黒沢健一 L⇔R活動休止の理由&再開の可能性は?現在は結婚してソロ活動…

読了までの目安時間:約 4分

 

 

1990年代にヒット作を生み出した「L⇔R」というバンド名…久しぶりに思い出しました。

 

ただ…

 

ボーカル兼ギターだった黒沢健一さん(48)が、1年前から脳腫瘍を患って入退院を繰り返している―と、自ら発表されたニュースがきっかけだったので驚きました。

 

お大事にしていただきたいです。

 

当時、ミリオンセラーを達成した『KNOCKIN' ON YOUR DOOR』(1995)は、私もよく聴いてました。

 

黒沢さんのソフトな歌声+耳の残るメロディーがマッチしていて、すごく心地よい曲なんですよね。

 

 

そんな懐かしいL⇔Rなんですが、実は1997年から活動休止中…。

 

理由や経過ってどうでしたっけ??

 

 

Sponsored Link
 

 

あらためて…L⇔Rが活動休止した理由は?病気とは関係あるのかな?

 

そういえば、ミスチルの桜井和寿さんが患ったのは脳梗塞でしたね。

 

脳腫瘍と脳梗塞の違いは…

 

脳腫瘍は「脳の中に腫瘍が瘤(こぶ)のようにできる病気」であり、脳梗塞は「血管が詰まることで起きる病気」……と、私の個人的な復習として書かせていただきます…。

 

どうなんでしょう、ミリオンヒットを生み出すほどの有名アーテイストというのは、楽曲づくりで頭脳をフル回転させますし、プレッシャーやストレスも多いという部分では、病気と関係あるんでしょうかね?

 

 

その関係性はハッキリわかりませんけど、L⇔Rが活動休止になった理由について調べますと、黒沢健一さんが、けっこう追い込まれていた様子が伺えたものですから…。

 

どうやら、L⇔Rの楽曲をメインに作っていた黒沢さんが“バッテリー切れ”を起こしたようなんですよね。

 

アルバム製作中に、切羽詰まって途中でいなくなったらしいです。

 

 

私はミュージシャンではありませんが、でも何となくその大変さ&重圧みたいなのは想像できます。

 

一度ミリオンヒットを出せば、次回作への周囲の期待は否が応でも高まりますし、レコード会社などと契約していれば、定期的に作品をリリースしないと行けないですもんね。

 

ミュージシャンもなかなか大変なお仕事です…。

 

 

黒沢健一

 

 

L⇔Rの再開(再結成)はあるの?現在、黒沢健一は結婚してソロ活動!

 

とはいえ、L⇔Rは「活動休止」という表現をされていて、決して「解散」ではないんですよね。

 

当時は、少し休んだら活動を再開しようかな~という気持ちもあったのかも。

 

活動休止を発表されて以降、黒沢さんはソロ活動をしていましたが、このたびの脳腫瘍で治療に専念されるでしょうし、しばらくはバンドの再開はやはり無さそうです。

 

 

L⇔Rのメンバーであり、黒沢さんの実弟でもある秀樹さん(ギター)も、健一さんに「活動を再開しないの?」と尋ねたことがあったそうですが、その意志は健一さんに無かったということですからねぇ。

 

L⇔Rというバンドの形態で活動するとなると、ご本人にしかわからない諸々があるようです…。

 

 

現在は、黒沢健一さんもご結婚されてるとか。

 

お相手の奥様のことや、お子さんがいるか・いないか…などの情報はキャッチできませんでしたが、今はとにかく治療を第一にされるでしょう。

 

私が軽々しく口にしてはいけないかもしれませんが…

 

いつかまた音楽シーンに華々しく復帰され、ヒット曲を披露されることを願っております。

 

 

 

タグ : 

芸能

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧