池袋1a出口の男が逮捕!ストーカーの正体,名前,年齢が判明!

読了までの目安時間:約 6分

 

 

ネットで話題になっていた「池袋1a出口の男」なるストーカー男が逮捕されたみたいですね!

 

その正体は…

 

荒木聡(そう)容疑者という24歳の男!

 

 

池袋1a出口の男とは―

 

1月27日放送の『とくダネ!』で紹介された、わいせつストーカー男のこと。

 

池袋駅の地下通路に出没し、20代女性の後ろを付けてきて下半身を露出してました。

 

 

女性が勇気を振り絞って撮影した動画がネット上に公開されると、またたく間に拡散され、マスコミ各社も報道。

 

動画をもとに警察も捜査を始め……ついに捕まったということです。

 

ひとまず良かったですね~。

 

 

でも、課題もありましたね。

 

 

Sponsored Link
 

 

池袋1a出口の男のストーカー行為や拡散の経過について

 

あらためて、池袋1a出口男のストーカー行為が、どんな事件だったか簡単に振り返りますね。

 

 

被害に遭った20代女性が異変に気づいたのは、2016年10~11月ごろ。

 

出勤途中のAM9:00~9:30くらいに、池袋駅1a出口の地下通路を歩いていると、後ろから男性が距離を詰めながら付けてきて……上述した行為に及んだということです。

 

じ~と女性の方を見ながら、手を動かしている感じ…。

 

気持ち悪いこと、この上ないですね…。

 

6回ほど同じ被害に遭ったらしいじゃないですか。

 

 

 

そこで女性は、恐怖の中で何とか男の動画を撮影することに成功。

 

それを警察に持って行って相談したところ「現行犯ではないから今は動けない」という対応(←よくある話…)だったので、SNSを使って助けを求めることに。

 

女性の書き込みを見た「コレコレさん」というユーチューバーがツイッターで動画を拡散し、犯人逮捕への強力を呼びかけたり、この女性と一緒に犯人を捕まえに行きました(このときは捕まえることはできませんでした)。

 

 

こちらの動画がその模様です。

 

 

 

 

 

さらに、視聴者から情報を寄せられた『とくダネ!』も池袋1a出口男を番組で取り上げ、スタッフが張り込んだりしました。

 

 

情報が拡散されて犯人が警戒した(?)ため、ここ数日は姿を見せてなかったようですが、警察も捜査に動いて犯人逮捕に至ったみたいですね。

 

 

まぁ、上の動画にはモザイクがかかってますが、実際には顔も映っていたはずですから、確保は時間の問題だったでしょうね。

 

 

Sponsored Link
 

 

池袋1a出口の男のストーカー行為…逮捕された男の正体について

 

今回逮捕された荒木聡容疑者は、1月30日の『とくダネ!』でも放送。

 

フェイスブックやツイッターを調べましたが、荒木聡容疑者のものは見当たりませんでした。

 

 

大分県から上京し、池袋駅1a出口近くの飲食店に勤務していたようです。

 

なんと、朝、ストーカーをやってから出勤してたらしい!

 

 

『とくダネ!』では、荒木聡容疑者の父親にもインタビューしてまして、父親曰く「仕事の拘束時間が長くて大変だみたいなことをグチっていた」…。

 

 

荒木聡容疑者は動機について「(ストーカーは)間違いない。ストレスがたまっていて、むしゃくしゃしていた」と語っています。

 

もっとほかに発散する方法が思いつかなかったんですかね~?

 

 

 

 

池袋1a出口ストーカー男の逮捕は、SNSの拡散が功奏した良い例といえますね。

 

ただ…

 

女性が動画を撮影したり、コレコレさんが情報を拡散したことにより、男に逆恨みされる危険性があることも指摘されています。

 

 

犯人がどんな性格の人間かはわかりませんが、すごく根に持つタイプだったなら、復讐心を抱いてもおかしくないですからね。

 

SNSによる拡散も、内容とタイミングを考える必要がありそうです。

 

 

 

まぁ、そもそも最初に相談を受けた警察の対応が、女性にとっては「不十分」だと感じたからSOSを発信したわけで…。

 

「現行犯ではないから」と言っても、動画にハッキリ映ってますからね。

 

すぐ捜査に動くことはできるでしょう。

 

 

事件の状況は異なりますが、時を同じくして起きた長崎市三景台町のストーカー事件では、28歳の女性が帰らぬ人になっています。

 

ストーカーの初期被害に対する警察の動き方ついては、今後も課題になりそうです。

 

 

バート&リンダ ニューヨークストーカー事件の真相,結末!失明→結婚のクレイジーラブ!

 

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧