ラスベガス銃撃事件,日本人被害者はいたの?現場ホテル近くで邦人が公演も…

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ラスベガス銃撃事件で日本人の被害者はいるの?と気になっていましたが…

 

事件から1日経過しましたが…今のところ犠牲になったという事実は無いようですね。

 

この時点で報道がありませんから。

 

 

10月3日朝、菅義偉官房長官も記者会見で「日本人が巻き込まれたという情報はない」と話してました。

 

また、旅行代理店もツアー客の安否確認をしたところ、日本人被害者はいないようです。

 

 

確かにラスベガスは日本人に人気のある観光地ではありますが、銃撃事件があったカジノホテル『マンダレイ・ベイ』は、そもそも日本人の利用が少ないみたいですね。

 

 

Sponsored Link
 

 

ただし…

 

このホテルのすぐ3軒隣で、ソロチェリストで作曲家のMarikoさんというアーティストがコンサートをしていたと聞いて驚きました。

 

コンサートが終わる間際に銃撃事件を知ったそうですが、アメリカで銃撃事件はよく起こるので、それほど大ごとだと思ってなかったとか…。

 

集団で避難するよう促されて、初めて大事件だと知ったようです。

 

アメリカの銃社会に慣れるのも良くないですね…。

 

ご無事で何よりです。

 

Marikoさんのコンサート会場では、もちろん銃撃事件に巻き込まれた人はいませんでした。

 

 

 

そういえば、ラスベガス銃撃事件を起こした犯人スティーブン・パドック容疑者の同居女性はその後どこに行ったんでしょうかね?

 

というのも、日本に滞在しているという噂があったのものですから…。

 

 

関連記事:ラスベガス銃撃,犯人の名前&動機は?同居女性がスナイパーの噂も…

 

 

菅義偉官房長官は、この同居女性のことについて「(日本に滞在しているかどうかは)政府としては承知していない」とコメントしたそうです。

 

 

 

 

タグ : 

話題の事件・事故

Sponsored Link
 

この記事に関連する記事一覧