バート&リンダ ニューヨークストーカー事件の真相,結末!失明→結婚のクレイジーラブ!

読了までの目安時間:約 7分

 

 

バートとリンダが関わったニューヨークのストーカー事件の真相・結末について取り上げます。

 

 

60年前、おそらく「ストーカー」という言葉がまだ使われてなかったころ…

 

既婚者のバートという男性が、妻ではないリンダという女性に歪んだ愛情を抱き、“自分のもの”にするために失明させて結婚した―という恐ろしい話です。

 

後に『クレイジーラブ』というタイトルでドキュメンタリー映画化されたとか。

 

 

この事件は2月2日の『奇跡体験!アンビリバボー』で放送されるようですが、なぜストーカーと被害者が結婚するに至ったのか気になったので、自分でも調べてみました。

 

その真相が驚きでした…。

 

 

Sponsored Link
 

 

バート&リンダ ニューヨークストーカー事件のあらまし,真相,結末は?(1)

 

「失明させて結婚した」と聞くだけで、バートという男性はかなりクレイジーだと思いますよね。

 

でも、バートからの求婚を受け入れたリンダという女性も、かなりクレイジーなのでは?とも受け取れます。

 

どんな経緯があったんでしょう?

 

 

スレンダーマン 正体は少女事件の犯人?!ゲームや映画も怖すぎる!

 

 

舞台は1957年のニューヨーク。

 

バート・プガチは、法律事務所の仕事で成功し、映画プロデューサーやナイトクラブオーナーも務めるほど、やり手の実業家でした。

 

女性にもモテましたし、かなりのプレイボーイだったようです。

 

30歳だったバートは、リンダ・リスという、とても美しい女性に一目惚れします。

 

大きなブラウンの目、長いまつげ、絵画のような美しさだったといいます。

 

道で声をかけ、強引にリンダの連絡先を聞いたバートは、花を贈ったり、電話をしたりと猛アタック。

 

初めは戸惑いを見せていたリンダでしたが、デートの誘いを受けてみることに。

 

 

実際に会ってみると、バートはとても紳士的で、ジョークもうまい男性でした。

 

リンダは徐々にバートに惹かれていき、結婚も意識するようになりました。

 

…しかし、なんと、バートから「既婚者」であることが告げられたのです。

 

 

 

 

怒ったリンダは、バートとの交際をやめることにします。

 

バートは妻と離婚する予定だと説明しますが、ショックを受けたリンダは当然これを受け入れません。

 

実はリンダの父親も浮気で離婚しており、リンダの男性に対する猜疑心は強いものがあったからです。

 

 

そんな思いもよそに、バートのストーカー行為は、ここから始まります。

 

リンダの気を引くための行動が歪んだ愛情へと変わり、バートは他人を雇ってまでリンダに嫌がらせを仕掛けました。

 

バートが直接動かないのは、ストーカーに困ったリンダが、法律の専門家である自分の元へ相談に来ることを狙ったからです。

 

 

そして、ついに事件が起きました。

 

ある日、リンダに新しい交際相手ができたことを知ったバートは「他人の手に渡るのなら、誰の物にもさせないようにしよう!」と考え、再び人を雇ってリンダの顔に硫酸をかけさせたのです。

 

リンダは顔に大ヤケドを負って失明し、新しい男性とも破局…。

 

 

間もなく、この犯行はバートの仕業であることが発覚。

 

バートは逮捕され、14年の懲役刑を受けることになります。

 

…しかし、ストーカーのクレイジーな愛は、まだ続くのでした。

 

 

Sponsored Link
 

 

バート&リンダ ニューヨークストーカー事件のあらまし,真相,結末は?(2)

 

リンダに失明という重症を負わせながらも、バートの深い愛情は留まることがなく、獄中からもリンダ宛のラブレターを送り続けます。

 

この執念は思わぬ結末へ。

 

刑期を終えたバートは、その後、リンダと再会。

 

あらためてプロポーズを行い……驚くべくことに、2人は結婚を果たすのでした…。

 

 

 

…本当に、アンビリバボーな事件ですねぇ…。

 

それにしても、なぜリンダは、自分を苦しめたストーカーからのプロポーズを受け入れたんでしょうか?

 

バートの猛プッシュに負けて愛情が芽生えたのでしょうか?

 

 

いやいや、実はこの結婚には、リンダの強い“復讐心”があったといいます。

 

 

視力を奪い去った憎き男……そのバートと結婚することで、一生、身の回りの世話をさせることが一番の復讐だと考えたのです。

 

ですから、リンダがバートに愛情を持って結婚したわけではありません。

 

このリンダの行動は“40年に渡る復讐劇”と言われました。

 

 

バートはそんなリンダの復讐心を気にすることなく、現在も“喜んで”世話をしているそうです…。

 

 

当時、この衝撃の実話はアメリカ全土で話題になったとか。

 

まさに『クレイジーラブ』!

 

映画化されるのもわかりますね…。

 

 

※追記です※

 

…しかし、リンダとの結婚が叶ったにもかかわらず、バートはなんと不倫相手をつくった上に、またしてもストーカー行為を働き逮捕!

 

ストーカー行為が、バートのアイデンティティだったんでしょうか??

 

結局、リンダは2013年1月、リウマチ熱で入院し、75歳で他界したといいます。

 

 

 

親権争いアンソン事件 犯人は弁護士?!アンビリバボーな動機,真相,現在は…

 

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧