PPAP商標出願したベストライセンスの会社概要,上田育弘の狙いは?

読了までの目安時間:約 7分

 

 

PPAPの商標出願をしたベストライセンス株式会社ってどんな会社?

代表者の上田育弘ってどんな人?……をテーマにしたいと思います。

 

 

2016年秋に彗星の如く現れたピコ太郎さん。

 

そのピコ太郎さんの大ヒット曲「PPAP」や、曲で使われている「ペンパイナッポーアッポーペン」などのフレーズが、大阪府にある全く関係ない会社によって商標出願されていたというので話題になってますね。

 

 

ピコ太郎さんやエイベックスよりも先に商標出願した会社名は「ベストライセンス株式会社」。

 

まさに“それ的”な名前でございましたww

 

 

しかし、このベストライセンス株式会社は、自社とは関係ない言葉を商標出願することで以前から有名な会社だったんですね~。

 

 

代表者の上田育弘さんという方も、元弁理士だそうですね。

 

私、知りませんでしたので勉強のため調べてみました。

 

 

『とくダネ!』と『スッキリ!!』でも取り上げられるみたいですよ。

 

 

Sponsored Link
 

 

PPAP商標出願したベストライセンスの会社概要は?上田育弘とはどんな人?

 

「弁理士」というのは、簡単に言いますと、特許や商標などの出願手続きを特許庁に対して代理で行ったりする人のことですね。

 

ちなみに、商標権で保護されるのは商品名・サービス名・店名などのネーミングで、特許権で保護されるのはアイデアになります。

 

 

ですから、ピコ太郎さんやPPAPに全く関係ない会社が商標出願するということは、おかしいわけですね。

 

 

ベストライセンス株式会社の住所は…

 

大阪府茨木市中総持寺町4番12号プリンスハイツ301号

 

代表者の上田育弘さんと同じ住所になっているとか。

 

 

上述したように、以前より流行りのキーワードや人物に関連する言葉を商標出願していることで有名。

「STAP細胞はあります」「民進党」「じぇじぇ」なども行っていたそうですね。

 

 

2015年のデータによりますと、ベストライセンス株式会社と上田育弘さん個人で行った出願の合計は1万4,786件にも上り、国内全体の約1割を占めたって話です!

 

もうとにかく手当たり次第、思いついたものを商標出願している感じ(笑)

 

 

これには特許庁も注意喚起をしましたが、それでも止めることはなく、相変わらずのハイペース出願らしいのです。

 

上田育弘さんが“大量出願”し始めたのは2014年ごろみたいですが、なんと現在は、弁理士としての資格は剥奪されているようで…。

 

 

やっぱり問題視されてたんですね。

 

 

Sponsored Link
 

 

PPAP商標出願したベストライセンスの上田育弘の狙いは?

 

商標権の出願は“早い者勝ち”が基本ルール。

 

たとえ直接関係のない会社であっても、先に認められれば、当たり前ですが権利はその会社が有することになります。

 

 

“大量出願”について上田育弘さんは「あくまでビジネス」と言い切っているらしいですね。

 

その目的は…

 

○将来自分で使う

 

○他人に権利を譲渡する

 

○先に出願しておくことで権利を仮押さえする

 

…と、堂々と言ってくれてます。

 

 

まぁ、要は、権利がほしい人に売りたいということですね。

 

 

これで金儲けをしようとする発想が凄いですよね。

 

敵をつくってビジネスするわけですから(笑)

 

それが普通にできてしまう現制度にも問題ありそうですね。

 

 

 

 

とはいえ…

 

商標登録するためには手数料など費用がかかるため、出願したすべてを手中にしているわけではないようです。

 

上田育弘さんは出願だけして“保留状態”にしておき、メリットがありそうな物だけ狙うという手法だとか…。

 

 

いや~なかなかイヤらしい商売ですねぇ…。

 

私はこの商売をやる度胸は無いです。

 

 

ピコ太郎さん、こうなったら、ベストライセンス株式会社に対抗するアンサーソングとして新曲を作りましょう!

 

こんな感じのノリの…

 

ピコ太郎 カナブンブーンデモエビインビンがPPAPより面白い?

 

 

 

今回の件に関して、ネット上の声を拾ってみました。

 

 

こんなセコいことして何になるんだろうか……

許可を出す側も出す側でしっかり確認した上で許可を出すべき

こんなのがまかり通っていいわけがない

 

 

とんでもない会社だ。
道義的にやって良いこととダメなことがあるだろう

 

 

明らかに自分に関係ないものを出願してだめだったら、懲罰的罰金を科すようにしないと、真の権利者を保護できないし、審査する側も手間やろ

 

 

法整備が先だな。

今のままだとやったもん勝ちになる

 

 

そこの社長の国籍が気になる

 

 

早い者勝ちかもしれないけど、審議をしっかりして許可を出すべき!

 

 

やると思っていた。

目をつけたらやる事早いからね

 

 

元号を狙っている人も多いかも…

 

 

PPAP自体にはもうそんなに需要なさそうだけど、こういうやり方がまかり通るのは嫌だ

 

 

失礼かもしれないけど、
すぐにはやらなくなると思うので、
商標取っても意味あるのかな?

 

 

 

ここまで注目されて批判が高まれば、出願は取り消しになりそう…?

 

 

 

タグ :  

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧