バイオハザードiv アフターライフ 吹き替え声優,キャスト登場人物まとめ!

読了までの目安時間:約 9分

 

 

『バイオハザードiv アフターライフ』の吹き替え声優やキャスト、登場人物などについてまとめました!

 

 

 

人気映画『バイオハザード』の最終章が12月23日(金)に公開されるのに合わせ、2010年の第4作目『バイオハザードIV アフターライフ』がテレビ放送されますね!

 

『バイオハザードIV アフターライフ』のテレビ放送日は12月18日(日)で、翌週の12月24日(日)には2012年の第5作目『バイオハザードV リトリビューション』が放送されます。

 

 

第1作から約15年…ついに映画版のバイオハザードは完結なんですねぇ。

 

私、ゲームのバイオハザードは全部プレーしてまして、パート1は映画館に観に行きました。

 

ですから、ちょっと感慨深いものがありますね…(笑)

 

 

特に『バイオハザードIV アフターライフ』は、シリーズ初の3D作品であり、オープニングシーンが東京渋谷を舞台にしていたり、第一感染のゾンビ役を中島美嘉さんが演じていたり…と話題性がありましたね。

 

 

今回は『バイオハザードIV アフターライフ』の吹き替え声優やキャスト、登場人物にスポットを当てました。

 

 

Sponsored Link
 

 

バイオハザードiv アフターライフの吹き替え声優やキャスト登場人物は?

 

『バイオハザードIV アフターライフ』はシリーズ最高の47億円の興行収入を記録したというメガヒット作。

 

ぜひテレビ放送を押さえておきたいですね。

 

登場人物名、キャスト、吹き替え声優は次の通りです。

 

 

アリス・アバーナシー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)

 

吹き替え声優・岡寛恵

 

主人公。元アンブレラ社特殊部隊員。ウイルスに溢れる世界でアンデッドと闘いながら生存者を探す

 

 

 

クレア・レッドフィールド(アリ・ラーター)

 

吹き替え声優・林真里花

 

人類の生き残りチーム「クレア車団」を率いていた女性戦士

 

 

 

クリス・レッドフィールド(ウェントワース・ミラー)

 

吹き替え声優・東地宏樹

 

クレアの兄。緊急出動したアメリカ軍特殊部隊の元兵士

 

 

 

Kマート(スペンサー・ロック)

 

吹き替え声優・弓場沙織

 

「クレア車団」のメンバー

 

 

 

ルーサー・ウェスト(ボリス・コジョー)

 

吹き替え声優・山野井仁

 

元NBA選手で、ロサンゼルス刑務所の生存者のリーダー的存在

 

 

 

クリスタル(ケイシー・バーンフィールド)

 

吹き替え声優・松井茜

 

ロサンゼルス刑務所の生存者の1人でコックを担当

 

 

 

エンジェル・オーティス(セルヒオ・ペリス=メンチェータ)

 

吹き替え声優・中井和哉

 

ロサンゼルス刑務所の生存者の中でサブリーダーを務める

 

 

 

キム(ノーマン・ヤン)

 

吹き替え声優・石井テルユキ

 

ロサンゼルス刑務所の生存者で、ベネット(後述)の元部下である韓国人

 

 

 

ウェンデル=ウェンディ(フルヴィオ・セセラ)

 

吹き替え声優・中村浩太郎

 

ロサンゼルス刑務所の生存者で、クリスの監視役を担当していた

 

 

 

クローンアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)

 

吹き替え声優・岡寛恵

 

アリスが捕らえられていたころに採取したデータから生み出された大量のクローン

 

 

 

アルバート・ウェスカー(ショーン・ロバーツ)

 

吹き替え声優・大塚明夫

 

サングラスとオールバック金髪が特徴のアンブレラ上級幹部。T-ウイルス研究とアリス計画の指揮をしていた

 

 

 

ベネット(キム・コーツ)

 

吹き替え声優・中尾隆聖

 

ロサンゼルス刑務所の生存者で、元映画プロデューサー。

 

 

 

第一感染者=J Pop girl(中島美嘉)

 

セリフ無し

 

東京渋谷で日本最初のT-ウイルス感染者のアンデッドとなる

 

 

 

ジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)

 

吹き替え声優・岡本麻弥

 

アリスと共に行動する元S.T.A.R.S.隊員

 

 

キャプチャ

 

 

バイオハザードiv アフターライフの内容…あらすじ,ネタバレ!

 

T-ウイルスは世界中に広がり、人類滅亡のカウントダウンがスタート…。

 

アリスは、アルバート・ウェスカーがT-ウイルスの研究・実験を繰り返す「アンブレラ社」の東京・渋谷の地下要塞を襲撃します。

 

ところがウェスカーは、あらかじめ仕掛けていた特殊爆弾で地下要塞を爆破して逃亡。

 

アリスは逃げるウェスカーのヘリに乗り込んで追い詰めたものの、ウェスカーに血清を打たれて能力を失ってしまい、さらにヘリが富士山に墜落してしまいます…。

 

 

それから半年後、アリスは、先にクレア・レッドフィールドが着いているはずのアラスカの無感染地域へ。

 

ところが、生存者の姿はなく…。

 

代わりに胸に蜘蛛型のデバイスが仕掛けられているクレアから、アリスは襲撃を受けることに。

 

アリスは、デバイスを取り除き、記憶を奪われているクレアを助けました。

 

 

合流できたアリスとクレアは他の生存者を探すため、ロサンゼルスへ。

 

アンデッドに囲まれたロサンゼルス刑務所の屋上に生存者を発見した2人は、そこに着陸。

 

刑務所に囚われていたクリス・レッドフィールドを解放し、刑務所からの脱出を図りますが、大勢のアンデッドや巨大な怪物「マジニ」が襲いかかってきます。

 

 

なんとか敵を倒した一行は、安住の地とされる「アルカディア」を目指します。

 

実は「アカディア」は巨大な船舶で、船の中にはウェスカーが待ち構えていました。

 

クリスとクレアは戦闘に負けてしまい、地下に収納され…。

 

 

アリスはクリスとクレアを助けるために、ウェスカーとの激闘に勝利します。

 

しぶといウェスカーはアルカディアに爆弾を仕掛け、飛行機で逃亡しますが、アリスはあらかじめ爆弾を仕掛けていました。

 

アリスは起爆スイッチを押し、飛行機は大爆破…。

 

生存者が船の上に上がり、戦いが終わります。

 

 

Sponsored Link
 

 

バイオハザードIV アフターライフの感想・レビューについて!

 

やはり映画は、ゲームには無い臨場感やスピード感がありますよね。

 

ちょっとアンデッドがリアルすぎて、心臓の弱い私的には少々刺激が強いですが…(笑)

 

 

ネット上の感想を拾ってみました!

 

 

テンポが早くて最高!

ゲームファンじゃないと細部がわかりづらいかな?と思った。

ウェスカーにはもっともっと超人でいて欲しかったナ。

斧の人ももっと横幅あればよかった。全体的には、まあまあ満足!

 

 

うーん。まとまりのないと言うか、なんと言うか。。。

3Dの見ごたえもあまり感じないし、進化しないし正直見終わったあと、これだけ?って感じがした

 

 

主人公が段々逞しくなっていって、今回が一番良い作品だったと感じました。

特に、ゾンビの弱点を知り尽くした彼女が、軽装備の武器で果敢に戦うところが良いと思う。

 

 

もはやバイオでもホラーでもなんでもないゾンビ無双シリーズと化しているが、映画そのものとしてはおもしろい。

今作から3Dになったが、しっかりと3Dということを活用できている。

アクションもネタ切れになることなく、スタイリッシュでよかったし、スローになるシーンも長すぎず短すぎずでよかった。

 

 

『3』よりはマシ。マシだけど悪い。

もはや『バイオハザード』でもホラー映画でもなんでもない単なるアクション映画で、アクションと見てもなんかどこかでみたなぁ+どこかでみたものよりしょぼい。

 

 

 

 

タグ :  

映画

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧