甲府UFO事件 yくんが山梨のテレビで語った真相は?何度も目撃していた!

読了までの目安時間:約 7分

 

 

1975年の甲府UFO事件の目撃者Yくんが大人になってから山梨放送のテレビで語った真相などについてスポットを当てます!

 

 

2月22日放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』はUFOスペシャル。

 

そこで取り上げられる「甲府UFO事件」ってご存知ですか?

 

42年前、小学2年生だった少年2人(Yくん・Kくん)がUFOを目撃し、宇宙人と接触したという事件です。

 

 

私が生まれる前の事件ですが、当時は新聞記事に大きく掲載され、目撃場所や周辺地域は騒然となったという話です。

 

 

今回その2人が、長年の沈黙を破って当時の状況をあらためて語るそうですね。

 

新しい事実は出てこないとは思いますが、オカルト好きの私にとっては非常に楽しみです(笑)

 

 

実はYくん、以前に地元・山梨放送のテレビにも出演し、甲府UFO事件について語っていました。

 

この記事では、そちらの内容はどうだったのか書いていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link
 

 

yくんが遭遇した甲府UFO事件のあらましについて

 

まずは甲府UFO事件について、簡単に概要を振り返ってみます。

 

当時、UFOを目撃した少年とは、Yくんこと山畠克博さんと、Kくんこと河野雅人さんの2人。

 

1975年2月23日午後6時ごろ、甲府市上町「小瀬スポーツ公園」北側にあるブドウ畑で事件は起きました。

 

 

ローラースケートで遊んで帰宅する途中だった甲府市立・山城小学校のYくんとKくんが、上空でオレンジ色に輝いているUFOを発見。

 

怖くなった2人は逃げようとしますが、UFOが頭上をついて来るため、お寺の境内にある墓に隠れてやり過ごしました。

 

ところが、その先にあるブドウ畑で炎のように発光するUFOを再度目撃。

 

今度は好奇心からUFOを観察していると……Yくんが後ろから宇宙人に肩を2回たたかれたのです…。

 

 

スレンダーマン 正体は少女事件の犯人?!ゲームや映画も怖すぎる!

 

 

2人は家族を呼びに行くために急いで帰宅。

 

家族たちが駆けつけたときには宇宙人は姿を消していましたが、消えかかるUFOの光は目撃したそうです。

 

 

当時、2人はこんなUFOと宇宙人のイラストを描きました。

 

 

カット写真 甲府UFO事件

 

 

甲府UFO事件 yくんが山梨のテレビで語った真相は?何度も目撃していた!

 

甲府UFO事件から30年後の2005年、地元の山梨放送のテレビ番組『ゆうひのジャングル』に、Yくんこと山畠克博さんが出演しました。

 

『ゆうひのジャングル』としては、UFO&宇宙人の目撃に対しては「本当かな~?」といった懐疑的な立ち位置で取材をしていましたね。

 

 

山畠さんの年齢は38歳。

 

甲府市上阿原町にある「第一興商」というに会社に勤務していると紹介されました。

 

2017年現在の勤務先も同じかはわかりませんが…。

 

 

 

さすがに“顔出しはNG”ということでしたが、女性リポーターさんのインタビューに丁寧に応じる山畠さん。

 

当時の記憶をたどりながら……身長120~130センチの宇宙人の顔はシワシワで、3本の牙が口にあった特徴などをあらためて説明。

 

また、UFOの光がオレンジ色から白色に変わりながら消えていった現象も、臨場感たっぷりに話してくれました。

 

 

やはり、衝撃的なシーンというのは30年経っても鮮明に覚えているということでしょうか。

 

女性リポーターさんがズバリ聞きます。

 

「間違いなく、UFOだったという確信はありますか?」

 

 

「はい、確信はあります。信じているというよりも、実際に体験していることですからね」

 

 

実は山畠さん、小学生時代にUFOを数十回も目撃していたとか。

 

そもそも山梨県ではUFOの目撃情報が多いようですね。

 

それが大人になるにつれて見なくなったらしいです。

 

 

純粋すぎる子供だからこそ、UFOからの“電波”が受け取れるようなことがあるんでしょうかね??

 

 

Sponsored Link
 

 

甲府UFO事件について研究家の見解は?

 

その番組では、UFOに詳しい浅川嘉富さんというミステリー研究家も出演し、以下のような見解を述べました。

 

 

●子供が書いたイラストは、世界中で目撃されている宇宙人と同じデザインであり、機械のような声を聴いたというから本当の体験だろう

 

●ここまで大きな嘘をつく年代じゃないし、家族が現場に言って見ているから信憑性が高い

 

●UFOのイラストのボディに象形文字のようなものがあり、これも本物に思える

 

 

 

一方で、甲府UFO事件に疑問を抱く意見も多かったです。

 

 

例えば……

 

ブドウ畑には上部に鳥除けのネットが張られているし、支柱にも囲まれていることから、どうやってUFOが着陸したのか??

 

また、UFOがいた現場の支柱が数本倒れていたようですが、証言のUFOは幅5メートル・高さ2.5メートルと大きいため、ブドウの木が被害を受けていないのは辻褄が合わない。

 

……といった疑問の声がありました。

 

 

 

う~ん、不可解だからこそ「未確認飛行物体」とも言えそうですし、なかなか難しいですね……。

 

真相はどうなんでしょうか??

 

 

広島女児監禁事件 小玉智裕の出所はいつ?批判多数の判決を振り返ってみた!

 

 

 

タグ :

バラエティ・アニメ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧