箱根駅伝2017 日程,スタート時間,コース変更,ポイント通過時刻は?

読了までの目安時間:約 7分

 

 

箱根駅伝2017の日程、スタート時間、コースの変更点、各ポイントの通過予定時刻をチェックしました!

 

また、巷の結果予想はどうなんでしょうか?

 

 

 

新年から大学生のアツいドラマに触れることができる箱根駅伝。

 

中学・高校と陸上部だった私も、毎年、こたつで足を伸ばしながら観戦してますよ(笑)

 

 

2017年の『第93回箱根駅伝』は、青山学院大学の3連覇がかかっています。

 

そこに駒澤大学、山梨学院大学、東洋大学、早稲田大学…などの強豪がどう戦いを仕掛けていくか、とても楽しみですね。

 

 

今回は、箱根駅伝2017の日程やスタート時間をはじめ、コース変更点や各チェックポイントの通過予定時刻などについてまとめました!

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2017の日程やスタート時間,コースの変更点について

 

念のためおさらいしますと…

 

『箱根駅伝』は、主催する「関東学連」に加盟している大学21チームで競う大会です。

 

21チームとは、前年の大会でシード権を得た10校、予選会を通過した10校、「関東学生連合」の1チームのこと。

 

この21チームが、東京・読売新聞社前をスタートし、箱根・芦ノ湖間までの「往路」=5区間(107.5Km)と、「復路」=5区間(109.6Km)の計10区間(217.1Km)で競います。

 

 

以下、詳細情報を記載します。

 

 

【日程】

 

1月2日(月)往路

1月3日(火)復路

 

それぞれAM8:00スタート

(日本テレビ系でAM7:00から生中継)

 

 

【出場校】

 

◯シード校(10校)

 

青山学院大学

東洋大学

駒澤大学

早稲田大学

東海大学

順天堂大学

日本体育大学

山梨学院大学

中央学院大学

帝京大学

 

 

◯予選通過校(10校)

 

大東文化大学

明治大学

創価大学

法政大学

神奈川大学

上武大学

拓殖大学

國學院大学

国士舘大学

日本大学

 

関東学生連合

 

 

駅伝

 

 

今回の第93回箱根駅伝から、コースの距離変更があります。

 

4区が18.5km→20.9kmに延長、

5区が23.2km→20.8kmに短縮になります。

 

距離変更の理由としては、5区の距離が長いため全体の成績への影響が大きすぎること、また選手が後半に低体温や低血糖の症状になることから健康面に配慮したことが挙げられます。

 

コースの距離が変わることで、各校の起用やレース展開にどんな変化が見られるかも注目ですね。

 

 

ちなみに…

 

距離の変更に伴って、4区・5区の区間記録や往路記録は、第93回大会から新しい記録としてカウントするそうです。

92回大会以前のものは、参考記録として扱われます。

 

 

Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2017 各区間のポイント通過予定時刻について

 

私は箱根駅伝2017を自宅で観戦しますが、沿道に行って応援したいという方もいらっしゃるかと思います。

 

参考までに、各区間のポイント通過予定時刻も記します。

 

 

~往路~

 

【1区(21.3km)通過時刻】

大手町 8:00スタート

田町周辺 8:10ごろ

品川駅前 8:00ごろ

六郷橋周辺 8:50ごろ

鶴見中継所 9:03ごろ

 

 

【2区(23.1km)通過時刻】

横浜駅東口周辺 9:29ごろ

保士ケ谷駅周辺 9:38ごろ

権太坂上信号周辺 9:47ごろ

戸塚中継所 10:11ごろ

 

 

【3区(21.4km)通過時刻】

藤沢橋交差点 10:31ごろ

浜須賀歩道橋周辺 10:49ごろ

湘南大橋出口周辺 11:07ごろ

平塚中継所 11:17ごろ

 

 

【4区(20.9km)通過時刻】

大磯駅前歩道橋 11:21ごろ

押切橋出口周辺 11:45ごろ

国府津駅前 11:52ごろ

小田原中継所 12:22ごろ

 

 

【5区(20.8km)通過時刻】

箱根湯本駅前 12:28ごろ

箱根小涌園前 13:00ごろ

芦ノ湖ゴール 13:30ごろ

 

 

 

~復路~

 

【6区(20.8km)通過時刻】

芦ノ湖スタート 8:00

箱根小涌園前 8:28ごろ

箱根湯本駅前 8:50ごろ

小田原中継所 9:00ごろ

 

 

【7区・(1.3km)通過時刻】

国府津駅前 9:27ごろ

大磯駅入口 9:58ごろ

平塚中継所 10:05ごろ

 

 

【8区(21.4km)通過時刻】

湘南大橋出口周辺 10:15ごろ

浜須賀歩道橋周辺 10:32ごろ

藤沢橋交差点 10:54ごろ

戸塚中継所 11:14ごろ

 

 

【9区(23.1km)通過時刻】

権太坂上信号周辺 11:39ごろ

保士ケ谷駅周辺 11:49ごろ

横浜駅東口周辺 11:59ごろ

鶴見中継所 12:24ごろ

 

 

【10区(23.0km)通過時刻】

六郷橋周辺 12:37ごろ

品川駅前 13:06ごろ

田町周辺 13:18ごろ

大手町ゴール 13:30ごろ

 

 

区間ごとの距離や特徴については、こちらをご覧ください。

 

箱根駅伝 区間は何キロで特徴は?2017から4,5区の距離が変更!

 

 

 

ネット上や雑誌などで箱根駅伝2017の結果予想を見ましても、やはり青山学院大学の優位は揺るがないようです。

 

青山学院大学の“絶対エース”一色恭志選手(4年)を中心に、2月の東京マラソンで10代の日本最高記録を塗り替えた下田裕太選手(2年)ら、実力のある選手が多いですからね。

 

 

一色恭志 フォームもイケメン!記録や実家&進路はGMO就職について!

 

 

とはいえ、青山学院大学の3連覇を阻止すべく、駒澤大学、山梨学院大学、東洋大学、早稲田大学が食らいつく奮闘ぶりにも期待したいところです。

 

 

 

タグ : 

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧