教師暴行 謝罪文の内容は?ピントがズレてると博多高校に批判殺到!?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

福岡・博多高校の生徒が教師に暴行し逮捕された事件…学校サイドがホームページに謝罪文を出しましたね。

 

…しかし、この謝罪文の内容が“ズレてる”として、さらなる炎上を生み出したとか…。

 

 

ちょうど10月3日放送の『バイキング』では、坂上忍さんが「今日は生徒の暴行動画を流す予定でしたが、昨夜、博多高校から動画の放送は止めてほしいと番組にファクスが届きました」と説明し、その文面を公開。

 

そこには…暴行した生徒も、ほかの在校生も、被害教師も、みんな事件にショックを受けており、何度も動画を観るのは精神的ダメージが大きいから動画の放送はやめてください―みたいなことが書いてありました。

 

 

私的には正直…この文面には違和感を覚えましたね。

 

動画では、暴行中にも関わらず生徒たちからは笑い声やヤジが上がってましたし、精神的な弱さがあるように感じませんでしたが…。

 

あと、逮捕者が出た事件ですからね、放送するかしないかは番組の判断でいいんじゃないかと。

 

 

…という、そんなタイミングで博多高校の謝罪文がズレていると話題になっているようなので、どんな謝罪文なのか内容を調べてみました。

 

 

Sponsored Link
 

 

教師暴行事件が起きた博多高校の謝罪文の内容は?

 

博多高校1年生の男子(16)が新任教師(23)に暴行した事件。

 

SNSで拡散されたことで騒動が大きくなり、逮捕された男子生徒の名前・住所・親のことまでネット上で情報が出回るほど炎上しました。

 

関連記事:博多高校 暴力生徒の名前が特定!停学歴も…もう退学は免れない?!

 

 

これを受けて博多高校が出した謝罪文の内容はこちらです。

 

 

 

 

謝罪文の内容を引用しますね。

 

 

お詫び

 

「生徒による問題行動と今後の対応について」

 

 9月28日の授業中、本校1年生の生徒が、新任教師に対し暴行するという事案が発生しました。

 この様子は撮影され、SNSに投稿されることでネット上に広がることとなりました。

 

 今回の件で、在校生並びに保護者の皆様、卒業生の皆様、本校関係者の皆様、そしてネットでの情報等により不快な思いをされたすべての皆様に深くお詫び申し上げます。

 

 本校では、これまでも道徳教育を推進し、暴力は絶対にあってはならないものであることを教育してまいりました。また、SNSの利用につきましても、その危険性を指導してまいりました。にもかかわらず、今回の件を防ぐことが

出来なかったことは残念でなりません。私どもの指導が至りませず、誠に申し訳ありませんでした。

 

 本件を真摯に受け止め、今後は、改めてITモラルを持たせる教育、生徒の心が健全に育つよう教育の充実を図り、また教員の連携やフォローアップ等、教員を育てる体制等、学校組織をしっかり作ってまいります。

 

 在校生並びに保護者の皆様、卒業生の皆様、本校関係者の皆様には、ご迷惑とご心配をお掛け致しますが、今後ともご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 

Sponsored Link
 

 

教師暴行の謝罪文(博多高校)の内容は本当にピントがズレてる?

 

謝罪文は、博多高校の綾部和博・校長の名前で出されてますね。

 

これに対し、一部ネット上では…

 

「暴力行為よりも、それを明らかにしたSNS投稿の方ばかり問題視しているような内容」

 

「Twitterで拡散されなければ揉み消したってこと?」

 

「Twitterに上げた生徒が一番悪いみたいな印象だ」

 

…といったコメントが出てきたため、炎上しているようです。

 

 

 

しかし、どうでしょうね?

 

私はそこまで、この謝罪文に関してはピントがズレてるという感覚は持たなかったです。

 

暴力はダメだという教育をしていることも明記してますし、「ITモラルの教育」という点については、暴力動画を拡散して大勢の人たちに不快・心配な気分にさせたことを謝罪しているのかな?と受け取りました。

 

しかも事件発生後には、加害者の生徒がさらにツイッター上で攻撃的な発言を繰り返したようですから、この部分も含めての謝罪なのかもしれないな、と。

 

 

まぁ、博多高校の教育がうまく機能しているかは別ですけどね…^^;

 

でも、ピントがズレてるとまでは思わなかったです。

 

 

この謝罪文は、ホームページを利用した不特定多数の人たちに向けての発信ですからね。

 

どうしても、こういった内容になってしまうのかなと、個人的には感じました。

 

マスコミの記事の取り上げ方次第なのかな?とも…。

 

 

 

 

タグ :  

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧