尾崎繁美詐欺疑惑のXは誰?仲介の手数料領収証は本物か調査!

読了までの目安時間:約 7分

 

 

尾崎繁美さんの投資詐欺疑惑や、首謀者Xとは誰?についてスポットを当てます!

 

 

故・尾崎豊さんの妻・尾崎繁美さん(49)が「ガーナゴールド詐欺」なる偽の投資話の“仲介役”をしていた疑惑がフライデーされましたね。

 

尾崎繁美さんが仲介の報酬を受け取った証拠といわれる領収証や、首謀者といわれる40代の実業家「X」との画像も公開されたとか…。

 

 

取材を受けた尾崎繁美さんは「紹介したことはあるが報酬は受け取っていない」と話しているそうですが、果たして真実は…。

 

「ガーナゴールド詐欺」の首謀者Xとは誰なのか調べてみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

尾崎繁美に詐欺仲介疑惑!手数料の領収証は本物なの?

 

現在は、芸能事務所「アイソトープ」の取締役として、尾崎豊さんの著作管理やグッズ販売をしているという妻・尾崎繁美さん。

 

もし、この投資詐欺・仲介疑惑が本当だったなら、大変なことですね…。

 

 

疑惑について報じられた内容を振り返りますと…

 

  • 尾崎繁美さんから「ガーナの金採掘事業に投資しませんか」と誘われて出資した人が、途中から分配金が支払われなくなったことを明かした。

 

  • 出資者を紹介するたびに尾崎繁美さんには「紹介手数料」が支払われていた

 

  • 尾崎繁美さん自身も、ガーナゴールド事業に9,600万円を投資している

 

  • ガーナゴールド事業は、首謀者X(40代実業家)という人物と、そのビジネスパートナーだったYという人物が関わっている

 

 

 

ざっと、上記のような内容です。

 

そしてフライデーの取材に答えたのは、XのビジネスパートナーというYでした。

 

Yは60代の女性であり、上述した仲介報酬「紹介手数料」を尾崎繁美さんに支払い、代わりに受け取った領収証を公開しました。

 

 

その画像がこちらです。

 

 

 

 

 

2015年1月27日に175,000円、同年4月1日に475,000円…。

 

確かに「尾崎繁美」のサインがありますね……ですけど、収入印紙も貼ってないし印鑑もなかったことに、少し違和感を覚えましたね。

 

本物っぽいけど、本物じゃないような?

 

 

もちろん、印紙も印鑑も無くていいんですけど、営利目的の収入でしょうし、こういった領収証なら誰でも・いつでも・いくらでも作れちゃうかな~と思ったわけです。

 

 

ま、別の見方をすれば「アイソトープ」の会社名で領収証を発行してませんから、事業としてではなく、個人で臨時収入的にポケットへ…という感覚だったかもしれません。

 

 

ちなみにYは「諸事情があり、現在、投資してくれた方々と連絡は取っていません。ガーナでの事業の再開はいまのところ未定のままですが、ご迷惑をおかけした皆さんには本当に申し訳なく思っています」と語っているそうで、出資者への分配金がストップしていることを認めています。

 

 

…ってことは、詐欺だと言われてもしょうがないですね。

 

「連絡を取っていない」って無責任極まりないです。

 

まさかこのまま逃げるなんてことはないですよねぇ?

 

 

領収証の画像にあった「FAIRNESS」という会社名を調べてみますと―

 

 

Sponsored Link
 

 

尾崎繁美に詐欺仲介疑惑!首謀者XとパートナーYって誰?

 

ガーナゴールド詐欺に騙された資産家たちが「被害者の会」設立に向けて準備し、告訴も考えているとか。

 

 

「ガーナゴールド」「FAIRNESS」「詐欺」といったキーワードで調査してみると、ネット上では色々な情報が出てきますね。

 

 

 

「FAIRNESS詐欺」なるタイトルの下記のような情報も…。

 

 

現在、FAIRNESS社の代表は、AI FRONTIER株式会社の専務である藤村伊都江氏が務め、所在地も京都に移転している模様。

 

 

FAIRNESSはAI FRONTIER株式会社のグループ会社のようである。

 

 

AI FRONTIER株式会社とは、岡村厚志という詐欺師により設立された詐欺会社である。

 

 

All Of Me有限公司の居場所を失った古賀一輝は、現在FAIRNESSというFX会社でFX詐欺をしている模様。

 

 

 

書き込みによりますと、FAIRNESSとAI FRONTIERという会社は詐欺会社として以前から有名みたいですね。

 

ガーナゴールドだけでなく、FXやカジノや先物取引や…色々な詐欺ビジネスを展開していたらしい…。

 

 

これらの情報が真実であれば、Yは藤村伊都江氏という人物で、Xは岡村厚志氏(または古賀一輝氏)という人物を指すことになりますよね。

 

 

 

ここでは書けませんが、藤村伊都江氏と岡村厚志氏の生年月日や住所などの個人情報もありました。

 

生年月日から判断しますと、藤村伊都江氏は60代、岡村厚志氏は40代で、確かに報じられた情報と一致しました…。

 

 

 

今後、ガーナゴールド詐欺の詳細や関係者の名前が明らかになるのか、引続き注目していきたいと思います。

 

 

 

話を元に戻しますが、尾崎繁美さんの詐欺疑惑はどうなんでしょうね。

 

こういう投資話って“ねずみ講”みたいなところがありますから、「良い投資があるよ」と声をかけて興味がある人を見つけたら、あとは担当者にバトンタッチしちゃうという仕組みだと思うんですよ。

 

そして“成約”まで至ったら、後から紹介報酬が支払われるとか。

 

 

…とすれば、投資に興味を持った人を紹介しただけなので、尾崎繁美さんにとっては「仲介した」という感覚はやや少ないのかもしれません。

 

自らも大金を突っ込んでいる出資者ですし。

 

 

 

…とはいえ、分配金支払いがストップしている投資グループとの関わりは認めているわけですから、その辺のことは尾崎繁美さんから説明があってもいいと思いますよね。

 

 

 

タグ :

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧