 

 

…と、社内の課題に向かいつつも…

 

今回の依頼主である元プロバレリーナ・望月葵(凰稀かなめさん)と、足の不自由な娘・カンナ(堀田真由さん)のための物件を見事に“つくり上げ”、10億円という価格で売っちゃいましたね……。

 

 

10億円出せるお客さんが凄いですけどね(笑)

 

 

家売るオンナ 最終回

 

 

退職後「サンチー不動産」として開業!仲村トオルと北川景子は結婚したのか?

 

ドラマでよくある「1年後…」というテロップの後に、なんと、私が前回のブログに書いたことが現実になりました!笑

 

結局、三軒家チーフは不動産屋として独立してましたねww

 

 

しかも、同時に会社に辞表を提出した屋代課長も一緒に~。

 

なるほど、そういう落ちだったとは!

 

 

2人仲良くデスクを向かい合わせていたので、「結婚したのか?!」と思いましたが、電話で「サンチー不動産の三軒家です」と繰り返し言ってましたから、結婚はしてないのかも?

 

ただ、なぜに離れ島みたいな場所で開業したんでしょうか…。

 

東京都の離島という設定なのかな~と思いました。

 

(実際のロケ地は、神奈川県三浦市南下浦町金田らしいですね)

 

 

この2人がそろっていれば最強の不動産屋なんですから、都心部で事務所を構えれば良かったんじゃ…(笑)

 

テーコー不動産本社の意向に逆らって会社を辞めたなら、商圏が被ってても問題ないでしょうし。

 

 

いや、もしかしてテーコー不動産の仕返しがコワいとか…?

 

 

 

結局、白洲は1件も成績が上げられないままでしたが、結婚&おめでたで良かったじゃないですか。

 

…でも、そもそも、なぜ不動産屋に入社したんだろう…いや、入社できたんだろうww

 

 

個人的には『家売るオンナ』の続編を観たいですね~。

 

Twitterでは、同じく続編を期待する声も多いですし。

 

 

さすがに映画化は難しそうだと思いますから、「サンチー不動産」を舞台にしたスペシャルかなんかどうでしょう(笑)

 

 

 

タグ :  

ドラマ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧