工藤有生 記録,経歴もイケメン!世羅高で無名→駒大でエースになれた理由は?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

駒沢大学のイケメンランナー・工藤有生選手(3年)の記録や経歴……世羅高時代は無名だったのに駒澤大学でエースになれた理由について取り上げます!

 

 

第93回箱根駅伝のどんな結果になりますかね?

 

箱根駅伝2017 日程,スタート時間,コース変更,ポイント通過時刻は?

 

 

出場する各大学・選手も、調整に集中していることでしょう。

 

巷の予想では青山学院大学の優位という声が多いですが、駒澤大学、山梨学院大学、東洋大学、早稲田大学などの強豪校の出方もとても気になります。

 

 

私的には、駒澤大学の攻めのレースに期待してるんですよ。

 

今回は駒澤大学の工藤有生選手の記録や経歴などについてスポットを当てます。

 

 

Sponsored Link
 

 

駒澤大学のイケメンエース工藤有生 の記録,経歴,プロフィールについて

 

【工藤有生(くどう なおき)】

 

 

出 身      広島県東広島市

 

生年月日     1995年9月5日(21歳)

 

身長・体重    177cm ・55kg

 

出身校      東広島市立高屋中学校~広島県立世羅高校 卒業

 

 

○自己ベスト記録

 

5000m 13分52秒97(2015)

 

10000m 28分23秒85(2015)

 

ハーフマラソン 1時間01分25秒 (2016)

 

 

○箱根駅伝

 

2015 4区・区間2位(54秒31=区間新)

 

2016 2区・区間4位(1時間8分04秒)

 

 

 

駅伝の名門・世羅高校時代、工藤有生選手は、インターハイにも全国高校駅伝にも出場していない「無名選手」だったことは有名な話ですね。

 

しかしながら、駒澤大学に入ってからメキメキと頭角を現し、1年の夏合宿すぎから、一気に実力が開花。

 

今では駅伝チームのレギュラーを獲得し、箱根駅伝優勝のためのキーマンといわれる存在になったことを、大八木弘明監督からも認められてましたよね。

 

 

2区を任せられた前回の箱根駅伝2016では、13位から7人抜きする快走!

 

ゴール地点には、駒澤大学に在学中の“欽ちゃん”こと萩本欽一さんが激励のため待ち構え、なぜか工藤有生選手としりとりをするという面白いシーンがありましたよね(笑)

 

箱根駅伝2017でも、しりとりシーンが見られるでしょうか?

 

 

工藤有生

 

 

駒澤大学のイケメンエース工藤有生…世羅高では無名だったが大学で躍進した理由は?

 

世羅高校から駒澤大学に進学したことで、工藤有生選手が急成長できた理由は何でしょうか?

 

 

もともと工藤有生選手は粘り強いタイプで、挨拶・返事もできて明るい性格。

一方で、走るときの“気分のムラ”が、そのまま調子に出ていたとか。

 

また、身長177㎝と体も大きいため、長距離で戦う駅伝を走れるようになるまでには時間が必要だった面もあったようです。

 

そこで、大きな体でも走りにブレが出ないよう、筋力をアップ。

 

さらに、大八木弘明監督による熱血指導が、工藤有生選手にぴったりハマった要素もあるかもしれないですよね。

 

大八木弘明監督といえば、キツい山上り区間を走る選手に「男だろ!」とゲキを飛ばした有名なセリフがありますし。

 

 

Sponsored Link
 

 

ちなみに…

 

青山学院大学の原晋監督の有名なゲキは「中継所で彼女が待ってるんだろ!」でした。

 

相変わらず、“チャラい”ですね(笑)

 

もし仮に、私が駅伝中に「彼女が待っているんだろ!」とか監督に叫ばれたら、赤面&脱力しちゃうと思いますねww

 

 

原晋 嫌い!の声もあるが講演依頼も多い理由は?嫁・美穂は青学の寮母!

 

 

 

大八木弘明監督が発する「情熱を燃やす」「真剣勝負」といったフレーズは、現代っ子にとっては「古くさ~!」と思われる向きもあるかもしれません。

 

でも、こういうスピリットを植え付けられることで燃える選手もいますし、実は体育会系の私自身も、大好きなフレーズでもあります…。

 

努力家の工藤有生選手と、熱い言葉を使って育てる大八木弘明監督。

 

工藤有生選手の急成長の理由がわかった気がしました。

 

 

2017年1月2日・3日の箱根駅伝では、どんな粘りを見せてくれるでしょうか。

 

 

ちなみに…

 

工藤有生選手には「双子の弟がいる」というネット情報もありましたが、正確な内容がキャッチできませんでしたので、ここでは触れないことにします。

 

 

 

タグ :  

スポーツ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧