秘密捜査官危険な二人 ネタバレ,キャスト,ロケ地は? 浅野&遠藤ダブル主演!

読了までの目安時間:約 12分

 

 

3月6日の月曜名作劇場『みなと署落とし物係 秘密捜査官危険な二人』のネタバレ、キャスト、ロケ地などについてまとめたいと思います!

 

 

浅野ゆう子さん演じる頭脳派刑事と、遠藤憲一さん演じる肉体派刑事……犬猿の仲の2人が協力し、事件を解決に導くという新サスペンス。

 

共演ドラマが多いことから、実際のお二人も、とても仲が良いらしいですね。

 

撮影現場も和気あいあいだったとか。

 

 

私、個人的には、女性警官の制服姿の浅野ゆう子さんを観ることができるのがポイント高いかと…(笑)

 

遠藤憲一さんも「色っぽい」と語ってましたし。

 

 

そんな遠藤憲一さんは刑事役なわけですが、大阪のロケでオバちゃんに「犯人?」と声を掛けられたというから面白いですねww

 

 

 

…と、冒頭から取り留めもなく書いてしまいましたが、2人の息ピッタリの演技が楽しみです。

 

あと、佐野史郎さん演じるエコノミストが500人の目がある講演中に命を奪われるみたいなので、その辺のサスペンス要素にも非常に期待しておりますよ。

 

 

Sponsored Link
 

 

秘密捜査官危険な二人 キャスト、ロケ地について

 

◯サブタイトル

 

 

~京都・神戸・奈良 ◯人トライアングル~

 

 

 

◯キャスト

 

 

里崎直美(浅野ゆう子さん)

 

……みなと署の落とし物係に在籍しているが、元は署内一のプロファイラーと呼ばれた頭脳派刑事。秘密捜査官としての特命を受け、事件の捜査に当たる。“相棒”となる星野の亡くなった妻の姉

 

 

 

星野翔(遠藤憲一さん)

 

……みなと署のたたき上げ刑事で行動派。里崎とは“水と油”の関係だが、次第に理解し合うように

 

 

 

星野進(鈴木福くん)

 

……星野翔の10歳になる息子。母はすでに他界。

 

 

 

古室佑樹(桐山漣さん)

 

……行方不明になった捜査一課の刑事

 

 

 

大村エリ(森尾由美さん)

 

……京極の講演会の司会者

 

 

 

津野田新(石橋保さん)

 

……京極が講演した会館の担当者

 

 

 

名高博敏(曽我廼家文童さん)

 

……京極の講演会場にいた薬剤師

 

 

 

多田雄一(内場勝則さん)

 

……京極の講演の撮影カメラマン

 

 

 

太田原慎之介(小野寺昭さん)

 

 

 

京極龍園(佐野史郎さん)

 

……今回の事件で命を奪われたエコノミスト

 

 

 

西郷典幸(高橋英樹さん)

 

……警視庁・警務部長で里崎の元上司

 

 

 

◯ロケ地

 

兵庫県赤穂市

市民俗資料館、市文化会館、花岳寺通商店街など

 

神戸市

相楽園、相楽園会館、ポートアイランド北公園、東遊園地

 

奈良市

百毫寺など

 

 

Sponsored Link
 

 

秘密捜査官危険な二人 あらすじ、ネタバレ、結末について

 

以下、『みなと署落とし物係 秘密捜査官危険な二人』のあらすじを要約します。

 

 

エコノミストの京極龍園(佐野史郎さん)が、500人が見守る講演中に倒れて亡くなります。

 

京極は、詐欺まがいの商法で巨万の富を得て一時姿を消していた人物。

 

講演は「復活」と銘打ったイベントでしたが、このタイミングを利用して、何者かによって命を奪われたのです。

 

 

翌日、みなと署の星野翔(遠藤憲一さん)ら刑事課の職員全員に極秘任務が与えられます。

 

京極の講演会場にいながら行方不明となった捜査一課の刑事・古室(桐山漣さん)を捜せ―という任務でした。

 

しかし、本部がその理由を明かさないことに星野は違和感を覚えたのでした。

 

 

 

星野と同じ、みなと署の落とし物係には、元捜査一課の頭脳派刑事・里崎直美(浅野ゆう子さん)がいました。

 

もともと署内一のプロファイラーとして期待されていましたが、組織に背いて警察内部の犯罪に迫ろうとしたため課長と衝突し、1年前から落とし物係に…。

 

 

里崎は、星野の亡くなった妻の姉、つまり義理の姉弟の関係。

 

10歳の息子・(鈴木福くん)と2人暮らしという男所帯を気遣いながら、進の面倒を見に来ていました。

 

しかし、星野にとっては、ありがた迷惑。

 

“頭脳派”の里崎と“行動派”の星野とでは、性格も考えも水と油のごとく合わなかったからです。

 

 

 

その里崎は、元上司で警視庁の警務部長・西郷(高橋英樹さん)に呼び出されます。

 

実は、失踪した古室刑事は里崎の元部下。

 

警視庁刑事部が秘かに古室を捜していることを知った西郷は、京極事件の裏に“巨大な闇”があること悟り、里崎に秘密捜査をするよう命じます。

 

「里崎」としてではなく、偽名の捜査員「塚本亜希子」として…。

 

 

こうして、里崎は星野と同じ事件を追うことになったのです。

 

 

一人で捜査を開始した里崎は、京極が講演した会場の担当者・津野田(石橋保さん)のもとを訪ねますが、その姿を星野が目撃。

 

古室が長峰(隈本晃俊さん)という男の事件現場の防犯カメラに映っていたという情報を得た里崎はその現場も訪れますが、暴走してきた車に轢かれそうになります。

 

間一髪、星野が助けますが、それ以降、2人は対立しつつも協力して捜査に当たることになります。

 

 

 

現場主義の星野は、京極が亡くなった時に傍にいた司会・大村エリ(森尾由美さん)、薬剤師・名高(曽我廼家文童さん)、撮影担当のカメラマン・多田(内場勝則さん)と会い、当時の状況を聞いていきます。

 

一方の里崎は、京極の検案書を見ながら、内ポケットから泥のついた旧一万円紙幣が出てきたことや、体内から“ある成分”が検出されたことに注目します。

 

 

 

古室の部屋を捜査した星野は、彼の出身地・奈良の加里屋町にまつわるものを発見し、真相を探るべく古室の故郷へ向かいます。

 

そこには、古室、京極、さらには長峰との接点があったのです。

 

また、20年前、小さな商店街が京極に騙されて消滅したという事件も発覚し―。

 

 

 

※これ以降のネタバレ、結末、犯人については、放送後に追記します。

 

 

※追記です※秘密捜査官危険な二人 ネタバレ、結末、犯人について

 

連続ドラマのような演出、そして先が気になる展開……なかなかの名作でしたね。

 

以下、ネタバレ、結末、犯人についてまとめます。

 

 

20年前、奈良・加里屋町で京極龍園(佐野史郎さん)に騙されて消滅した小さな商店街は、今や大型ショッピングセンターに変わっていました。

 

里崎(浅野ゆう子さん)のプロファイリング&星野(遠藤憲一さん)の“現場百遍”の聞き込みにより、

 

京極の「復活講演会」の現場にいた津野田保(石橋保さん)、大村エリ(森尾由美さん)、名高博敏(曽我廼家文童さん)、多田雄一(内場勝則さん)の4人が、すべて商店街の関係者だったことが判明します。

 

そして……当時、父親が商店街のリーダーを務めていた古室佑樹(桐山漣さん)の姿も。

 

 

当時、京極と長峰達也(隈本晃俊さん)は「商店街の活性化のため」と称し、投資ファンドの話を商店街の地主らに持ちかけ、出資を募っていました。

 

これが実は詐欺まがいの話で、商店街の人たちは金を巻き上げられ、町を出ることに…。

 

エリの父親は商売が立ち行かなくなり、自ら命を絶っていました。

 

 

京極の事件を起こした犯人は、エリ、津野田、名高、多田の4人!

 

4人は20年前の復讐をするため、ずっと京極のことを調べていました。

 

 

古室も父親の無念を晴らすため、京極を捕まえるため、警察官になったのです。

 

 

 

エリは前もって京極に近づき、滋養強壮に効くからと言って「イルメルパン」という薬品を1カ月間、服用させていました。

 

イルメルパンを摂取し続けたあとで柑橘系のジュースを飲ませると、血圧が急激に下がることを知っていて……。

 

 

講演をする直前に京極にグレープフルーツジュースを差し出す津野田。

 

講演中に具合が悪くなって倒れた京極を、エリ、津野田、名高、多田が介抱するフリをしながら取り囲み、視界を遮ってあやめたのでした。

 

復讐の証として、20年前に京極が商店街でバラまいた旧式の1万円札をポケットに入れて…。

 

 

古室は、4人の復讐を疑って現場に様子を見に来ていたのでした。

 

長峰をあやめた犯人も、4人。

 

 

 

そして、さらに、京極の裏には黒幕の存在も。

 

20年前、京極と一緒に投資ファンドの話をふっかけていた人物……それが民自党の代議士・太田原慎之介(小野寺昭さん)でした。

 

当時、同じ商店街で大家業をしていた太田原でしたが、政界進出の資金を得るために京極とグルになり、地元の人たちを騙していたのです。

 

 

 

太田原は警察学校の出身でもあり、実は、里崎に特命捜査を依頼した西郷典幸・警務部長(高橋英樹さん)とかつて一緒に学んだ同期でした。

 

今回の事件の詳細を知った(いや、実は怪しんでいた?)西郷は、太田原の支持者後援会に出席。

 

そして、復讐を誓う4人も“最後の仕事”のため、その後援会の会場へ。

 

 

太田原を仕留めたあとは自首しようと考えていた4人でしたが、真相に至った星野や古室たちの手によって復讐は止められることになります。

 

 

 

会場で取り押さえられる津野田を見た太田原は「何だね、あれは」と余裕の笑顔。

 

すると、西郷は太田原を思いっきり殴り倒します。

 

「本当に商店街の人の顔を覚えてないのか。正義は貫かなければならないぞ、警察官として!本当に残念だ」

 

西郷の鉄拳が決まったのでした。

 

 

 

 

先日放送された、こちらのドラマの記事もよろしかったお読みください。

 

100の資格を持つ女12 キャスト,資格一覧,あらすじ,ロケ地まとめ!

 

 

 

 

タグ :

ドラマ

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧