警視庁特命刑事二人(2) キャスト,あらすじ,ネタバレ,感想まとめ!

読了までの目安時間:約 8分

 

 

1月25日に放送される『警視庁特命刑事☆二人②~新宿・荒木町コールドケース~』のキャスト、あらすじ、ネタバレ、感想などについてまとめたいと思います。

 

 

2015年に始まった『警視庁特命刑事二人』。

 

今回は2作目になります。

 

捜査一課を追われた刑事と、相棒のシングルマザー刑事が、過去の未解決事件(=コールドケース)に向かっていくとうい設定で、第1作の平均視聴率は9.3%でした。

 

さて、今作はどうでしょうか。

 

 

それにしても松重豊さんって、ホント、刑事役にぴったりですよね。

 

私の個人的な刑事のイメージって、まさにこんな感じなんです。

 

 

Sponsored Link
 

 

警視庁特命刑事二人(2) 新宿・荒木町コールドケースのキャストについて

 

『警視庁特命刑事☆二人②~新宿・荒木町コールドケース~』の放送日時は、1月25日(水)21:00~22:48です。

 

 

キャストは次の通り。

 

 

水戸部裕 (松重豊さん)

 

朝香千津子 (山本未來さん)

 

森末哲平 (益岡徹さん)

 

中島翔太 (皆川猿時さん)

 

杉原光子 (国生さゆりさん)

 

柳瀬信也 (眞島秀和さん)

 

笠井理香 (高橋かおりさん)

 

渡辺邦彦 (伊東孝明さん)

 

大西孝二 (ビートきよしさん)

 

沖田勝 (大西武志さん)

 

国枝征二郎 (上杉祥三さん)

 

笠井佳子 (永池南津子さん)

 

国枝征之 (寿大聡さん)

 

加納良一 (柄本明さん)

 

山岸亘 (宅麻伸さん)

 

 

 

もう一つ注目なのは、このドラマのエンディングテーマを平原綾香さんが歌ってることですね。

 

『マスカット』という曲で、作詞・作曲は玉置浩二さん。

 

この大人のメロディーは間違いなく“玉置浩二節”ですね(笑)

 

平原綾香さんの歌声が乗って、めちゃくちゃいい曲になってますね。

 

こちらの動画の最初に歌っている曲です。

 

 

 

 

気に入った方は、ぜひアルバムを買いましょう(笑)

 

 

警視庁特命刑事二人(2) 新宿・荒木町コールドケースのあらすじ,ネタバレ,感想は?

 

【以下、あらすじです。原作は、佐々木譲さんの小説『特命捜査対策室シリーズ』】

 

 

 

過去の未解決事件(=コールドケース)を担当する「警視庁特命課」は、水戸部裕(松重豊さん)と、朝香千津子(山本未來さん)のたった2人の部署。

 

ある日2人は、捜査一課長の山岸亘(宅麻伸さん)に呼び出され、20年前に新宿・荒木町で起きた事件の再捜査を命じられます。

 

その事件とは、“荒木町の最後の芸者・小鈴”として知られていた杉原光子(国生さゆりさん)が何者かによって命を奪われた事件。

 

所有するアパートであやめられていた光子は、土地トラブルを抱えていたようですが、それ以上は捜査が進展せず未解決のまま…。

 

 

刑事部長・森末哲平(益岡徹さん)によると、都議会議員・渡辺邦夫がオーナーをしている「渡辺不動産」が、光子のアパートを買い上げようとしていたらしい。

 

渡辺不動産は、その後、光子の遺産を相続した甥からアパートを購入。

 

当時、その出来事は、週刊誌に面白おかしく書かれたのでした。

 

週刊誌に書かれた“汚点”を払拭するため、邦夫の息子・邦彦(伊東孝明さん)が再捜査を依頼してきた経過を知った水戸部。

 

その背景には、邦夫が「受勲」を受けられるように、過去の負のイメージを無くす狙いがありました。

 

政治家個人の名誉を守る“形だけの捜査”に水戸部は納得がいきませんが、山岸に諭されて捜査を始めます。

 

 

 

Sponsored Link
 

 

 

捜査本部にいた警察相談員・加納良一(柄本明さん)によると…

 

事件当時、渡辺不動産の社員・沖田勝(大西武志さん)が容疑者としてあがったものの、アリバイがあったことから未解決になったとのこと。

 

また、光子の店で働いていた柳瀬信也(眞島秀和さん)が光子をよく知る人物ということを知り、2人は柳瀬が経営する荒木町のバーを訪れます。

 

 

バーはバブル崩壊後に経営が傾き、さらに“鈴佳”と名乗っていたホステス・笠井佳子(永池南津子さん)が失踪していました。

 

桂子を気に入っていた客の一人、建設会社社長・国枝征二郎(上杉祥三さん)は、もともと光子のひいき客で、アパートを買ったのも国枝だったことが発覚。

その国枝も、光子がいなくなる直前に病気で他界していました。

 

 

事件関係者のつながりを洗い直すため、水戸部と千津子は沖田のもとへ向かいます。

 

沖田に事件のことを尋ねると「関係ない」とその場を立ち去るが、明らかに慌てている様子。

 

 

次に2人は、佳子の失踪届けを出していた妹・理香(高橋かおりさん)が経営する荒木町の雑貨店へ。

 

光子は「(桂子が)男と逃げた」と嘆いていたようだが、佳子から恋人の話は聞いたことがないと言います。

 

また、佳子から聞いた“大切なお客様”として、国枝とは別の、意外な人物の名を口にしたのでした―。

 

 

 

さらに国枝の元運転手で相談役だった大西孝二(ビートきよしさん)の存在を知った2人は、入院中の大西のもとへ。

 

しかし佳子のことを知っているようだが「話したくない」と2人を突っぱねます。

 

 

そんな中、荒木町の工事現場から白骨化した人が発見されます。

 

DNA鑑定で判明した身元を聞いた水戸部は、その結果に愕然として…。

 

さらに光子の事件と酷似する、新たな事件が発生し…。

 

 

 

ネタバレ、感想などについては、追って書き足したいと思います。

 

 

 

【以下、ネタバレになります】

 

 

“鈴佳”こと佳子をあやめたのは国枝。

 

襲おうと思ったら逃げられ、もみ合いになって頭を打って亡くなった……実は佳子には意識があったが、最後のとどめを刺したのが“小鈴”こと光子。

 

佳子を運んで埋めたのは大西。

 

 

事件の隠蔽に協力した光子に、国枝はアパート1棟をプレゼント。

 

大西も国枝の会社の役員に。

 

 

当時、佳子と付き合っていた柳瀬は、その事件を知って激怒。

 

光子、大西を手にかけたのは柳瀬。

 

 

 

※番組の公式サイトにあった登場人物名が違うなど、ちょっと??な面もありました。

 

「国枝」→本編では「国丘」

「渡辺不動産」→本編では「渡波不動産」。

 

 

十津川警部シリーズ(内藤剛志)あらすじ,キャスト,ネタバレ,感想は?

 

 

 

タグ : 

ドラマ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧