アンフェアthe movieラスト,三上が斉木を狙撃?!あらすじネタバレまとめ!

読了までの目安時間:約 11分

 

 

アンフェアthe movieのラスト、斉木狙撃シーンまでのあらすじ、ネタバレをまとめます!

 

 

テレビドラマから2007年に『the movie』として映画化され、その後に『the answer』(2011年)『the end』(2015年)と続いた『アンフェア』。

 

警察上層部~政界~官僚をつなぐ資金流動システムの機密データをめぐる争いを描いています。

 

 

目には目を

復讐には復讐を

アンフェアにはアンフェアを

 

…と作中で言われるように、次々に登場人物が裏切られ・騙されてストーリーが進行します。

 

 

では、多くの登場人物が巻き込まれた1作目『アンフェアthe movie』のラスト、斉木の狙撃シーンまでのあらすじ、ネタバレをどうぞ。

 

 

Sponsored Link
 

 

アンフェアthe movieのキャストについて

 

登場人物が騙し・騙される『アンフェアthe movie』。

 

以下、キャストを確認しましょう。

 

 

雪平夏見(篠原涼子さん)

…警視庁公安部・公安総務課主任(警部補)。

警視庁でナンバーワンの検挙率を誇る。

バツイチ子持ちで大酒飲み

 

 

斉木陣(江口洋介さん)

…警視庁公安部・公安総務課管理官(警視)で、雪平の上司。

婚約者が自分の身代わりに爆破事故に巻き込まれた過去を持つ。

モットーは「終わり良ければすべて良し」

 

 

後藤国明(椎名桔平さん)

…病院占拠を企てたテロリストグループのリーダー。

かつてSATの名指揮官だったが、警察上層部を内部告発しようとして刑務所送りにされたことから、強い恨みを持っている

 

 

戸田(成宮寛貴さん)

…テロリストグループのメンバーで、病院占拠の実行犯。

リーダーの後藤を心から尊敬している

 

 

小久保祐二(阿部サダヲさん)

…警視庁刑事部・捜査一課管理官(警視)。

雪平の前の上司であり、彼女を徹底的に嫌っている

 

 

蓮見杏奈(濱田マリさん)

…元警視庁刑事部・捜査一課情報解析係。

親友だった雪平を裏切り、病院占拠にも関わる。

PC操作に詳しい

 

 

三上薫(加藤雅也さん)

…警視庁刑事部・鑑識課検視官(警視)。

雪平の相棒で、射撃の腕と洞察力は高いものがある

 

 

山路哲夫(寺島進さん)

…警視庁刑事部・捜査一課特殊班管理官(警視)。

蓮見の愛人

 

 

佐藤美央(向井地美音さん)

…雪平の小学生の娘。

爆破事件に巻き込まれ、豊洲警察病院に入院することに

 

関連記事:アンフェアthe movie子役,向井地美音の現在は?演技ヘタ!という視聴者の感想も…

 

 

浩子(加藤ローサさん)

…豊洲警察病院の看護師で、美央を担当

 

 

入江(大杉漣さん)

…警察庁次長(警視監)。

警察庁長官のポストを狙っている“事なかれ”主義者

 

 

警視総監(寺田農さん)

…警察庁長官が豊洲警察病院にいたため、病院立てこもり事件に関わる

 

 

篠崎(浜田晃さん)

…警察庁長官。

豊洲警察病院に検査入院していたところをテロリストグループに狙われた

 

 

氷川(工藤俊作さん)

…第一SAT隊中隊長

 

 

葉子(遠山景織子さん)

…爆破事故に巻き込まれた斉木の元婚約者。一命をとりとめたが全身火傷を負い、その後に飛び降りで自ら命を絶った

 

 

葉子の母(朝加真由美さん)

 

 

真紀子(原田佳奈さん)

…雪平が美央のために雇ったベビーシッター

 

 

 

 

アンフェアthe movieあらすじネタバレ犯人について

 

アンフェアthe movieのあらすじ、ネタバレを以下にまとめます。

 

 

~~~~~

 

警察上層部の不正が記されているという“極秘文書”を追っている雪平夏見(篠原涼子さん)。

 

同じく刑事だった父親も、警察内部の不正を知ったために消されてしまった経過があります。

 

 

ある日、雪平の娘・美央(向井地美音さん)と、ベビーシッター・真紀子(原田佳奈さん)が車に乗ろうとした瞬間、爆発が起こります。

 

真紀子は亡くなり、美央はケガを負い、豊洲警察病院に搬送されることに。

 

同時に不審な男たちも病院に入るやいなや、銃を発砲して病院に立てこもります。

 

 

この男たちはテログループで、警察庁が機密費を不正流用して得た裏金80億円を支払うよう要求。

 

豊洲警察病院を狙った目的は、検査入院していた警察庁長官・篠崎(浜田晃さん)を人質にとるためでした。

 

 

警察庁の入江次長(大杉漣さん)は、SAT(テロ対策特殊部隊)を手配。

 

篠崎の救出にSAT第一部隊を突入させますが、あっけなく全滅…。

 

 

 

雪平は愛する美央の命を救うため、三上薫(加藤雅也さん)の協力も得ながら、警察病院に潜入。

 

SAT第二部隊も到着し、突入しますが、こちらも全滅……

 

しかし、雪平はテログループの正体が、なんと全滅したはずのSAT第一部隊だった事実を知ります。

 

「警察に内通者がいる…!」

 

 

 

テログループのリーダーは、かつて警察内部の「領収証改ざん問題」を暴こうとして逆に刑務所送りになった過去を持つ後藤国明(椎名桔平さん)。

 

後藤は、警察への復讐を企てたのです。

 

しかし、不正の黒幕である入江が80億円の支払いを拒否すると、後藤はあっさり人質の篠崎を射殺…。

 

今度は、警察病院内にある細菌兵器研究室に保管されている「黒色潰疽(かいそ)菌」を、東京都内の全域に撒き散らすと脅迫しました。

 

 

研究室から細菌を持ち運ぶ際、戸田(成宮寛貴さん)はアンプルを落としてしまい、さらに防護服に穴が空いていたため細菌に感染。

 

病院にいた美央も、研究室に入り込んでしまい、同じく感染してしまいます。

 

 

 

一方、雪平の上司・斉木陣(江口洋介さん)も病院に潜入。

 

合流した雪平と斉木は、後藤たちが仕掛けた細菌拡散の時限装置を解除し、バイオテロを阻止。

 

回収した細菌を後藤に渡す代わりに、交換条件として抗血清を入手します。

 

 

そんな最中…テログループの一員だったはずの蓮見杏奈(濱田マリさん)は、後藤が席を外している隙に警察内部の極秘データをUSBに保存。

 

蓮見はテログループを裏切ったのでした…。

 

 

 

細菌に犯されていた美央は、雪平が入手した抗血清で回復。

 

テログループ内の摩擦に乗じて突入した警察部隊により後藤は射殺され、事件は解決したかに見えましたが…

 

しかし雪平は、今回の事件を仕組んだのは斉木だということを知ってしまいます。

 

斉木は、後藤と手を組んだフリをして操り、蓮見からUSBを受け取る目的を果たすと彼女を射殺。

 

斉木もかつて、警察の不正を暴こうとして婚約者を亡くしている過去があることから、復讐心を抱いていたのです…。

 

 

 

病院立てこもり事件が終わった後、決着をつけるためにヘリポートで対峙する雪平と斉木。

 

雪平

「終わり良ければすべて良し、ですか?」

 

斉木

「もともと、亡くなったあなたの父親が始めたこと。警察のアンフェアを止めるために行った、最後のアンフェアです」

 

 

…そんなやり取りがあったところで、なんと斉木が何者かに狙撃されます。

 

斉木は消え行く意識の中で、USBを雪平の手に握らせます。

 

 

斉木のやり方を許せなかった雪平でしたが、闇にうごめく“権力の悪”を暴くべく、さらなる闘志を燃やしたのでした。

 

 

Sponsored Link
 

 

アンフェアthe movieラスト、三上が斉木を狙撃した?!

 

『アンフェアthe movie』のラストで斉木が何者かに狙撃されましたが、その犯人が誰なのかはハッキリと映されていません。

 

しかし、これは第2作『アンフェアthe answer』のネタバレになってしまいますが…

 

第2作の最後に黒幕のメンバーとして三上の姿がありますので、狙撃犯は三上で間違いないですね。

 

キャストのところでご紹介した通り、三上は「射撃」が得意ですから。

 

これも、どんでん返しですね。

 

 

“裏切りの連続”という展開から、私は個人的に、PSのゲーム『龍が如く』を思い出しました(笑)

 

あのゲームも「真犯人は実は…」「黒幕はなんと…」みたいな展開が多すぎて、途中でよくわからなくなりました…。

 

まぁ、『アンフェアthe movie』は、そこまで複雑ではありませんでしたけどね。

 

 

あと、雪平が堅牢な警察病院に侵入し、傷を負いながらも娘を助け出そうとするところは『ダイハード』を想起…。

 

また、細菌兵器を丁寧に扱うシーンからは『アウトブレイク』の要素を感じたり…。

 

 

そういえば、『アンフェアthe movie』には成宮寛貴さんも登場しました!

 

バイオテロ準備のシーンで“やらかして”しまい、残念なカタチで姿を消す役柄でしたが…プライベートで“色々あった”実際の成宮寛貴さんは、現在どうしてるんでしょうね…?

 

 

関連記事:成宮寛貴 検査結果は陰性?チャーリー(隠語)持ってきての肉声は本当?

 

 

 

…などなど、私的には『アンフェアthe movie』は楽しめた作品でした。

 

ラスト、大きな黒幕の存在を印象づけて終わるところも非常に引き込まれました。

 

欲を言えば…雪平の活躍自体が少なかった気がするので、もっと暴れてほしかったな~という感じです。

 

 

 

関連記事:相棒15最終回あらすじネタバレ,相関図まとめ!右京が冠城に激怒した理由は?

 

 

 

 

タグ :  

映画

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧